You are here

Akiyama Masahiro

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Email
 
Research projects
活性イオウ分子による新たな還元ストレス/レドックス制御機構の解明2018 -- 2019秋山 雅博Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists4,160,000Yen
メチル水銀感受性を制御する生体内活性イオウ分子の実態解明2016 -- 2017秋山 雅博Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,030,000Yen
Degree
2014/11/30博士(医学)筑波大学
Academic societies
2019-04 -- (current)THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY
2016-04 -- (current)SOCIETY FOR FREE RADICAL RESEARCH JAPAN
2015-04 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY
Honors & Awards
2017-12若手研究奨励賞
2016-08-26第10回櫻井賞
2016-12-26若手研究奨励賞
Articles
Conference, etc.
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子性重金属毒性を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2018/2018-11
  • 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第91回日本生化学会大会/2018-09
  • Persulfides and Polysulfides as Phytochemicals to Detoxify MeHg
    Abiko Y; Y Katayama; M Akiyama; Kumagai Yoshito
    The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology/2018-06
  • Nrf2およびCSE は環境中親電子物質によるマウス肝細胞毒性の抑制に必須である.
    鵜木隆光; 秋山雅博; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice.
    Akiyama Masahiro; Unoki Takamitsu; Shinkai Yasuhiro; I Is...
    Gordon Research Conference/2019-02
  • 活性イオウ分子によるカドミウムのイオウ付加体の生成を介した毒性防御
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 熊谷 嘉人
    生理学研究所 研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」/2018-04
  • The capture of cadmium by reactive polysulfides attenuates cadmium-induced hepatotoxicity
    新開 泰弘; 秋山 雅博; 鵜木 隆光; 石井 功; 熊谷 嘉人
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • Reactive sulfur species: protective role against electrophilic stress and reductive stress mediated by its intracellular excess accumulation
    秋山 雅博; 鵜木 隆光; 蕨 栄治; 新開 泰弘; 石井 功; 赤池 ...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • Per/polysulfides as phytochemicals to detoxify methylmercury
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
  • Reactive sulfur species included in food plants can detoxify the toxicity of Methylmercury
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2018
  • Role of reactive sulfur species in regulation of health risk of methylmercury
    秋山 雅博; 外山 喬士; 吉田 映子; 鵜木 隆光; 安孫子 ユミ; ...
    日本毒性学会学術年会/2016
  • Hexane extract of garlic diminishes methylmercury toxicity through formation of bismethylmercury sulfide, a detoxificated metabolite of methylmercury
    Yunjie DING; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
  • Per/polysulfides as phytochemicals to detoxify methylmercury
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
  • Role of CSE in acrylamide neurotoxicity in mice
    秋山 雅博; 安孫子 ユミ; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
  • マウスにおけるアクリルアミドの神経毒性に対する活性イオウ分子の役割
    秋山雅博; 安孫子ユミ; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • カドミウムによるHSP90の化学修飾を介する転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御
    鵜木隆光; 新開泰弘; 増田章; 秋山雅博; Xian Ming; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 活性イオウ分子を介したカドミウムの肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • メチル水銀を低毒性化する食用植物中生理活性物質としてのper/polysulfides
    片山優助; 安孫子ユミ; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ビスメチル水銀スルフィドの生成を介したニンニクのヘキサン抽出成分によるメチル水銀の毒性軽減
    Yunjie DING; 安孫子ユミ; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • マウスにおけるアクリルアミドの神経毒性に対するCSEの役割
    秋山雅博; 安孫子 ユミ; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • カドミウムによるHSP90の化学修飾を介した転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御
    鵜木隆光; 新開泰弘; 増田章; 秋山雅博; Ming XIAN; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性および生体応答の制御
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • 活性イオウ分子はカドミウムの不活性化を介して生体応答および肝毒性の惹起を負に制御する
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー/2017-09
Teaching
2019-10 -- 2019-12Research and Development for Agro-Biomedical Science IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Agro-Biomedical Science Laboratory Seminar IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Basic ToxicologyUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2018-12Agro-Biomedical Science Laboratory Seminar IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2018-12Basic ToxicologyUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2019-11-29)