You are here

Nemoto Tatsushi

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Assistant Professor
Email
 
Research fields
Cultural anthropology
Research keywords
Dalit Studies
南アジア地域研究
社会運動論
差別論
Research projects
インドの不可触民解放運動史料のデジタルアーカイブ化と仏教僧佐々井の「不可触民になる」宗教実践の研究2019-04 -- 2020-03根本達公益財団法人稲盛財団/稲盛研究助成1,000,000Yen
ポスト・アンベードカルの民族誌2017-04 -- 2018-03根本達Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Publication of Scientific Research Results900,000Yen
インド被差別民解放運動と仏教復興運動にみる当事者性の獲得に関する宗教人類学的研究2016-04 -- 2020-03関根康正日本学術振興会/科学研究費補助金:基盤研究(B)16,510,000Yen
反差別と脱差別:現代インドの仏教組織と仏教僧佐々井による関係的差別克服の取り組み2014-04 -- 2017-03根本 達Japan Society for the Promotion of Science/科学研究費補助金:若手研究(B)3,250,000Yen
現代インドのナーグプル市における仏教への改宗運動とキリスト教への再改宗2012-04 -- 2014-03根本達日本学術振興会/科学研究費補助金:若手研究(B)2,730,000Yen
現代インドを生きる仏教僧・佐々井秀嶺と仏教徒(「不可触民」)たちの宗教思想および実践に関する映像人類学的研究-再帰的近代化の困難を乗り越える「開かれた宗教」に着目して2011-04 -- 2012-03根本達旭硝子財団/人文・社会科学系「研究奨励」1,000,000Yen
Career history
2006-06 -- 2008-06外務省 在インド日本国大使館 政務班 専門調査員
2010-01 -- 2011-03筑波大学 準研究員
2011-04 -- 2013-01University of Tsukuba 人文社会系 特任研究員
2013-02 -- (current)University of Tsukuba 人文社会系 助教
Academic background
2000-04 -- 2003-03筑波大学 地域研究研究科
2003-04 -- 2010-07筑波大学 人文社会科学研究科 国際政治経済学専攻
Degree
2003-3修士(地域研究)筑波大学
2010-7博士(国際政治経済学)筑波大学
Academic societies
2014 -- (current)JAPANESE ASSOCIATION FOR SOUTH ASIAN STUDIES
2003 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY
Articles
Books
  • 運動と当事者性-どのように反差別運動に参加するのか
    根本 達
    21世紀の文化人類学-世界の新しい捉え方, 新曜社, pp.223-257, 2018-06
  • 如何に被差別の当事者性を獲得するか?―現代インドで反差別運動に取り組む仏教僧佐々井秀嶺の実践から学ぶ
    根本 達
    ストリート人類学―方法と理論の実践的展開, 風響社, pp.93-109, 2018-02
  • ポスト・アンベードカルの民族誌-現代インドの仏教徒と不可触民解放運動
    根本達
    法藏館, 2018-02
  • ポスト・アンベードカルの仏教徒運動についての試論―南アジアにおける暴力手対立克服への示唆
    根本 達
    『社会苦に挑む南アジアの仏教―B.R.アンベードカルと佐々井秀嶺による不可触民解放闘争』, 関西学院大学出版会, pp.39-50, 2016-08
  • Creating a New Meaning for Buddhist Rituals: Two Forms of Religion and Conversion among Contemporary Indian Buddhists in Nagpur City
    Nemoto Tatsushi
    Revisiting Colonial and Post-Colonial: Anthropological Studies of the Cultural Interface, Bridge 21 Publications, pp.125-152, 2014-12
  • 一義化と両義性から考える仏教徒たちの歴史と視点 ―現代インドにおける改宗運動とマルバット供儀
    根本 達
    カルチュラル・インターフェースの人類学 ―「読み換え」から「書き換え」の実践へ, 2012-08
  • インド 現代の仏教徒たちと「不可触民」解放運動
    根本 達
    挑戦する仏教 ―アジア各国の歴史といま, 2010-10
Conference, etc.
  • ダリト・インクルージョン、ビカミング・ダリト-ポスト・アンベードカルの不可触民解放運動と異カースト間結婚
    根本 達
    平成30年度マハーラーシュトラ研究会/2019-03-23
  • Disjuncture and Collaboration: Buddhists’ Drinking Water Purification Project and Inter-caste Marriage in a Village near Nagpur
    Nemoto Tatsushi
    The 10th INDAS-South Asia International Conference “Inclusive Development in South Asia”/2018-12-15--2018-12-16
  • 「アンベードカルとガーンディーのモデルの翻訳と接続についての試論: D.R.Nagarajを起点に現代ナーグプルの仏教徒運動を人類学的に考察する」
    Nemoto Tatsushi
    平成28年度マハーラーシュトラ研究会/2017-3-25
  • 「如何に当事者となり得るのか?―現代インドで反差別運動に取り組む仏教僧佐々井秀嶺の神話的思考ついて―」
    根本 達
    日本南アジア学会第28回全国大会/2015-09
  • 「反差別と脱差別、今ここに存在する平等-現代インドのナーグプル市と近郊農村における仏教徒と仏教への改宗運動について」
    根本 達
    日本南アジア学会第27回全国大会/2014-09
  • 「仏教への改宗運動とカースト-一義化する世界の中に表出する両義性から思考する」
    根本 達
    第44回南アジア研究集会/2011-07
  • 「『嘘つきおじさん』の葬式-インドのナーグプル市において『不可触民』解放運動と共に生きる仏教徒たち」
    根本 達
    日本文化人類学会第40回研究大会/2006-06
  • 「再帰的な相互作用による構図の再構築-インドのナーグプル市における仏教徒たちの不可触民解放運動」
    根本 達
    日本文化人類学会第38回研究大会/2004-04
Teaching
2019-04 -- 2019-06東南アジア・オセアニア文化社会研究ⅡA筑波大学
2019-04 -- 2019-06東南アジア・オセアニア研究概論筑波大学
2019-04 -- 2019-06東南アジア・オセアニア研究演習ⅡA筑波大学
2018-10 -- 2018-12東南アジア・オセアニア文化社会研究IB筑波大学
2018-10 -- 2018-12東南アジア・オセアニア研究演習IB筑波大学
2018-04 -- 2018-06東南アジア・オセアニア文化社会研究IA筑波大学
2018-04 -- 2018-06東南アジア・オセアニア研究概論筑波大学
2018-04 -- 2018-06東南アジア・オセアニア研究演習IA筑波大学
2017-10 -- 2017-12Area Studies IIIUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2016-12Area Studies IIIUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2016-04 -- 2017-03筑波大学公開講座じんるいがくカフェ
2015-04 -- 2016-03筑波大学公開講座じんるいがくカフェ
2014-04 -- 2015-03筑波大学公開講座じんるいがくカフェ

(Last updated: 2019-06-19)