You are here

Aikawa Atsushi

Researcher's full information

Articles
  • 潜在的自尊心のバッファリング効果の検討――困難課題後の感情を指標として――
    稲垣 勉; 澤海崇文; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/3/pp.37-39, 2018-07
  • 制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?
    三和秀平; 外山美樹; 長峯聖人; 湯立; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/3/pp.22-24, 2018-07
  • Does Conventional Implicit Association Test of Shyness Measure "Self-Shyness" or "Others-Shyness"?
    Sawaumi Takafumi; Inagaki Tsutomu; Aikawa Atsushi
    JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH/61(2:::SI)/pp.142-150, 2019-04
  • Regulatory Focus and Task Performance::Learned Helplessness Paradigm
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 黒住 嶺; 三和 秀平; 相川 充
    The Japanese Journal of Educational Psychology/66(4)/pp.287-299, 2018
  • 制御焦点が対象の価値に及ぼす影響の検討ー情報提示条件を調整変数としてー
    長峯 聖人; 外山 美樹; 湯 立; 三和 秀平; 相川 充
    ソーシャルモチベーション研究/8, 2018
  • Regulatory Focus Moderates Process Feedback and Motivation
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    The Japanese Journal of Educational Psychology/65/pp.321-332, 2017-09
  • 現代の「シャイネス」のイメージ調査
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.55-57, 2017-07
  • 特性シャイネスの日米間比較――今なお「日本人はシャイ」か――
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.53-54, 2017-07
  • 潜在的な感情の評定は自己呈示動機によって歪みうるか?
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充; 中野 友香子
    教育テスト研究センター年報/2/pp.50-52, 2017-07
  • 拡散的思考課題における産出物のカテゴリー制約がパフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立; 黒住 嶺; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.38-40, 2017-07
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか―小学生を対象として―
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.41-43, 2017-07
  • 感謝IATの開発の試み
    林 楚悠然; 稲垣 勉; 相川 充
    筑波大学心理学研究/55/pp.49-57, 2018-02
  • 感謝感情と負債感情の共起が第三者への向社会的行動に及ぼす影響
    吉野優香; 相川 充
    筑波大学心理学研究/55/pp.39-48, 2018-02
  • 小学生を対象とした感謝経験の筆記によるポジティブ・ネガティブ感情の変化
    藤原健志; 村上達也; 相川 充
    教育相談研究/54/pp.15-23, 2017-12
  • 感謝表出スキルに関する文脈的アプローチに基づいた半構造化面接による予備的検討
    酒井智弘; 相川 充
    筑波大学心理学研究/54/pp.29-38, 2017-08
  • 制御適合が価値に及ぼす影響の検討
    長峯聖人; 外山美樹; 湯 立; 三和秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    筑波大学心理学研究/54/pp.1-6, 2017-08
  • Regulatory Focus Moderates Process Feedback and Motivation
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    The Japanese Journal of Educational Psychology/65(3)/pp.321-332, 2017-09
  • Effects of Regulatory Focus on Motivation and Performance After Upward Comparison
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    The Japanese Journal of Educational Psychology/65(4)/pp.489-500, 2017-12
  • Regulatory Focus and Academic Performance:
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    The Japanese Journal of Educational Psychology/65(4)/pp.477-488, 2017-12
  • The effects of regulatory focus on the evaluation of advertising messages, with a focus on familiarity
    長峯 聖人; 外山 美樹; 三和 秀平; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    The Japanese journal of psychology/88(6)/pp.587-593, 2018-02
  • The integrated model of emotional gratitude and emotional indebtedness in receiving help
    吉野 優香; 相川 充
    The Japanese journal of psychology/88(6)/pp.535-545, 2018-02
  • Can regulatory fit improve performance? Effect of types of regulatory fit and performance
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    The Japanese journal of psychology/88(3)/pp.274-280, 2017-08
  • シャイネスの発達的変化の検討
    澤海 崇文; 藤井 勉; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会発表論文集/pp.297-297, 2016-09
  • 新たな潜在的自尊心の測定方法の検討――名前への選好を指標として――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会発表論文集/pp.111-111, 2016-09
  • 社会的望ましさ反応尺度への回答の発達的変化――Web 調査を用いて――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会発表論文集/pp.45-45, 2016-09