You are here

Matsumoto Yoshitaka

face
Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Sex
Male
Birth date
1977-05
KAKEN ID
70510395
Office
Radiation Oncology
Phone
+81-29-853-7100
Fax
+81-29-853-7103
Research projects
高付加価値放射線治療を実現する金ナノ粒子増感剤の開発2018-04 -- 2019-03三澤雅樹日本学術振興会/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)100,000Yen
免疫チェックポイント阻害剤による新規膀胱温存療法の確立を目指した基礎的研究2018-04 -- 2019-03Hitoshi Ishikawa日本学術振興会/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)50,000Yen
低出力型温熱治療機Lab-EHYによる抗腫瘍効果解析2018-07 -- 2019-04Hideyuki SakuraiTATEYAMA KAGAKU INDUSTRY CO., LTD./企業からの助成研究1,100,000Yen
99Mo/99mTc国産化を推進する空間構造に優れた新規アルミナ吸着剤の開発2018-04 -- 2019-03Nobuyoshi Fukumitsu日本学術振興会/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)1,300,000Yen
次世代BNCTに適応した安全・高効率なマルチ機能型ホウ素ナノ製剤の開発と検証2018-04 -- 2019-03Yoshitaka Matsumoto日本学術振興会/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)1,300,000Yen
Cell3iMager duosを用いた陽子線治療併用抗がん剤スクリーニングの定量評価法開発に関する研究2017-03 -- 2018-06Yoshitaka MatsumotoShimadzu Corporation/企業からの助成研究1,100,000Yen
低出力型温熱治療Lab-EHYによる抗腫瘍効果解析2017-04 -- 2018-03Hideyuki SakuraiTATEYAMA KAGAKU INDUSTRY CO., LTD./企業からの助成研究1,100,000Yen
次世代型マルチ粒子線治療の臨床応用のための基盤研究2017-04 -- 2018-03Hideyuki SakuraiJapan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)200,000Yen
Verification of antitumor effect using BNCT nanoparticles for BNCT for improvement of treatment effect and expansion of adaptati2017-05 -- 2018-03Yoshitaka MatsumotoUniversity of Tsukuba/平成29年度共同研究実用化ブーストプロジェクト1,000,000Yen
高精度放射線の向上を目指した金ナノ粒子増感剤の開発2017-04 -- 2018-03Yoshitaka MatsumotoUniversity of Tsukuba/筑波大学/筑波大学産学連携推進プロジェクト・共同研究プロジェクト1,000,000Yen
Career history
2004-04 -- 2006-03放射線医学総合研究所 Hospital of Research Center for Charged Particle Therapy Radiological technologist
2006-04 -- 2007-03National Institute of Radiological Sciences Research Center for Charged Particle Therapy Assistant
2007-04 -- 2008-03National Institute of Radiological Sciences Research Center for Charged Particle Therapy Junior Researcher Associate
2008-04 -- 2011-03National Institute of Radiological Sciences Researcher, Research Center for Charged Particle Therapy Postdoctoral Fellow
2010-04 -- (current)Chuoh College of medical Technology 非常勤講師(放射線生物学)
2011-04 -- 2014-04National institute of Radiological Sciences Research Center for Charged Particle Therapy Researcher
2014-05 -- (current)University of Tsukuba Radiation Oncology, Clinical Medicine, Faculty of Medicine Assistant Professor
Academic background
2004-04 -- 2008-03University of Chiba Graduate School of Medical and Pharmaceutical Sciences Department of Advanced Medical SciencesCompleted
2002-04 -- 2004-03Ibaraki Prefectural University of Health Sciences Graduate School of Health Sciences Department of Radiation Technology ScienceCompleted
1998-04 -- 2002-04Ibaraki Prefectural University of Health Sciences Faulty of Health & Medical Care, Department of Radiological SciencesGraduated
Degree
2008-03Doctor of Medical ScienceChiba University
2004-03Master of Health and MedicineIbaraki Prefectural University of Health Sciences
Licenses and qualifications
1998-10普通自動車第1種免許
2005-05ガンマ線透過写真撮影作業主任者
2005-05エックス線作業主任者
2004-04Radiological Technologist
Academic societies
2010-09 -- (current)Clinical Medical Physics Research Group
2003-10 -- (current)THE JAPAN RADIATION RESEARCH SOCIETY
2007-09 -- (current)Young Radiation Biologists' Association of Japan
2004-05 -- (current)International Association for the Sensitization of Cancer Treatment
2010-03 -- (current)The Japanese Association for Metastasis Research
2014-05 -- (current)Japanese Society of Neutron Capture Therapy(JSNCT)
2014-05 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR THERAPEUTIC RADIOLOGY AND ONCOLOGY
2017-02 -- (current)International Society of Radiation Neurobiology
Honors & Awards
2019-11-122019年度医学系研究奨励
2007-07Travel Support for Young Investigators of the 13th International Congress of Radiation Research
2009-10Travel Support for Young Investigators of the 15th International Symposium on Microdosimetry
2010-06第19回日本がん転移学会優秀演題賞
2014-0941st Annual Meeting of the European Radiation Research Poster Award
2014-12膵臓病研究奨励賞貴殿の応募にかかる研究を本財団の平成26年度研究奨励賞として選定します。
2015-10第一回放射線ワークショップ優秀発表賞
2015-112015年度医学系研究奨励
2016-10JRR Terashima Award
2017-11The Best Poster Presentation AWARDOutstanding contributions to the development and advanced for Boron Neutron Capture Therapy.
2017-11平成29年度筑波大学医学医療系若手優秀教員平成29年度医学医療系における大学教員業績評価の結果「センター」の領域において極めて優れた評価を得ました
Articles
Books
  • 新規がん治療オンコサーミアによる放射線増感効果 治療抵抗性の克服に向けて
    松本 孔貴; 林 淳子; 関野 雄太; 福光 延吉; 斎藤 高; 石川 ...
    Thermal Medicine, 日本ハイパーサーミア学会, pp.154-154, 2018-08
  • Radiation Biology to Learn from Mechanism of The Human Body
    Matsumoto Yoshitaka
    Radiation Biology to Learn from Mechanism of The Human Body, 株式会社メジカルビュー社, pp.252-271, 2017-02
  • 新版 放射線医科学ー生体と放射線・電磁波・超音波ー
    Matsumoto Yoshitaka
    新版 放射線医科学ー生体と放射線・電磁波・超音波ー, 医療科学社, pp.38-40, 2016-10
  • 新版 放射線生物学
    Matsumoto Yoshitaka
    新版 放射線生物学, 株式会社 医療科学社, pp.110-121, 2015-12
  • 新版 放射線生物学
    Matsumoto Yoshitaka
    新版 放射線生物学, 株式会社 医療科学社, 2015-12
Conference, etc.
  • Sialic acid-targeting polymeric nanoparticles as self-assembling BNCT drug
    Kim Ahram; Suzuki Minoru; Matsumoto Yoshitaka; Fukumitsu ...
    3rd GLowing Polymer Symposium in Kanto (GPS-K2020, On-line)/2020-11-28
  • Targeting hypersialyated B16 melanoma using a phenylboronic acid-installed polymeric nanoparticle towards a novel BNCT agent
    Kim Ahram; Suzuki Minoru; Matsumoto Yoshitaka; Fukumitsu ...
    第69回高分子年次大会(新型コロナウイルス感染症に伴う措置に基づき誌上開催)/2020-05-12
  • Current development status of iBNCT device, the demonstrator of a linac-based neutron source for BNCT
    Kumada Hiroaki; Li Yinuo; Takada Kenta; Tanaka Susumu; Ma...
    PTCOG 59/2021-06-04--2021-06-8
  • Acute skin reaction of BNCT
    Nakai Kei; Aihara Teruhito; Yamamoto Tetsuya; Kumada Hiro...
    PTCOG59 (59th Annual Conference of the Particle Therapy Co-Operative Group)/2021-06-04--2021-06-07
  • 陽子線の生物効果=RBE=1.1は妥当か?
    松本 孔貴
    第11回Quantum Medicine研究会/2018-01-28--2018-01-28
  • 大気マイクロビームPIXE/PIGEによるBNCT応用技術:細胞内ホウ素可視化と動態の検討
    中井啓; 遠藤圭汰; 吉田文代; 原田聡; 松本孔貴; 熊田博明; ...
    QST高崎サイエンスフェスタ2020/2020-12-8--2020-12-9
  • Boron analysis and imaging of cells with 2-hr BPA exposure by using micro-proton particle-induced gamma-ray emission (PIGE)
    K Nakai; K Endo; F Yoshida; M Koka; N Yamada; T Satoh; Ts...
    18th International Congress on Neutron Capture Therapy (ICNCT)/2018-10-28--2018-11-2
  • Evaluation of the characteristics of the neutron beam of a linac-based neutron source for boron neutron capture therapy
    Kumada Hiroaki; Takada Kenta; Tanaka Susumu; Matsumoto Yo...
    18th International Congress on Neutron Capture Therapy (ICNCT)/2018-10-28--2018-11-02
  • フェニルボロン酸修飾高分子ナノ粒子はシアル酸過剰発現B16メラノーマに対して優れたBNCT治療効果を発揮する
    松本孔貴; 金雅覽; 鈴木実; 福光延吉; 櫻井 英幸
    日本放射線影響学会第63回大会/2020-10-15--2020-10-16
  • In vivo evaluation of a phenylboronic acid-installed, actively targeted novel BNCT agent against melanoma-bearing mouse model
    Matsumoto Y; Kim A; Fukumitsu N; Suzuki M; Nagasaki Y; Sa...
    PTCOG online meeting 2020/2020-9-13--2020-9-14
  • Skin and mucosal reaction of reactor based BNCT
    Nakai K; Aihara T; Yamamoto T; Kumada H; Matsumoto Y; Mat...
    PTCOG online meeting 2020/2020-9-13--2020-9-14
  • Folate-appended cyclodextrin improves the intratumoral accumulation of existing boron compounds
    Matsumoto Yoshitaka; Hattori Kenjiro; Arima Hidetoshi; Mo...
    18th International Congress on Neutron Capture Therapy (ICNCT)/2018-10-28--2018-11-02
  • Evaluation of a phenylboronic acid-decorated, sialic acid-targeting novel BNCT agent against B16 melanoma-bearing mouse model
    Y Matsumoto; K Ahram; N Fukumitsu; M Suzuki; Y Nagasaki; ...
    YBNCT to Helsinki 2019(FINISH SOCIETY FOR NEUTRON CAPTURE THERAPY Offers to organize the 10th YBNCT meeting)/2019-9-26--2019-9-26
  • Evaluation of phenylboronic acid-installed polymeric nanoparticle as an actively targeted BNCT agent against a syngeneic melanoma model
    Y Matsumoto; K Ahram; M Suzuki; N Fukumitsu; Y Nagasaki; ...
    第22回菅原・大西記念 癌治療増感研究シンポジウム/2020-02-08--2020-02-08
  • Evaluation of a phenylboronic acid-decorated,sialic acid-targeting novel BNCT agent against B16 melanoma-bearing mouse model
    松本 孔貴; 金 雅覽; 福光 延吉; 鈴木 実; 長崎 幸夫; 櫻井 英幸
    第62回日本放射線影響学会/2019-11-15--2019-11-15
  • 温水還流加温と比較して、低出力温熱治療(オンコサーミア)は効率的な殺細胞効果と放射線増感効果を示す
    松本 孔貴; 菅原 裕; 関野 雄太; 福光 延吉; 石川 仁; 櫻井 英幸
    第22回菅原・大西記念 癌治療増感研究シンポジウム/2020-02-08--2020-02-09
  • In vivo evaluation of a phenylboronic acid-installed, actively targeted novel BNCT agent against melanoma-bearing mouse model
    Matsumoto Yoshitaka; Kim Ahram; Fukumitsu Nobuyoshi; Suzu...
    10th Young Researchers BNCT Meeting/2019-09-28--2019-09-28
  • Evaluation of phenylboronic acid-installed polymeric nanoparticle as an actively targeted BNCT agent against a syngeneic melanoma model
    KIM Ahram; SUZUKI Minoru; MATSUMOTO Yoshitaka; FUKUMITSU ...
    第41回日本バイオマテリアル学会大会/2019-11-26--2019-11-26
  • フェニルボロン酸を有する分子標的型新規BNCT製 剤のB16メラノーマ担癌マウスモデルに於ける評価
    金 雅 覽; 鈴木 実; 松本 孔貴; 福光 延吉; 長崎 幸夫
    第68回高分子討論会/2019-09-26--2019-09-26
  • In vivo evaluation of a phenylboronic acid-installed, activity targeted novel BNCT agent against B16 melanoma-bearing mouse model
    Yoshitaka Matsumoto; K Ahram; N Fukumitsu; M Suzuki; Y Na...
    3rd NTU-UT Radiation Oncology Joint Symposium(2019)/2019-12-7--2019-12-7
  • A new approach utilizing radiation-induced immune response in cancer therapy
    石川 仁; 松本 孔貴; 高橋 昭久; 吉田 由香里; 櫻井 英幸
    第62回日本放射線影響学会/2019-11-14--2019-11-16
  • Development status of the iBNCT device as a linac-based neutron source of the University of Tsukuba
    Kumada H; Takada K; Matsumoto Y; Tanaka S; Nito F; Kuriha...
    YBNCT to Helsinki 2019 (FINNISH SOCIETY FOR NEUTRON CAPTURE THERAPY Offers to organize the 10th YBNCT meeting)/2019-09-26--2019-09-29
  • Study on Application of BNCT to skin malignant melanoma in Japan
    Nakai Kei; Kumada H; Matsumoto Y; Matsumura A; Sakurai H
    YBNCT to Helsinki 2019/2019-09-26--2019-09-27
  • マイクロビームPIGEを用いた細胞内外ホウ素分布測定の試み Nal検出器とHPGeの検出器の比較
    中井啓; 吉田文代; 松村明; 江夏昌志; 山田尚文; 山縣諒平; ...
    第16回日本中性子捕捉療法学会学術大会/2019-09-07--2019-09-08
  • DOSE-RATE AND CELL-KILLING SENSITIVITY OF HIGH-LINEAR ENERGY TRANSFER ION BEAM
    Furusawa Y.; Matsumoto Y.; Hirayama R.; Ohsawa D.; Konish...
    17th International Symposium on Microdosimetry (MICROS)/2017-11-05--2017-11-10
Teaching
2018-02 -- 2018-02IAEA training course (Radiation biology)Proton Medical Research Center, University of Tsukuba Hospital
2018-02 -- 2018-02平成29年度秋学期テュートリアル・テューター(M2内分泌代謝系2)筑波大学
2017-10 -- 2017-11わかりやすい放射線生物学筑波大学
2017-07 -- 2017-07Radiobiology of Heavy-Ion BeamsIbaraki Prefectural University of Health Sciences
2018-04 -- 2018-07RadiobiologyChuoh College of medical Technology
2018-10 -- 2019-02放射線健康リスク管理学University of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02放射線災害医療学University of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08放射線健康リスク管理学University of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08放射線災害医療学University of Tsukuba.
2017-12 -- 2017-12平成29年度秋学期テュートリアル・テューター(M3腫瘍学総論)筑波大学・医学医療系
Other educational activities
2018-02 -- 2018-02試験監督(M3機能・構造と病態II #14社会医学)筑波大学
2017-04 -- 2018-03学部生の研究指導筑波大学・医学医療系・放射線腫瘍科
2017-10 -- 2017-10試験監督(M6#17総括試験)筑波大学・医学医療系
2017-09 -- 2017-09リソースパーソン(M2#4臨床医学の基礎の放射線生物学分野)筑波大学・医学医療系
2017-08 -- 2017-08試験監督(前期末試験(放射線生物学))Chuo College of Medical Technology
2017-04 -- 2018-03博士課程大学院生の研究指導筑波大学・医学医療系・放射線腫瘍科
2017-04 -- 2018-03博士課程大学院生の研究指導筑波大学・医学医療系・放射線腫瘍科
2017-04 -- 2018-03博士課程大学院生の研究指導筑波大学・医学医療系・放射線腫瘍科
2016-12 -- 2017-03新医科学専攻(医学類)の学生指導University of Tsukuba
2016-12 -- 2016-12試験監督(秋AB期末試験(化学))筑波大学・医学医療系
Talks
  • 放射線の人体への影響
    Matsumoto Yoshitaka
    筑波放射線安全交流会・放射線安全教育/2016-05-31--2016-05-31
  • 粒子線治療の現状と将来
    Matsumoto Yoshitaka
    茨城県立医療大学コロキュウム/2015-05-20--2015-05-20
  • 粒子線治療の進歩と現状
    Matsumoto Yoshitaka
    茨城県立医療大学コロキュウム/2017-07-14--2017-07-14
  • 重粒子線の放射線生物学
    Matsumoto Yoshitaka
    茨城県立医療大学コロキュウム/2016-07-15--2016-07-15
Professional activities
2018-07 -- (current)京都大学複合原子力科学研究所共同利用研究委員会/委員
2017-10 -- (current)Japanese Society for Thermal Medicineホームページ担当/副担当
2017-09 -- (current)Japanese Society for Thermal Medicine規約検討委員会/委員
2017-02 -- 2018-03International Society of Radiation Neurobiology第8回国際放射線神経生物学会大会 事務局長
2016-04 -- 2017-03International Association for the Sensitization of Cancer Treatment第18回癌治療増感研究シンポジウム 事務局長兼プログラム委員長
2017-01 -- 2017-12Young Radiation Biologists' Association of JapanSub-steering committee
2016-01 -- 2016-12Young Radiation Biologists' Association of JapanSub-steering committee
2014-01 -- 2014-12Young Radiation Biologists' Association of JapanSteering committee (workshop)
2013-01 -- 2013-12Young Radiation Biologists' Association of JapanPresident
2012-07 -- 2013-03名古屋陽子線治療センター生物検討委員
University Management
2018-04 -- 2019-03筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターエックス線作業主任者
2018-04 -- 2019-03筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターX線管理責任者
2017-04 -- 2018-03筑波大学医学安全管理小委員会委員
2017-04 -- 2018-03筑波大学中性子医学研究開発室安全管理委員会放射線管理責任者
2017-04 -- 2018-03筑波大学中性子医学研究開発室安全管理委員会RI使用施設責任者
2017-04 -- 2018-03筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターエックス線作業主任者
2017-04 -- 2018-03筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターX線管理責任者
2016-04 -- 2017-03筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターエックス線作業主任者
2016-04 -- 2017-03筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターX線管理責任者
2016-04 -- 2017-03筑波大学医学安全管理小委員会委員
Other activities
2017-02 -- 2018-03支援業務:放射線生物学教授坪井康次先生を大会長として開催したISRN2018において,事務局長として大会開催に関わる業務全般の取りまとめを行った。具体的には,シンポジストの推薦・招待,一般演題の呼びかけ,参加者名簿の管理,懇親会・軽食・飲食物の準備,開催後の会計報告等を行った。
2017-10 -- 2017-10施設管理業務:2016年度10月22日,23日の全学停電に伴う実験機器の仮設電源への接続等を含め,以下の対応を行った。 ・停電対応マニュアルを作成し,責任者だけでなくユーザ全員への対応内容の周知を行った。 ・停電当日,ディープフリーザへの電源供給不足による緊急対応を行った。 ・次回に向け,ヒヤリハット,対応事項の共有を行った。
2017-04 -- 2018-03線量校正業務:X線作業主任者,X線管理責任者として,陽子線医学利用研究センター内X線発生装置の線量校正業務を4半期に1回(年4回)を実施した。
2017-04 -- 2018-03機器点検:保守業務:陽子線センター生物実験室改善プロジェクトとして、生物実験室(陽子線センター201及び201,E棟501)をユーザが効率的かつ快適に実験を行う事ができるよう以下の活動を実施した。 ・実験器具(ピペットマン,ピペットエイド,吸引器等)の月1回の品質管理,校正業務とその記録管理(必要に応じて修理対応)(年12回) ・実験機器(インキュベータ、クリーンベンチ、ウォーターバス、実体顕微鏡,蛍光顕微鏡,細胞計数装置等)の半年に1回の品質管理,校正業務とその記録管理 ・毒劇物等の使用・保管管理(年2回) ・新しく実験室を使用するユーザへの使用前教育訓練(年4回)
2017-04 -- 2018-03QC・QA業務:筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター内生物実験室(201,202)、E棟生物実験室(501),いばらき中性子医療研究センター内生物実験室の共通利用機器に関して,月1回のQC・QAを行った。
2017-11 -- 2017-12京都大学原子炉実験所共同利用におけるの中性子捕捉療法分野の申請課題を査読審査するレフェリーへの着任を依頼され受諾した。2017年12月15日までに6件の課題について査読審査を行った。
2017-09 -- 2017-09施設使用者(担当者)として、医学E棟504(研究室)および510(実験室)の職場巡視に対応した。
2016-04 -- 2017-03線量校正業務:X線作業主任者,X線管理責任者として,陽子線医学利用研究センター内X線発生装置の線量校正業務を4半期に1回(年4回)を実施した。
2016-04 -- 2017-03QC・QA業務:陽子線医学利用研究センター内生物実験室(201,202),E棟生物実験室(501),いばらき中性子医療研究センター内生物実験室の共通利用機器に関して,月1回のQC・QAを行った。
2016-04 -- 2017-03機器点検:保守業務:陽子線センター生物実験室改善プロジェクトとして、生物実験室(陽子線センター201及び201,E棟501)をユーザが効率的かつ快適に実験を行う事ができるよう以下の活動を実施した。 ・実験器具(ピペットマン,ピペットエイド,吸引器等)の月1回の品質管理,校正業務とその記録管理(必要に応じて修理対応)(年12回) ・実験機器(インキュベータ、クリーンベンチ、ウォーターバス、実体顕微鏡,蛍光顕微鏡,細胞計数装置等)の半年に1回の品質管理,校正業務とその記録管理 ・毒劇物等の使用・保管管理(年2回) ・新しく実験室を使用するユーザへの使用前教育訓練(年4回)

(Last updated: 2021-04-22)