You are here

Takemasa Tohru

Researcher's full information

Conference, etc.
  • テトラヒメナカルシウム結合タンパク質をコードする遺伝子の大腸菌での発現
    羽生賀津子; 武政 徹; 沼田治; 高橋三保子; 渡辺良雄
    ____/1993
  • 張力刺激に対する上皮細胞のアクチンフィラメント動態
    杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 左合治彦; 吉田和美; 山下和雄「
    ____/1994
  • 伸展刺激反応からみた血管内皮細胞の異質性
    吉田和美; 杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄「
    ____/1994
  • テトラヒメナカルシウム結合タンパク質の大腸菌での発現とテトラヒメナ細胞内の局在
    羽生賀津子; 武政 徹; 沼田治; 高橋三保子; 渡辺良雄「
    ____/1994
  • ニワトリ速筋型トロポニンT遺伝子のクローニング
    渡辺 剛; 米村 出; 武政 徹; 平林民雄
    ____/1994
  • 血管内皮細胞における辺縁ストレスファイバーの形成要因
    杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄「
    ____/1995
  • 伸展刺激に対する血管内皮細胞のストレスファイバー形成反応
    武政 徹; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1995
  • 律動的伸縮刺激に対する内皮細胞ストレスファイバーの初期再配置反応
    武政 徹; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1996
  • 高浸透圧刺激に対する各部血管内皮細胞の応答
    杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1996
  • 虚血再潅流によるラット血管内皮の形態的、機能的変化について
    亀谷 肇; 杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1996
  • 律動的伸縮刺激に対する内皮細胞ストレスファイバーの再配置反応
    武政 徹; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1997
  • 律動的伸縮に対する細胞内ストレスファイバーの再配置機構に関する仮説
    武政 徹; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1997
  • 各部血管の内皮細胞における張力刺激によるストレス蛋白質発現
    杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1997
  • 律動的伸縮場における細胞内ストレスファイバーの配向性に関する仮説
    武政 徹; 杉本啓治; 山下和雄「
    ____/1998
  • 機械刺激に対する血管内皮細胞のアクチン細胞骨格動態
    杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1998
  • 律動的伸縮刺激に対する細胞内ストレスファイバーの斜めの方向の再配置はエネルギー最小の法則に則っている
    武政 徹; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1998
  • 律動的伸縮刺激に対してストレスファイバーは斜めに配向する
    武政 徹; 山口隆美; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1998
  • 律動的伸縮刺激に対する血管内皮細胞の反応‐細胞生物学・生物工学から見た血管の細胞の配向性
    武政 徹; 山口隆美; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1999
  • 律動的伸縮刺激に対する細胞骨格の応答 ‐斜めの配向性は生物工学的に理にかなっている‐
    武政 徹; 山口隆美; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1999
  • 張力刺激に対する内皮細胞のアクチンフィラメント動態
    杉本啓治; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1999
  • 細胞は引っ張り刺激に如何に耐えるのか?
    武政 徹; 山口隆美; 杉本啓治; 山下和雄
    ____/1999
  • ラット胎児の臍血管内皮細胞の形態変化に影響を及ぼす機械刺激の解析
    石川博臣; 杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄「
    ____/1999
  • 固定資料における細胞内NOの検出
    杉本啓治; 藤井幸子; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1999
  • Oblique alignment of stress fibers in cells reduces the mechanical stress in cyclically stretching fields
    Tohru Takemasa; Keiji Sugimoto; Kazuo Yamashita
    ____/1999
  • 単軸繰返し負荷下での培養血管内皮細胞ストレスファイバーの配向に関する理論的予測
    山田 宏; 武政 徹; 山口 隆美
    ____/2000