You are here

Saito Tamaki

face
Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Sex
Male
Birth date
1961-09
URL
Email
 
Office
Social Psychiatry and Mental Health
Phone
0298-53-3099
Research keywords
Hikikomori, non-attendance at school,PTSD,mood disorder, psychoanalysis,pathography
Career history
2013-04 -- (current)Tsukuba Univ. Social Psychiatry and Mental Health Professor
Academic background
1986-04 -- 1990-03Tsukuba Univ. Ecology
Degree
1990-03Ph.D in MedicineTsukuba Univ.
Licenses and qualifications
2009-10medical specialist of psychiatry
Academic societies
1991-04 -- (current)The Japanese Assoclation of Pathography
1987-04 -- (current)JAPAN SOCIETY OF ADOLESCENTOLOGY
2011-04 -- (current)The Japanese Society of Psychopathology of Expression & Arts Therapy
1999-04 -- (current)The Japanese Society of Psychopathology and Psychothrapy
1991-04 -- (current)The Japanese Society of Psychiatry and Neurology
Honors & Awards
2010-04Award from Japanese Association of PathographyLiterature as a chemistry of relationship.Shinchosha,2009
Articles
  • Prevalence of Binge Drinking and Association with Alcohol-related Consequences:A Cross-sectional Study of College Students in the Kanto Region of Japan
    KAWAIDA Kyoko; SAITO Go; OGAI Yasukazu; MORITA Nobuaki; S...
    日本アルコール・薬物医学会雑誌/54(2)/pp.62-72, 2019-04
  • 「叫び」について
    斎藤 環
    美術手帖 2018 年10月号増刊 特集・ムンク /70, 2018-10
  • オープンダイアローグ総論
    斎藤 環
    思春期学/36(2), 2018-10
  • 書評 清水將之『私説 児童精神医学史』
    斎藤 環
    そだちの科学/31, 2018-10
  • オープンダイアローグからみた精神科薬物療法
    斎藤 環
    臨床精神医学/47(増刊)/p.204, 2018-12
  • Possibility of Open Dialogue in Japan
    斎藤 環
    家族療法研究 = Japanese journal of family therapy/35(2)/pp.164-170, 2018
  • 画期的な対話の思想と実践・オープンダイアローグの普及を : 日本の精神医療における可能性 (特集 日本の精神科医療を変える)
    斎藤 環
    部落解放/(755)/pp.32-40, 2018-03
  • Some worries about introducing open dialogue to Japan
    斎藤 環
    精神科治療学/33(3)/pp.275-282, 2018-03
  • 座談会 オープンダイアローグのわが国への導入,展開にあたっての希望と不安 (特集 オープンダイアローグと精神科臨床)
    斎藤 環; 村井 美和子; 渡邉 博幸; 岩井 圭司
    精神科治療学/33(3)/pp.355-364, 2018-03
  • The Base of Open Dialogue
    斎藤 環
    臨床心理学研究 = The Japanese journal of clinical psychology/55(2)/pp.23-32, 2018-03
  • 子ども時代のことだと軽くみないで (いじめ後遺症)
    斎藤 環
    女性のひろば/(475)/pp.42-45, 2018-09
  • ひきこもりと『対話』
    斎藤 環
    ケース研究/2018(2)/pp.33-84, 2018-10
  • 「新しい人間主義」の潮流、四大思想 : オープンダイアローグ/ユマニチュード ハームリダクション/ハウジングファースト
    斎藤 環
    精神看護/21(6)/pp.532-541, 2018-11
  • ひきこもりの現状と課題 (特集 高齢化するひきこもり)
    斎藤 環
    地域保健 = The Japanese journal of community health care/49(6)/pp.12-15, 2018-11
  • 基調講演 オープンダイアローグと中動態 (特集 つながりによる回復 第28回日本嗜癖行動学会)
    斎藤 環
    アディクションと家族 = Japanese journal of addiction & family : 日本嗜癖行動学会誌/34(1)/pp.13-19, 2018-12
  • 臨床で使える中動態 : オープンダイアローグとの関連性をもとに (特集 オープンダイアローグと中動態の世界)
    斎藤 環
    精神看護/22(1)/pp.21-28, 2019-01
  • 「母の娘」からいかに自立するか (特集 親と子ども : それぞれの自立)
    斎藤 環
    教育と医学/67(3)/pp.180-186, 2019-03
  • Outreach service and "open dialogue" approach
    斎藤 環
    最新精神医学/24(2)/pp.101-107, 2019-03
  • 「中高年ひきこもり」100万人の現実
    斎藤 環
    文芸春秋/97(6)/pp.176-183, 2019-06
  • 対談 身体拘束から精神医療を問う
    長谷川 利夫; 斎藤 環
    世界/(921)/pp.192-198, 2019-06
  • オタク的消費行動と心理的不適応性の関連の検討(原著論文) Author:山上 尚彦(筑波大学 大学院人間総合科学研究科), 斎藤 環, 森田 展彰, 大谷 保和 Source:
    山上 尚彦; 森田 展彰; 斎藤 環; 大谷保和
    アディクションと家族/34(1)/pp.45-57, 2018-12
  • 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症の治療状況と課題-全国専門医療機関へのアンケート調査から―
    新田千枝; 森田 展彰; 大谷保和; 斎藤環
    日本アルコール・薬物医学会雑誌/53(5)/pp.182-200, 2018-05
  • Reasons for Drinking among College Students in Japan: A Cross-Sectional Study
    Kawaida Kyoko; Hisashi Yoshimoto; Goto Ryohei; Saito Go; ...
    The Tohoku Journal of Experimental Medicine/246(3)/pp.183-189, 2018-11
  • The Use of All-You-Can-Drink System, Nomihodai, Is Associated with the Increased Alcohol Consumption among College Students: A Cross-Sectional Study in Japan
    Kawaida Kyoko; Yoshimoto Hisashi; Goto Ryohei; Saito Go; ...
    The Tohoku journal of experimental medicine/245(4)/pp.263-267, 2018-04
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    Ogai Y.; Morita N.; Saito T.; Ikeda K.
    ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH/42(2:SI)/pp.44A-44A, 2018-08
Books
  • 開かれた対話と未来
    斎藤 環; 大井 雄一; 大谷 保和; 大滝 優; 笹原 信一朗; ...
    Open Dialogues and Anticipations, 医学書院, pp.39-185, 2019-09
  • フェイクの時代に隠されていること(福山哲郎との共著)
    斎藤 環
    太田出版, 2018-07
  • ケアとしての就労支援 
    斎藤 環
    ケアとしての就労支援 こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊) ムック, 日本評論社, 2018-05
  • 就労支援の闇 
    斎藤 環
    ケアとしての就労支援 こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊) ムック, 日本評論社, 2018-05
  • 現代の「若者心性」から見た「うつ」の構造単行本 – 2018/7/18
    斎藤 環
    「うつ」の舞台 , 弘文堂, 2018-07
  • 「日本教」的NIMBYSMから遠く離れて
    斎藤 環
    現代思想2016年10月号 緊急特集=相模原障害者殺傷事件, 青土社, 2017-10
  • 討議Ⅱ ダイアローグの場をひらく――「コミュ力」偏重社会の分断を超えて
    斎藤 環
    現代思想2017年8月号 特集=「コミュ障」の時代, 青土社, 2017-08
  • 「思想」は「治療」に使えるか?
    斎藤 環
    ゲンロンβ16: 対話する哲学, 株式会社ゲンロン, 2017-07
  • 手塚治虫とは何者か
    斎藤 環
    別冊NHK100分de名著 わたしたちの手塚治虫, NHK出版, 2017-12
  • 解説
    斎藤 環
    ゴッホの耳─天才画家 最大の謎─, 早川書房, 2017-09
  • "コミュ障"を生み出す社会
    斎藤 環
    精神医療からみたわが国のの特徴と問題点, 中山書店, pp.15-20, 2017-12
  • 文学の徴候
    斎藤 環
    文藝春秋, 2004-11
  • フレーム憑き
    斎藤 環
    青土社, 2004-06
  • 解離のポップ・スキル
    斎藤 環
    勁草書房, 2004-01
  • 「負けた」教の信者たち
    斎藤 環
    中央公論ラクレ新書, 2005-04
  • 生き延びるためのラカン
    斎藤 環
    バジリコ, 2006-11
  • 「性愛」格差論
    斎藤 環
    中央公論ラクレ新書, 2006-05
  • 家族の痕跡
    斎藤 環
    筑摩書房, 2006-01
  • メディアは存在しない
    斎藤 環
    NTT出版, 2007-10
  • ひきこもりはなぜ『治る』のか?
    斎藤 環
    中央法規出版, 2007-10
  • 文学の断層
    斎藤 環
    朝日新聞出版社, 2008-07
  • 母は娘の人生を支配する
    斎藤 環
    日本放送出版協会, 2008-05
  • アーティストは境界線上で踊る
    斎藤 環
    みすず書房, 2008-02
  • 思春期ポストモダン
    斎藤 環
    幻冬舎新書, 2008-11
  • 関係する女 所有する男
    斎藤 環
    講談社現代新書, 2009-09
Conference, etc.
  • Association between the difficulties of child-rearing and the use of hitting among caregivers of three-and-a-half-year-old in Japan.
    Nakajima-Yamaguchi Ryoko; Morita Nobuaki; Yamaoka Yui; Ni...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-03--2018-09-03
  • Paternal childcare participation and maternal abusive behavior
    Omiya Soichiro; Nakajima-Yamaguchi Ryoko; Yamaoka Yui; Ni...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-04--2018-09-04
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    Ogai Y.; Morita N.; Saito T.; Ikeda K.
    19th World Congress of International-Society-for-Biomedical-Research-on-Alcoholism (ISBRA)/2018-09-12--2018-09-12
  • Assessing confinement environment stress via fNIRS: the effect of exercise
    Christina-Sylvia Andrea; Yuichi Ohi; Shotaro Doki; Daisuk...
    1st University of Tsukuba-University of Science Joint Young Researcher Meeting in Biomedical Science/2019-02-23--2019-2-23
  • Confinement environment stress assessment via fNIRS: an update
    Christina-Sylvia Andrea; Yuichi Ohi; Shotaro Doki; Daisuk...
    Tsukuba Global Science Week 2018/2018-09-20--2018-09-22
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    Ogai Y.; Morita N.; Saito T.; Ikeda K.
    19th World Congress of International-Society-for-Biomedical-Research-on-Alcoholism (ISBRA)/2018-09-09--2018-09-13
  • Assessing confinement environment stress using fNIRS
    Christina-Sylvia Andrea; Yuichi Oi; Yasuhito Hirai; Shota...
    International society of Neurobiology & Psychopharmacology/2018-06-28--2018-07-01
  • 女性のひきこもり・生きづらさについて考える
    大井 雄一; 斎藤 環; 林 恭子; 時盛昌幸
    第35回日本家族療法学会/2018-08-10--2018-08-12
  • 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症の治療実態─全国専門医療機関アンケート調査から
    新田 千枝; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤 環
    第36回日本社会精神医学会/2018-03-03--2018-03-04
  • Assessing confinement environment stress using fNIRS
    Christina-Sylvia Andrea; 大井雄一; 平井康仁; 道喜将太郎; ...
    2nd Congress on Evidence Based Mental Health: From research to clinical practice/2018-06-28--2018-07-01
  • 閉鎖実験におけるストレス対処力の検討-宇宙医学における健康生成論的考察-
    笹原信一朗; 大井雄一; 平井康仁; 道喜将太郎; 高橋 司; 白...
    第91回日本産業衛生学会/2018-05-17--2018-05-19
Teaching
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Actual Experience in Patient CareUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar in Social Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Tutorial on Social Psychiatry IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Introduction to Social MedicineUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2019-05-31)