You are here

Yamamoto Hidehiro

face
Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Associate Professor
Research fields
Sociology
Research keywords
政治的不平等
政治社会学
市民社会
社会運動
利益団体
政治参加
計量社会学
社会調査
Research projects
日本とアジアにおけるローカルガバナンス(国家・市民社会関係)の比較実証研究2016-04 -- (current)辻中豊Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 基盤研究(A)
グローバル化時代のエリートと対抗エリートの平等観と政策ネットワークの変容2017-04 -- (current)竹中佳彦Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 基盤研究(A)
政治的忌避態度の形成プロセスに関する国際比較研究2015-04 -- 2018-03山本英弘JSPS/科学研究費補助金 基盤研究(C)
世界の社会学における日本の社会学の位置とその可能性の研究-世界社会学会議の場合2014-04 -- 2017-03矢澤修次郎Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 基盤研究(B)
市民参加に対するイメージと参加行動――国際比較調査による検討2011-04 -- 2015-03山本英弘JSPS/科学研究費補助金 若手研究(B)
政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究2010-04 -- 2015-03辻中豊Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 基盤研究(S)
廃棄物政策と地域コミュニティの資源管理――山形市のゴミ有料化政策を事例として2010-11 -- 2011-10山本英弘生協総合研究所/生協総研賞・助成事業
グローバルイベントに対する市民意識と市民参加型ガバナンスの可能性2008-04 -- 2009-03西城戸誠日本証券奨学財団調査研究助成金/
グローバルイベントによる市民参加型ガバナンスの形成-北海道洞爺湖サミットを例に-2008-04 -- 2009-03西城戸誠カシオ科学振興財団研究助成金/
ポスト55年体制における政治変動と社会運動の変容に関する実証的研究2008-04 -- 2010-03山本英弘Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 若手研究(B)
Career history
2018-10 -- (current)筑波大学 人文社会系 准教授
2015-04 -- 2018-09山形大学 学術研究院 准教授
2012-10 -- 2015-03山形大学 地域教育文化学部 准教授
2010-03 -- 2012-09山形大学 地域教育文化学部 講師
2006-04 -- 2010-02筑波大学大学院 人文社会科学研究科  研究員
2003-04 -- 2006-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
Academic background
2000-04 -- 2003-03東北大学大学院 文学研究科人間科学専攻 博士後期の3年の課程Completed
1998-04 -- 2000-03東北大学大学院 文学研究科人間科学専攻 博士前期の2年の課程Completed
1994-04 -- 1998-03東北大学 文学部 社会学科Graduated
Degree
2003-03博士(文学)東北大学
2000-03修士(文学)東北大学
Licenses and qualifications
2004-09専門社会調査士
Academic societies
2020 -- (current)International Political Science Association
2019 -- (current)East Asian Sociological Association
2009 -- (current)International Sociological Association
2007 -- (current)PUBLIC POLICY STUDIES ASSOCIATION, JAPAN
2006 -- (current)Japanese Political Science Association
2005 -- (current)JAPANSE ASSOCIATION OF ELECTION STUDIES
2000-05 -- (current)THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
2000-03 -- (current)Japanese Association for Mathematical Sociology
Honors & Awards
2018-03日本NPO学会林雄二郎賞『市民社会論』に対して
2010-03日本NPO学会優秀賞『現代日本の自治会・町内会』に対して
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
  • イラク戦争抗議デモ参加者の諸相――質問紙調査に基づく分析から
    山本 英弘
    社会学年報/34/pp.183-203, 2005-07
  • 参加理由からみるイラク戦争抗議運動――質問紙調査における自由回答の分析から
    山本 英弘
    社会学研究/77/pp.125-147, 2005-07
  • 社会運動研究から政治参加研究へ――合理的選択理論に基づく社会運動参加研究の再検討
    山本 英弘
    『社会学研究』55/76/p.73, 2004-11
  • 政治的機会構造論再考――期待効用モデルによる考察
    山本 英弘
    社会学年報/31/pp.139-157, 2002-07
  • 社会運動戦術の規定因――社会運動のイベント分析による探求
    山本 英弘
    社会学研究/71/pp.129-148, 2002-06
  • 社会運動の動態と政治的機会構造――宮城県における社会運動イベントの計量分析, 1986-1997
    山本 英弘; 渡邊勉
    社会学評論/52(1), 2001-06
  • 社会運動イベントデータ作成の方法と課題
    山本 英弘; 渡邊勉
    社会学研究/69, 2001-06
Other articles
  • Policy Preference of Interest Groups in the Age of Neoliberalism
    山本 英弘
    Japanese journal of electoral studies/pp.90-102, 2019-07
  • Advancing Research on Reducing Inequality: the University of Tsukuba Initiative
    Yamamoto Hidehiro; Kaigo Muneo
    IAU Horizons 24(1)/pp.29-30, 2019-04
  • 社会運動と議会制民主主義
    山本 英弘
    『法律時報』90(5)/pp.4-9, 2018-05
  • 団体の設立からみるサードセクターの構成と変容
    山本 英弘
    『RIETI Discussion Paper Series』17-J-065, 2017-10
  • 社会運動へのアプローチ
    山本 英弘
    『社会学理論応用事典』/pp.618-619, 2017-09
  • 地方政治における政治的機会構造とロビイング――マルチレベル分析による検証」
    山本 英弘
    『山形大学紀要(社会科学)』48(1)/pp.1-17, 2017-07
  • 社会運動を許容する政治文化の可能性-ブール代数分析を用いた国際比較による検討-
    山本 英弘
    『山形大学紀要(社会科学)』47(2)/pp.1-19, 2017-03
  • 政治的社会化からみた主権者教育
    山本 英弘
    『山形大学紀要(教育科学)』16(4)/pp.255-274, 2017-03
  • 書評 田辺俊介編著『民主主義の「危機」-国際比較調査から見る市民意識-
    山本 英弘
    『理論と方法』31(1)/p.203, 2016-09
  • 活動目的からみる市民社会組織の諸類型-質問紙調査に基づく経験的検討-
    山本 英弘
    『山形大学紀要(社会科学)』46(1)/pp.63-90, 2016-07
  • 社会運動は怖いのか?-社会運動に対する態度を捉えるための試論-
    山本 英弘
    『山形大学紀要(社会科学)』47(1)/pp.1-19, 2016-07
  • 初学者に対する数理社会学教育の意義と課題
    山本 英弘
    『理論と方法』29(1)/pp.131-136, 2014-05
  • ロビイング戦術の階層構造
    山本 英弘
    The Annuals of Japanese Political Science Association/pp.181-202, 2012-12
  • 廃棄物政策と地域コミュニティの資源管理がごみの分別・減量に及ぼす影響
    山本 英弘
    『生協総研賞・第8回助成事業研究論文集』/pp.74-91, 2012-03
  • 「住民基本台帳と選挙人名簿抄本」
    山本 英弘
    金井雅之・小林盾・渡邉大輔編『社会調査の応用』/p.185, 2011-09
  • メガ・イベントによる社会関係資本の蓄積過程-洞爺湖サミットに向けての取り組みを通して-
    山本 英弘; 西城戸誠; 青木聡子; 渡邊勉
    『人間環境論集』11(1)/pp.47-65, 2011-04
  • 書評 ケン・ビンモア著『一冊でわかるゲーム理論』
    山本 英弘
    『理論と方法』26(2)/pp.435-437, 2011-03
  • 利益団体のロビイングと影響力――JIGS調査の2時点間比較分析
    山本 英弘
    Leviathan/pp.44-67, 2009-10
  • 書評 ロバート・ペッカネン著(佐々田博教訳)『日本の市民社会の二重構造』
    山本 英弘
    『理論と方法』23(1)/pp.149-151, 2008-05
  • 日本の市民社会構造と政治参加――自治会、社会団体、NPOの全体像とその政治関与
    山本 英弘; 辻中 豊; 崔宰栄; 三輪博樹; 大友貴史
    Leviathan, 2007-10
  • 戦後東京における社会運動の変容-イッシューリレーションアプローチによるイベント分析-
    山本 英弘; 西城戸誠
    『人間環境論集』7(2)/pp.1-10, 2007-06
  • 書評 シドニー・タロー著(大畑裕嗣監訳)『社会運動の力』
    山本 英弘
    『理論と方法』22(1)/pp.132-133, 2007-04
  • 書評 ジェームズ・コールマン著(久慈利武監訳)『社会理論の基礎』
    山本 英弘
    『社会学研究』81/pp.107-112, 2007-03
  • アンドレアス・フラハ「強い紐帯の合理的な弱さ:合理的エージェントからなる緊密な集団における連帯の失敗」(翻訳)
    山本 英弘
    『理論と方法』21(1)/pp.131-156, 2006-05
  • 市民の『攻防』-イラク戦争抗議運動にみる現代日本社会-
    山本 英弘; 片野洋平; 金谷美紗; 玉置えみ; 野宮大志郎
    『ソフィア』52(3)/pp.297-322, 2004-05
Books
  • 調査の概要
    山本 英弘
    辻中豊編『第四次団体の基礎構造に関する調査(日本・社会団体調査)報告書』, 科学研究費補助金報告書, pp.1-6, 2019-03
  • サードセクター組織の人的資源
    後 房雄; 山本 英弘
    後房雄・坂本治也編『現代日本の市民社会-サードセクター調査による実証分析』, 法律文化社, pp.74-94, 2019-03
  • サードセクター組織の持続と変容
    後 房雄; 山本 英弘; 小田切 康彦
    後房雄・坂本治也編『現代日本の市民社会-サードセクター調査による実証分析』, 法律文化社, pp.117-134, 2019-03
  • 社会運動を受容する政治文化--社会運動に対する態度の国際比較
    山本 英弘
    後房雄・坂本治也編『現代日本の市民社会-サードセクター調査による実証分析』, 法律文化社, pp.226-238, 2019-03
  • 「社会学の国際化に関する調査」結果の概要
    山本 英弘; 矢澤修次郎; 長谷川公一
    矢澤修次郎編『日本の社会学の国際化から日本におけるグローバル(globalized and globalizing)社会学へ』, 科学研究費補助金報告書, pp.5-134, 2018-03
  • 世界の社会学における国際移動のパターン
    山本 英弘
    矢澤修次郎編『日本の社会学の国際化から日本におけるグローバル(globalized and globalizing)社会学へ』, 科学研究費補助金報告書, pp.157-166, 2018-03
  • 日本の社会学における国際化関与の程度
    山本 英弘
    矢澤修次郎編『日本の社会学の国際化から日本におけるグローバル(globalized and globalizing)社会学へ』, 科学研究費補助金報告書, pp.135-147, 2018-03
  • Nuclear Power and the Will of the People,
    Yamamoto Hidehiro
    Aftermath: Fukushima and the 3.11 Earthquake, Trans Pacific Press, pp.171-192, 2017-04
  • 社会運動論――国家に対抗する市民社会
    山本 英弘
    坂本治也編『市民社会論――理論と実証の最前線』, 法律文化社, 2017-03
  • ロビイングと影響力の構造――政権交代前後の持続と変容社会過程における圧力団体
    山本 英弘
    辻中豊編『政治変動期の圧力団体』, 有斐閣, pp.183-210, 2016-12
  • 社会過程における圧力団体――形成・リソース・団体間関係
    山本 英弘
    辻中豊編『政治変動期の圧力団体』, 有斐閣, 2016-12
  • 脱原発と民意のゆくえ――原子力発電をめぐる争点関心のプロセス
    山本 英弘
    辻中豊編『大震災に学ぶ社会科学第1巻 政治過程と政策』, 東洋経済新報社, pp.245-268, 2016-04
  • サミット・プロテストの受容可能性――質問紙調査からみる傍観者の態度
    山本 英弘
    野宮大志郎・西城戸誠編『サミット・プロテスト――グローバル化時代の社会運動』, 新泉社, pp.273-301, 2016-02
  • 団体の組織属性
    山本 英弘; 久保慶明
    辻中豊編『第三次 団体の基礎構造に関する調査(日本・社会団体調査)報告書』, 科学研究費補助金報告書, pp.33-54, 2015-03
  • 民主党政権下における社会団体のロビイングと影響力
    山本 英弘
    辻中豊編『第三次 団体の基礎構造に関する調査(日本・社会団体調査)報告書』, pp.83-97, 2015-03
  • Civil Society in Japan
    Yamamoto Hidehiro; Kawato Yuko; Pekkanen Robert
    James D. Babb ed, "The Sage Handbook of Modern Japanese Studies", Sage, pp.510-555, 2014-12
  • Neighborhood Associations and Local Governance in Japan
    Yamamoto Hidehiro; Pekkanen Robert; Tsujinaka Yutaka
    Routledge, 2014-06
  • 圧力団体の相互関係と影響力
    山本 英弘
    辻中豊編『第4次 団体に関する調査報告書』, 科学研究費補助金報告書, pp.40-53, 2014-03
  • 圧力団体の要求ルートと影響力
    山本 英弘
    辻中豊編『第4次 団体に関する調査報告書』, 科学研究費補助金報告書, pp.83-97, 2014-03
  • 現代日本のNPO政治
    山本 英弘; 辻中 豊; 坂本 治也
    木鐸社, 2012-07
  • ローカル・ガバナンスの中のNPO
    山本 英弘
    現代日本のNPO政治, pp.183-207, 2012-07
  • NPOの価値志向と存在様式
    山本 英弘
    現代日本のNPO政治, 木鐸社, pp.79-107, 2012-07
  • State and Civil Society in Japan
    Yamamoto Hidehiro; Kawato Yuko; Pekkanen Robert
    Gaunder Alisa ed, ”Routledge Handbook of Japanese Politics", Routledge, pp.117-129, 2011-04
  • 日本人の社会運動観―なぜ日本人は社会運動に参加しないのか-
    山本 英弘
    野宮大志郎編『グローバル社会運動の発生と展開』, 科学研究費補助金報告書, pp.141-154, 2011-03
  • NPOのプロフィール
    山本 英弘
    辻中豊・坂本治也・山本英弘編『特定非営利活動法人(NPO)に関する全国調査報告書』, 科学研究費補助金報告書, pp.31-48, 2010-03
Conference, etc.
  • 継続調査データからみる利益団体政治の構造と変容
    山本 英弘
    2019年度日本公共政策学会大会/2019-06-09
  • What Makes People Accept Protest?: International Comparison of Political Culture Based on Factorial Survey
    Yamamoto Hidehiro
    The 1st conference of East Asian Sociological Association/2019-03-08
  • 比較市民社会論に向けて
    山本 英弘
    市民社会サミット2018/2018-12-01
  • Career Mobility and International Activities: An Analysis of the ISA World Congress Participants in Yokohama
    Yamamoto Hidehiro; Kanai Masayuki; Shinohara Chica
    XIX International Sociological Association World Congress of Sociology/2018-07-16
  • The Position of Japan and East Asia in World Sociology: Investigation into Academic Mobility and Involvement in International Research Activity
    Yamamoto Hidehiro
    Internationalization of Sociology, Looking for the Common Ground of East Asian Society and Sociology: Global Meets Local and Regional/2017-05-16
  • 社会学の国際化に関する研究(3):国際的研究活動関与の諸類型
    山本 英弘
    第89回日本社会学会大会/2016-10
  • The Pattern of the International Mobility in World Sociology
    Yamamoto Hidehiro
    The 13th East Asian Sociologists Network/2015-11-18
  • What Means of Protests are Allowed?: International Comparison of Protest Norms among Japan, South Korea, and Germany
    Yamamoto Hidehiro
    The 13th East Asian Sociologists Network/2015-11-18
  • 社会運動に対する許容度の規定因
    山本 英弘
    2014年度日本政治学会大会/2014-11
  • 社会運動に対する態度と参加許容度:日本・韓国・ドイツの比較分析
    山本 英弘
    第58回数理社会学会大会/2014-09
  • 社会運動に対する態度の諸類型
    山本 英弘
    第57回数理社会学会大会/2014-03
  • How Did the Citizens React Anti-G8 Movements?: Analysis Based on Sapporo Citizens' Survey
    Yamamoto Hidehiro
    XVⅡ International Sociological Association World Congress of Sociology/2012-07-18
  • 日本人はなぜ社会運動に参加しないのか-運動に対するイメージからの探究-
    山本 英弘
    東北社会学会研究例会/2012-02
  • 廃棄物政策と地域コミュニティの資源管理がごみの分別・減量に及ぼす影響
    山本 英弘
    生協総研賞・第8回助成事業研究報告会/2012-02
  • A Japanese View of Social Movements: Why do Japanese People Refrain from Participating in Social Movements?
    Yamamoto Hidehiro
    The 8th East Asian Sociologists Network/2010-10-30
  • 日本人の社会運動観-日本人はなぜ社会運動に参加しないのか-
    山本 英弘
    第50回数理社会学会大会/2010-09
  • 日本の市民社会における町内会・自治会
    山本 英弘
    市民社会フォーラム/2010-05
  • 利益団体のロビー活動-戦術の多様性と政治的機会構造-
    山本 英弘
    2009年度日本政治学会大会/2009-10
  • グローバルイベントと市民社会(1)-洞爺湖サミットに対する住民の参加と評価-
    山本 英弘; 渡邊 勉; 青木 聡子; 西城戸 誠 
    第82回日本社会学会大会/2009-10
  • グローバルイベントと市民社会(2)-洞爺湖サミットに対する社会運動と市民の反応-
    山本 英弘; 渡邊勉; 青木聡子; 西城戸誠
    第82回日本社会学会大会/2009-10
  • 社会運動に対する市民の受容-洞爺湖サミットに対するグローバルな運動を事例として-
    山本 英弘
    第27回日本都市社会学会大会/2009-09
  • 洞爺湖サミットと市民の反応(1)―サミットに至る経緯―
    山本 英弘
    第56回東北社会学会大会/2009-07
  • グローバルイベントによる地域社会への影響とローカル・ガバナンス-北海道洞爺湖サミットを事例にして-
    山本 英弘
    第34回地域社会学会大会/2009-05
  • 近隣住民組織の社会サービス活動
    山本 英弘
    第81回日本社会学会大会/2008-10
  • 近隣住民組織による行政へのはたらきかけ―自治会・町内会全国調査の分析-
    山本 英弘
    日本公共政策学会2008年度研究大会/2008-06
Teaching
2019-10 -- 2019-12Civil Society and Politics in Japan 4BUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Civil Society and Politics in Japan 2BUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Civil Society and Politics for Global Harmony 4BUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-06Civil Society and Politics in Japan 4AUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-06Civil Society and Politics for Global Harmony 2AUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-06Civil Society and Politics in Japan 2AUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Civil Society and Politics for Global Harmony 2BUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-06Civil Society and Politics for Global Harmony 4AUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2014-03 -- 2014-03Japanese Association for Mathematical Sociology第57回大会委員長
2013-10 -- 2015-10TOHOKU SOCIOLOGICAL ASSOCIATION『社会学研究』編集委員
2013-04 -- 2016-03Japanese Association for Mathematical Sociology『理論と方法』編集委員
2012-07 -- 2012-07THE TOHOKU SOCIOLOGICAL SOCIETY第59回大会委員長
2011-08 -- 2012-07THE TOHOKU SOCIOLOGICAL SOCIETY理事(開催校担当)
2005-06 -- 2005-06Japanese Association for Mathematical Sociology日米合同会議事務局
2001-10 -- 2003-03THE TOHOKU SOCIOLOGICAL SOCIETY『社会学年報』編集委員
University Management
2019-04 -- (current)人文社会系研究推進室委員
2019-04 -- (current)地球規模課題学位プログラム(BPGI)運営委員会運営委員
2018-10 -- (current)人文社会国際比較研究機構(ICR)運営委員会運営委員
Other activities
2020-01 -- (current)常総市情報公開・個人情報保護審査委員会委員
2013-12 -- 2018-03経済産業研究所「官民関係の自由主義的改革とサードセクターの再構築に関する調査研究」研究会メンバー
2010-07 -- 2014-03経済産業研究所「日本におけるサードセクターの全体像とその経営実態に関する調査研究」研究会メンバー

(Last updated: 2020-03-02)