You are here

Ando Shintaro

Affiliation
Faculty of Health and Sport Sciences
Official title
Assistant Professor
Research fields
Sports science
Research keywords
Table tennis
Coaching
Research projects
Analysis of Table tennis -- (current)/
Academic societies
1990 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF BIOMECHANICS
1986 -- (current)Japan Society of Exercise and Sports Physiology
1986 -- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES
1986 -- 2001THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE
Articles
Conference, etc.
  • Application of IMU-based motion measurement methods to coaching: Targeting service of table tennis
    Nonaka Yuki; Kiyoshi Irie; Shintaro Ando; Yukio Yamada
    ARIHHP Human High Performance International Forum 2019/2019-03-05
  • Application of IMU-based Motion Measurement Methods to Table Tennis Coaching:(Service stroke measurement experiments)
    野中 由紀; 入江 清; 安藤 真太郎; 山田 幸雄
    一般社団法人 日本機械学会 シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス/2018-11-21--2018-11-23
  • 卓球競技のカット主戦型の攻撃に関するゲーム分析(09 体育方法,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)
    野中 由紀; 安藤 真太郎; 山田 幸雄
    日本体育学会
  • 09方−26−ポ−56 卓球競技の1大会中におけるカット主戦型攻略の戦術変化に関するゲーム分析:2016年世界卓球選手権大会にてカット主戦型と3度対戦した1名の攻撃型選手に着目して
    野中 由紀; 安藤 真太郎; 鳥屋 智大; 山田 幸雄
    日本体育学会
  • 卓球競技の1大会中におけるカット主戦型攻略の戦術変化に関するゲーム分析
    野中 由紀; 安藤 真太郎; 鳥屋 智大; 山田 幸雄
    日本体育学会
Teaching
2020-04 -- (current)種目別コーチング演習Ⅲ筑波大学
2020-04 -- (current)種目別コーチング演習Ⅱ筑波大学
2020-04 -- (current)種目別コーチング演習Ⅰ筑波大学
2020-04 -- (current)応用体育(卓球)筑波大学
2020-04 -- (current)基礎体育(卓球)筑波大学
2020-04 -- (current)ラケットバットスポーツコーチング論演習Ⅲ筑波大学
2020-04 -- (current)ラケットバットスポーツコーチング論演習Ⅱ筑波大学
2020-04 -- (current)ラケットバットスポーツコーチング論演習Ⅰ筑波大学
2019-10 -- 2019-12Seminar of Racket and Bat Sports Coaching IIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Basic Physical Education Table TennisUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2020-06-26)