You are here

Kinoshita Natsuko

face
Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Assistant Professor
Research fields
Plant molecular biology/Plant physiology
Applied molecular and cellular biology
Plant protection science
Research keywords
生物ストレス 
Research projects
見えないものを見る:揮発物質を利用して複数の病原体感染を検知する新技術の基盤構築2021 -- 2023木下 奈都子Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,160,000Yen
持続型農業:4D匂いセンサによる作物ウイルス 病早期発見技術の調査研究2021-04 -- 2022-03木下奈都子つくばイノベーションアリーナ(TIA)/連携プログラム探索推進事業「かけはし」500,000Yen
見えないものを見る:揮発物質を利用して複数の病原体感染を検知する新技術の基盤構築2021-04 -- 2024-03木下奈都子Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費 基盤研究(C)4,160,000Yen
敵を味方に:植物ウイルスを利用し、環境に優しい持続的なエネルギー生産2021-04 -- 2022-03木下奈都子日立財団/倉田奨励金1,000,000Yen
揮発性代謝物質を介した植物間コミュニケーションにおける網羅的な遺伝子発現解析2018-04 -- 2019-03/筑波大学生存ダイナミクス研究センター 共同研究(TARA Cooperative Research Project)500,000Yen
害虫ストレスの画像診断による微農薬・省資源型の農業に向けたバイオセンサーシステムの開発2019-04 -- 2021-09木下奈都子高橋産業経済研究財団/4,000,000Yen
植物群における個体間情報伝達を自動的に定量する技術の開発2019-04 -- 2021-09木下奈都子市村清新技術財団/3,000,000Yen
害虫被害のモニタリングと早期発見による微農薬ダイズ生産技術の開発2019-04 -- 2021-03木下奈都子不二たん白質研究振興財団/1,000,000Yen
地上植物でジェット燃料をつくる2019-04 -- 2021-03木下奈都子岩谷直治記念財団/2,000,000Yen
長鎖非コードRNAは如何に転写因子を制御するか:実生時ストレス応答機構をモデルに2015 -- 2017木下 奈都子Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,290,000Yen
Career history
2009-01 -- 2014-02Rockefeller University Postdoctoral Fellow
2010-04 -- 2013-03日本学術振興会 特別研究員
Academic background
-- 2008University of GenevaCompleted
-- 2007東京大学 農学生命科学研究科Accomplished credits for doctoral program
-- 2001京都大学  生命科学研究科Completed
-- 1999神戸大学 農学部Graduated
Degree
2008-11Ph.D. (Biology)University of Geneva
Academic societies
2013-04 -- (current)American Society of Plant Biologists
2013-04 -- (current)日本分子生物学会
Honors & Awards
2018-09優秀女性研究者 (TIDE Women’s Award) 特別奨励賞
2018-2Konica Minolta Imaging Science Encouragement Award (Outstanding)
2017-2Best Faculty Member Award (筑波大学)
2009-1上原記念生命科学財団海外留学ポストドクトラルフェローシップ
2004-3Prof. George Fried Memorial Award
2004-2第32回 特定研究助成金
2012Career Development Award
Articles
Conference, etc.
  • Effects of nitrogen on cesium allocation in rice plants (Oryza sativa)
    Kinoshita Natsuko
    International Plant Systems Biology/2021-04-26--2021-04-27
  • 「香り」を利用した省労力で 持続的な植物保護技術の開発
    木下 奈都子
    新春シンポジウム2021/2021-01-09--2021-01-09
  • 未来農業の香り:揮発性物質を介した植物間コミュニケーションと予防型精密農業への展開
    木下 奈都子
    日本学術振興会フォトニクス情報システム第179委員会第52回研究会/2018-10-05
  • 揮発性物質による植物間情報伝達と早期病害ストレス検出基盤構築
    木下 奈都子
    第6回「理想の追求」シンポジウム キヤノン財団/2018-07-31
  • 揮発性物質による植物間情報伝達と早期病害ストレス検出基盤構築
    木下 奈都子
    第5回「理想の追求」シンポジウム キヤノン財団/2017-7-28
  • 香りを使った植物間コミュニケーションの可視化:時空間的なモニタリング技術による予防型精密農業の開発
    木下 奈都子
    第24回コニカミノルタ画像科学奨励賞授賞式/2018-02-26
  • 香りを使った植物間コミュニケーションの可視化:時空間的なモニタリング技術による予防型精密農業の開発
    木下 奈都子
    第24回コニカミノルタ画像科学奨励賞授賞式/2018-02-26
  • Plants' abiotic stress response and chemical ecology of wood-pest-parasitoid relationship
    Kinoshita Natsuko
    ICE 17 Short Course in Insect Chemical Ecology/2017-05-31
  • 香りを使った植物間のコミュニケーションはあるのか? ナノセンサーを利用した、害虫被害を早期発見するための予防型精密農業の展開
    木下 奈都子
    キヤノン技術情報サービス株式会社/2017-10-5
  • Effect of age of tea leaves on oviposition preference in the smaller tea tortrix, Adoxophyes honmai
    Narisara Piyasaengthong; 木下奈都子; 戒能 洋一
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • Future Agriculture: From Natural Genetic Resources to Precision Farming
    Kinoshita Natsuko
    外務省「日本ブランド発信事業(多層的ネットワーク構築)」/2017-07
  • Stress Responses in Plants: from Stress Adaptive Developmental Plasticity to Digitalizing Interspecies Communication
    Kinoshita Natsuko
    外務省 内外発信のための多層的ネットワーク構築事業/2017-07-03--2017-07-03
  • Abiotic and Biotic Plant Stress Responses: with emphasis on adaptive developmental plasticity and digitalizing interaction between plant –insect – symbiotic fungi
    Kinoshita Natsuko
    外務省 内外発信のための多層的ネットワーク構築事業/2017-07-04--2017-07-04
  • 揮発性物質による植物間情報伝達と早期病害ストレス検出基盤構築
    木下 奈都子
    第5回「理想の追求」シンポジウム キヤノン財団/2017-07-28
  • 揮発性物質による植物間情報伝達と早期病害ストレス検出基盤構築
    木下 奈都子
    第6回「理想の追求」シンポジウム キヤノン財団/2018-07-31
  • Determination of K+ channels and transporters which control Cs-137 uptake in rice
    Kinoshita Natsuko
    “Latest Advances in Plant Development and Environmental Response” Cold Spring Harbor Asia conferences in Japan/2016-11
  • クロヒラアシキバチによるクマノミズキへの加害とその寄生蜂相
    木下 奈都子
    第61回日本応用動物昆虫学会大会/2017-03
Intellectural property rights
  • 植物のストレスの検出方法及び植物における発光タンパク質の検出方法
    木下 奈都子
  • 画像処理装置、画像処理システム及び画像処理プログラム
    木下 奈都子
Teaching
2021-10 -- 2021-12Genes and Genomes as Biological ResourcesUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Scientific Writing in English-PracticeUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Dissertation in Applied Entomology and Zoology IUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Dissertation in Applied Entomology and Zoology IUniversity of Tsukuba.
2021-07 -- 2021-08Basic and Applied Sciences for Global Food SecurityUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Writing Scientific Papers in English for Students of Agro-Bioresources Science and TechnologyUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Writing Scientific Papers in English for Students of Agro-Bioresources Science and TechnologyUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Dissertation in Applied Entomology and Zoology IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Dissertation in Applied Entomology and Zoology IIUniversity of Tsukuba.
2021-07 -- 2021-08Basic and Applied Engineering for BioresourcesUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2017-07 -- 2017-07From Bioluminescence to Future of Agriculture外務省「日本ブランド発信事業(多層的ネットワーク構築)」
Talks
  • 虫と植物のイイ関係
    木下 奈都子
    国際植物の日 特別公演/2019-05-18
Professional activities
2021-04 -- (current)THE SOCIETY OF JAPANESE WOMEN SCIENTISTS政策方針参画委員会
University Management
2015-04 -- (current)ユタ州立大学 DDP プログラム 運営委員会委員
2017-04 -- (current)生物圏資源科学専攻専攻国際展開教育強化担当
2014-04 -- (current)G30 エキスパートプログラム及び国際農業科学プログラム入試運営委員会委員
2014-11 -- 2017-03大学院Web出願および英語化WG委員
Other activities
2020-09 -- 2020-09IBM COSMOS Day ワークショップ 2020
2020-12 -- 2020-12「イノベーションを支える多様な人材の活躍に向けて」(つくば女性研究者支援協議会開催) 内閣府 次期科学技術・イノベーション基本計画の共創に向けた全国キャラバン
2021-03 -- 2021-03United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women Sixty-fifth session of the Commission on the Status of Women (CSW65)

(Last updated: 2021-06-24)