You are here

Tang Li

Affiliation
Faculty of Human Sciences
Official title
Junior Assistant Professor
Research fields
Educational psychology
Research keywords
motivation, self-regulation
Academic societies
2016 -- (current)Japan Society of Personality Psychology
2016 -- (current)Japan Society of Developmental Psychology
2014 -- (current)The Japanese Association of Educational Psychology
2014 -- (current)The Japanese Psychological Association
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
  • 防止焦点は本当に創造性を低下させるのか
    外山美樹・長峯聖人・湯 立・肖 雨知・三和秀平・相川 充
    日本心理学研究/91/p.印刷中, 2020
  • 大学生における動機づけ調整方略が動機づけ傾向としての興味に及ぼす影響―動機づけの低下状況に着目して―
    湯 立・外山美樹
    日本パーソナリティ研究/28/p.印刷中, 2020
  • 産出物の制約が創造的パフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立・外山美樹・長峯聖人・三和秀平・相川 充
    日本ソーシャルモチベーション研究/10/p.印刷中, 2020
  • 大学運動部活動における部員の自律的動機づけが部活動への適応感に及ぼす影響―主将のリーダーシップを調整変数として―
    外山美樹・湯 立
    日本教育心理学研究/67/pp.175-189, 2019
  • 制御焦点とライバル関係との関連―ライバルによる理想自己の顕在化と動機づけの生起を考慮して―
    長峯聖人・外山美樹・三和秀平・湯 立・相川 充
    日本教育心理学研究/67/pp.162-174, 2019
  • 防止焦点は認知資源の温存効果に優れているのか?
    外山美樹・湯 立・長峯聖人・三和秀平・相川 充
    日本心理学研究/90/pp.242-251, 2019
  • 動機づけ理論に基づく動機づけ調整方略尺度の作成
    湯 立・外山美樹
    日本パーソナリティ研究/28/pp.182-185, 2019
  • 制御焦点がパフォーマンスに及ぼす影響―学習性無力感パラダイムを用いた実験的検討―
    外山美樹・湯 立・長峯聖人・黒住 嶺・三和秀平・相川 充
    日本教育心理学研究/66/pp.287-299, 2018
  • 制御焦点が対象の価値に及ぼす影響の検討―情報提示条件を調整変数として―
    長峯聖人・外山美樹・湯 立・三和秀平・相川 充
    日本ソーシャルモチベーション研究/9/pp.2-11, 2018
  • 制御適合がメッセージの評価に及ぼす影響の検討―熟知性に着目して―
    長峯聖人・外山美樹・湯 立・三和秀平・黒住 嶺・ 相川 充
    日本心理学研究/88/pp.587-593, 2018
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響―制御焦点を調整変数として―
    外山美樹・湯 立・長峯聖人・三和秀平・相川 充
    日本教育心理学研究/65/pp.321-332, 2017
  • 制御焦点が学業パフォーマンスに及ぼす影響―制御適合の観点から―
    外山美樹・長峯聖人・湯 立・三和秀平・黒住 嶺・相川充
    日本教育心理学研究/65/pp.477-488, 2017
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?―制御適合の種類別の検討―
    外山美樹・長峯聖人・湯 立・三和秀平・黒住 嶺・相川 充
    日本心理学研究/88/pp.274-280, 2017
  • 制御焦点の違いが上方比較後の動機づけおよびパフォーマンスに与える影響
    三和秀平・外山美樹・長峯聖人・湯 立・相川充
    日本教育心理学研究/65/pp.489-500, 2017
  • 大学生における専攻している分野への興味の変化様態―大学生用学習分野への興味尺度を作成して―
    湯 立・外山美樹
    日本教育心理学研究/64/pp.212-227, 2016
Other articles
  • 欲求支援行動が課題学習へのエンゲージメントに及ぼす影響―制御焦点に着目して―
    肖 雨知・外山美樹・長峯聖人・三和秀平・湯 立・相川 充
    教育テスト研究センター年報/4/pp.45-47, 2019
  • 基本的心理欲求支援が欲求充足を介して友人関係評価に及ぼす影響―制御焦点に着目して―
    三和秀平・外山美樹・長峯聖人・湯 立・肖 雨知・相川 充
    教育テスト研究センター年報/4/pp.41-44, 2019
  • 制御焦点がパフォーマンスに及ぼす影響―目標達成の観点から―
    外山美樹・長峯聖人・湯 立・肖 雨知・三和秀平・相川 充
    教育テスト研究センター年報/4/pp.1-10, 2019
  • 防止焦点は認知資源の温存効果に優れているのか?
    外山美樹・湯 立・長峯聖人・三和秀平・相川 充
    日本心理学研究/90/pp.242-251, 2019
  • 制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?
    三和秀平・外山美樹・長峯聖人・湯 立・黒住 嶺・相川 充
    教育テスト研究センター年報/3/pp.22-24, 2018
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか―小学生を対象として―
    三和秀平・外山美樹・長峯聖人・湯 立・黒住 嶺・相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.41-43, 2017
  • 制御焦点と上方比較後の感情・動機づけ・パフォーマンスとの関連―同化と対比に着目して―
    三和秀平・外山美樹・長峯聖人・湯 立・相川 充
    教育テスト研究センター年報/1/pp.37-39, 2016
  • 2つの制御焦点が対象の価値に及ぼす影響の検討―情報提示条件に着目して―
    長峯聖人・外山美樹・湯 立・三和秀平・相川 充
    教育テスト研究センター年報/1/pp.34-36, 2016
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?―制御適合の種類とパフォーマンスのタイプ別の検討―
    外山美樹・長峯聖人・湯立・三和秀平・相川充
    教育テスト研究センター年報/1/pp.22-24, 2016
  • 学業領域における制御焦点尺度の作成―信頼性・妥当性の検討―
    外山美樹・湯 立
    筑波大学心理学研究/52/pp.19-24, 2016
  • 拡散的思考課題における産出物のカテゴリー制約がパフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立・黒住 嶺・外山美樹・長峯聖人・三和秀平・相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.38-34, 2017
  • 大学生における専攻分野への学習興味と専攻分野に対する価値認識との関連―大学生用学習分野価値尺度を作成して―
    湯 立・外山美樹
    筑波大学心理学研究/52/pp.7-17, 2016

(Last updated: 2020-02-09)