You are here

Masuda Tomoyuki

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Associate Professor
ORCID
0000-0001-6429-9468
KAKEN ID
70372828
URL
Email
 
Research fields
Medical genome science
General anatomy (including histology/embryology)
Nerve anatomy/Neuropathology
Neurology
Tourism Studies
Basic / Social brain science
Kansei informatics
Geography
Sports science
Research keywords
DNA methylation analysis
Neurodegenerative diseases
Toxicology
Neural development
Nerve regeneration
Cognitive science
Affecitve engineering/Kansei engineering
Regional Geography
Tourism Geography
Ski Resort
Research projects
有機ヒ素化合物による脳の神経変性機序の解析―DNAメチル化に着目して2020 -- 2023増田知之日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(C)4,290,000Yen
従来型解析にバイオインフォマティクスデータを取り入れた新規長鎖遺伝子の機能解析2015 -- 2019増田知之Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)4,810,000Yen
網羅的スクリーニングから得られた新規軸索誘導候補分子の機能解析2012 -- 2015増田知之Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)5,200,000Yen
脊髄特異的な新規遺伝子群の感覚神経ネットワーク形成における機能の解析2009 -- 2012増田知之Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)4,420,000Yen
脊髄一次求心性線維の標的認識機構に関与する新規軸索誘引因子の検索2007 -- 2009増田知之Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)4,420,000Yen
脊髄神経節軸索の投射パターンを規定する軸索誘引メカニズムとその分子基盤の解明2005 -- 2007増田知之Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)3,200,000Yen
小児の上肢運動機能障害に対する複合的治療法の開発に向けた基礎的研究2019 -- 2021岩崎信明Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)4,290,000Yen
サブグループ特異的運動神経細胞死におけるHox遺伝子の関与の解明2008 -- 2011八木沼洋行Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)4,550,000Yen
運動神経サブグループに特異的に起こる細胞死の機序の解明2006 -- 2008八木沼洋行Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)3,890,000Yen
令和2年度「ジフェニルアルシン酸等に係る健康影響に関する調査研究」モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸(DPAA)の生体影響2020 -- 2021増田知之環境省/10,342,434Yen
Career history
2013-09 -- (current)University of Tsukuba Faculty of Medicine Associate professor
2012-03 -- 2013-08Dokkyo Medical University School of Medicine Department of Histology and Neurobiology Associate professor
2008-12 -- 2012-02Fukushima Medical University School of Medicine Department of Neuroanatomy and Embryology Lecturer
Degree
博士(医学)筑波大学
Honors & Awards
2018-09Japan Society of Kansei Engineering, Rakuten Research Award
2015-12Univ Tsukuba, Young Excellent Faculty Member Award
2012-12Dokkyo Med Univ, 13th Sekiminato Award
2009-01Med Assoc Fukushima, 2008 Young Researcher's Award
2004-03Univ Tsukuba, 2003 Excellent Investigator Award
Articles
Books
  • Comparison of neuroprotective effect of melatonin in the nigrostriatal and mesolimbic dopaminergic systems in the Zitter rat
    Ueda Shuichi; Inoue Ken-ichi; Ehara Ayuka; Masuda Tomoyuki
    Melatonin: Therapeutic value and Neuroprotection, CRC press, 2015
  • Formation of peripheral nerve pathways by chemorepulsive and chemoattractive cues with special reference to innervation of the dorsal ramus
    Masuda Tomoyuki; Yaginuma Hiroyuki
    Recent Research Developments in Neurochemistry, Vol. 8, Research Signpost, 2014-11
  • Sensory axonal guidance by chemorepulsive and chemoattractive cues in the higher vertebrates
    Masuda Tomoyuki; Shiga Takashi; Yaginuma Hiroyuki
    Axons: Cell Biology, Molecular Dynamics and Roles in Neural Repair and Rehabilitation, Nova Science Publishers, pp.335-339, 2013-12
  • Laminins as a modulator of the axonal response to guidance cues
    Masuda Tomoyuki; Yaginuma Hiroyuki; Shuichi Ueda
    Laminins: Structure, Biological Activity and Role in Disease, Nova Science Publishers, pp.131-135, 2013-08
  • 生物学辞典
    増田 知之
    生物学辞典, 東京化学同人社, 2010-12
  • 脊髄一次求心性線維の投射路を形成する分子メカニズム
    増田 知之
    ブレインサイエンス・レビュー2008, クバプロ, pp.157-180, 2008-03
  • Roles of chondroitin sulfate proteoglycans in the formation of axonal trajectories of dorsal root ganglion neurons
    Masuda Tomoyuki; Shiga Takashi
    Neural Proteoglycans, Research Signpost, pp.127-137, 2007-05
Conference, etc.
  • 有機ヒ素化合物によってもたらされる霊長類脳の神経変性:脳内DNAメチル化に着目して進めるその変性機序の解析
    増田 知之; 石井 一弘; 岩本 和也; 文東 美紀; 中山 智博; 岩...
    第125回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム/2020-03-26
  • 脳内のDNAメチル化と精神・神経変性疾患
    増田 知之; 岩本 和也
    第125回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム/2020-03-26
  • 有機ヒ素化合物ジフェニルアルシン酸は株化ニューロン内でのTau蛋白発現を促進する
    増田 知之; 伊藤 順子; 伊関 美緒子; 菅原 由佳; 冨所 康志; ...
    第97回日本生理学会大会/2020-03-17
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省「令和元年度ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究」第2回研究推進委員会/2020-02-04
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省「令和元年度ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究」第1回研究推進委員会/2019-08-20
  • 有機ヒ素中毒による血流変化について
    石井 一弘; 根本 清貴; 岩崎 信明; 武田 徹; 増田 知之; 柴田...
    第60回日本神経学会学術大会/2019-05-22--2019-05-25
  • 有機ヒ素化合物ジフェニルアルシン酸は胎盤を経由して母体から仔に移行する
    増田 知之; 岩崎 信明; 中山 智博; 柴田 康行; 玉岡 晃; 石井...
    第124回日本解剖学会全国学術集会/2019-03-27--2019-03-28
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省「平成30年度ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究」第2回研究推進委員会/2019-03-08
  • 有機ヒ素DPAA(ジフェニルアルシン酸)によるTau 蛋白発現変化の研究
    石井 一弘; 増田 知之; 伊藤 順子; 伊関 美緒子; 菅原 由佳; ...
    第37回日本認知症学会学術集会/2018-10-12
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省「平成30年度ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究」第1回研究推進委員会/2018-08-20
  • Altered expression of total and phosphorylated tau by organic arsenic compounds
    Ishii Kazuhiro; Itoh Junko; Masuda Tomoyuki; Tomidokoro Y...
    第59回日本神経学会学術大会/2018-05-24
  • Hepatic histopathological changes and dysfunction in humans and nonhuman primates following exposure to organic arsenic diphenylarsinic acid
    Masuda Tomoyuki; Ishii Kazuhiro; Iwasaki Nobuaki; Tamaoka...
    第123回日本解剖学会全国学術集会/2018-03-30
  • 有機ヒ素diphenylarsinic acidは母体から胎盤を経由して仔に移行する
    増田 知之; 岩崎 信明; 柴田 康行; 中山 智博; 玉岡 晃; 石井...
    第95回日本生理学会大会/2018-03-28
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省「平成29年度ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究」第2回研究推進委員会/2018-03-02
  • Hepatic histopathological changes following subchronic administration of diphenylarsinic acid to cynomolgus monkeys
    Masuda Tomoyuki; Ishii Kazuhiro; Iwasaki Nobuaki
    第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会/2017-09-23--2017-09-24
  • マウス成体脳における5型セマフォリンの発現様式
    増田 知之; 谷口 雅彦; 佐久間 千恵
    第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会/2017-09-23--2017-09-24
  • カメの脊髄神経~ボディプランの改変が神経系に及ぼす影響~
    川口 将史; 真喜屋 宏美; 川崎 能彦; 増田 知之
    第88回日本動物学会富山大会シンポジウム/2017-09-21
  • Non-proportional accumulation of diphenylarsinic acid in the central nervous system following subchronic administration to rats
    Masuda Tomoyuki; Ishii Kazuhiro; Hosoya Tomoko; Tanaka R....
    XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017)/2017-09-18
  • Transforming growth factor-beta1 levels in the cerebrospinal fluid of patients with neurodegenerative diseases
    Ishii Kazuhiro; Masuda Tomoyuki; Itoh Junko; Koide T.; To...
    XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017)/2017-09-17
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省「平成29年度ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究」第1回研究推進委員会/2017-08-08
  • 5型セマフォリンのマウス成体脳での発現および末梢神経系での機能の解析
    増田 知之; 谷口 雅彦; 佐久間 千恵; 石井 一弘; 上田 秀一; ...
    第122回日本解剖学会全国学術集会/2017-3-28
  • 神経変性疾患患者の髄液におけるTGF-beta1濃度と臨床マーカーとしての可能性
    石井 一弘; 増田 知之; 伊藤 順子; 小出 拓也; 冨所 康志; 武...
    第35回日本認知症学会学術集会/2016-12-1--2016-12-3
  • セマフォリン5ファミリーの発現様式と軸索ガイダンスにおける機能
    増田 知之; 谷口 雅彦
    第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会/2016-09-03
  • Classification of factors affecting the impression of “Yuru-sa” in Japanese Yuru-kyara mascots
    Masuda Tomoyuki; Jiyavorananda Sittiphan
    KEER 2016 Pre-conference Workshop: How Brain-Sciences Reveal the Human Emotional Mechanism (6th International Kansei Engineering and Emotion Research Conference (KEER2016))/2016-08-29
  • BMP4シグナルが調節する脊髄神経節ニューロンの神経突起伸長とCGRP発現における転写因子Runx1の役割
    吉川 雅朗; 増田 知之; 小林 梓
    第121回日本解剖学会全国学術集会/2016-03-29
Intellectural property rights
  • AXON ATTRACTANT OR GROWTH PROMOTER
    増田 知之; 石井 一弘
Teaching
2019-12 -- 2019-12テュートリアル 医学の基礎(感染生物学)医学類
2019-12 -- 2019-12人間生物学II生物学類
2019-11 -- 2019-11リソースパーソン 機能・構造と病態I(神経系)医学類
2019-10 -- 2020-03感性認知脳科学総合演習B感性認知脳科学専攻
2019-10 -- 2020-02感性認知脳科学研究法1B感性認知脳科学専攻
2019-10 -- 2019-12神経解剖学生物学類
2019-09 -- 2019-09感性認知脳科学実験実習感性認知脳科学専攻
2019-09 -- 2019-09テュートリアル 医学の基礎(生化学)医学類
2019-09 -- 2019-09人体構造学実習フロンティア医科学専攻
2019-07 -- 2019-11機能形態学演習看護学類
Other educational activities
2015-04 -- 2016-03M2クラス担任医学類
2014-04 -- 2015-03M1クラス担任医学類
2015-10 -- 2015-10非常勤講師(脳実習講義)獨協医科大学医学部
2012-10 -- 2012-10非常勤講師(解剖学I マクロ実習)奈良県立医科大学医学部
2019-07 -- 2019-07非常勤講師(中枢神経系講義)筑波大学附属視覚特別支援学校
2018-08 -- 2018-08非常勤講師(解剖見学実習)筑波大学附属視覚特別支援学校
2019-07 -- 2019-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2)感性認知脳科学専攻
2018-07 -- 2018-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2)感性認知脳科学専攻
2017-07 -- 2017-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2)感性認知脳科学専攻
2016-07 -- 2016-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2)感性認知脳科学専攻
Professional activities
-- (current)Japanese Association of Anatomiststrustee
-- (current)The Physiological Society of Japantrustee
-- (current)Japan Society of Histochemistry and Cytochemistrytrustee
-- 2013Dokkyo Medical Associationtrustee
-- (current)Tsukuba Brain Science Associationtrustee
-- 2013Japanese Association of Anatomists第119回全国学術集会プログラム委員
University Management
2019 -- (current)ニューロサイエンス学位プログラム・入試実施委員会委員長
2020 -- (current)ニューロサイエンス学位プログラム・情報・サブネットワーク委員会委員長
2020 -- (current)ニューロサイエンス学位プログラム・広報・リクルート対策委員会委員長
2014 -- (current)感性認知脳科学専攻・学生委員会委員長
2020 -- (current)感性認知脳科学専攻・広報委員会委員長
2016 -- 2017感性認知脳科学専攻・専攻合宿実行委員会委員長
2019 -- 2019医学医療系・生命医科学域・テニュア審査委員会委員
2015 -- 2015医学医療系・旧基礎医学系・再任評価委員会委員
2013 -- (current)医学医療系・医学安全管理小委員会委員
2020 -- (current)人間系・情報管理委員会委員
Other activities
2019-03 -- 2019-03辰巳 哲子ほか.「創造する」大人の学びモデルvol.2~アウトプットからはじまる,学びのサイクル~.リクルートワークス研究所,2019年3月発行.http://www.works-i.com/pdf/190329_learningvol2.pdf
2018-10 -- 2019-01増田 知之,小関 美咲,山中 敏正 (司会: 田村 淳,中山 果奈,リポーター: たんぽぽ 白鳥久美子,ゲスト: りゅうちぇる,取材担当: 鷹栖 晴奈,錦 望). 盛り顔の論文×ロンブー淳.盛り過ぎの境界線&浮世絵風に盛る数式. NHK教育テレビジョン"ろんぶ~ん", 2018年10月25日 (木) 午後11時00分~午後11時30分 (本放送),2018年10月27日 (土) 午前1時00分~午前1時30分 (再放送),2019年1月24日 (木) 午後11時00分~午後11時30分 (アンコール放送)
2008-11 -- 2008-11増田 知之 (取材担当: 朝日新聞記者 牧内 昇平). 人ひと: 実験技術は"オンリーワン". 朝日新聞 (福島版) 第32面 (福島第2面), 2008年11月19日(水).
Message
現在以下のウェブサイトの管理も担当しております. https://www.neurosci.tsukuba.ac.jp http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/anatomy/shiga-group/Anatomy http://www.kansei.tsukuba.ac.jp

「国は学位取得情報などの教員情報を公開することを学校教育法施行規則などで義務付けています」より,学位取得情報を公開いたしました(2020年7月)

(Last updated: 2020-07-05)