Okura Sae

Affiliation
Institute of Humanities and Social Sciences
Official title
Assistant Professor
ORCID
0000-0003-3355-6593
URL
Email
/@<FC2]D26]8?Tc_F]EDF<F32]24];A
Research fields
Politics
Research keywords
Political Process
Political Participation
Gender Studies
Civil Society Studies
Research projects
障害者政策の変化と規定要因の包括的解明:戦後日本を対象とした実証分析2024-04 -- 2027-03Sae OkuraJapan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)3,500,000Yen
「地方議会版ジェンダー評価ツールキット」の開発による議会評価と平等メカニズムの解明2023-10 -- 2026-09Sae OkuraNomura Foundation/「女性が輝く社会の実現」をテーマにした研究助成2,680,000Yen
マイノリティ団体が政治的影響力を行使する条件:現代日本を事例とした実証分析2020-04 -- 2024-03Sae OkuraJapan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Early-Career Scientists2,080,000Yen
現代日本における平等をめぐる政策観の実証研究:市民とエリートとの相互作用2022-04 -- 2027-03竹中 佳彦/Grant-in-Aid for Scientific Research(A)
Japanese Women's Movements in Digital Era2022-11 -- 2022-11Sae OkuraJapan NPO Research Association/2022 年度若手研究者への国際学会参加支援助成金
The rise of feminism or the era of backlash?: Exploratory analysis using survey data for elites and citizens in Japan2021-07 -- 2021-07Sae OkuraJapan NPO Research Association/2021 年度若手研究者への国際学会参加支援助成金
女性団体の活動・資源に関する包括的実態調査:ジェンダー・ギャップの解消に向けて2021-10 -- 2024-09Mari MiuraNomura Foundation/「女性が輝く社会の実現」をテーマにした研究助成
Japanese Elite's Idea of Equality and Change of Policy Network in the Global Age2017-04 -- 2022-03Yoshihiko TakenakaJapanese Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(A)39,910,000Yen
男女共同参画の政治過程の政治学的再検討―リベラル・フェミニズムの問題に着目して2020-04 -- (current)武田宏子Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/科学研究費補助金(基盤研究B)14,300,000Yen
機会と結果の政治的不平等に関する総合的実証研究:政治的不平等生成メカニズムの解明2020-04 -- (current)Hidehiro YamamotoMinistry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/科学研究費補助金(基盤研究A)44,330,000Yen
more...
Career history
2020-03 -- (current)University of TsukubaFaculty of Humanities and Social SciencesAssistant Professor
2020-04 -- (current)Japan Women's University家政学部家政経済学科an adjunct instructor
2017-04 -- 2020-03Mie UniversityFaculty of Humanities, Law and EconomicsAssistant Professor
2016-04 -- 2017-03University of TsukubaFaculty of Humanities and Social SciencesJunior Researcher
2016-04 -- 2017-03International Economy and Work Research Institute労働・政治事業部非常勤研究員
Academic background
2006-04 -- 2010-03University of Tsukuba Third Cluster of Colleges College of International Studies
2010-04 -- 2012-03University of Tsukuba Graduate School of Humanities and Social Sciences Master's Program in International Area Studies
2012-04 -- 2016-03University of Tsukuba Graduate School of Humanities and Social Sciences Doctoral Program in International and Advanced Japanese Studies
Degree
2010-3Bachelor in International RelationsUniversity of Tsukuba
2012-3Master in International StudiesUniversity of Tsukuba
2016-3Ph.D.University of Tsukuba
Licenses and qualifications
2017-10専門社会調査士(8条規定)
Academic societies
-- (current)JAPAN ASSOCIATION FOR COMPARATIVE POLITICS
-- (current)PUBLIC POLICY STUDIES ASSOCIATION, JAPAN
-- (current)Japanese Political Science Association
-- (current)JAPANSE ASSOCIATION OF ELECTION STUDIES
-- (current)JAPAN NPO RESEARCH ASSOCIATION
-- (current)American Political Science Association
-- (current)International Political Science Association
-- (current)European Association for Japanese Studies
Honors & Awards
2022-04大学×国研×企業連携によるトップランナー育成プログラム育成対象者(プリフェロー)
2015-10Daegu Gyeongbuk International Social Network Conference 2015 (DISC 2015) IMC Award"Analysis of the Policy Network for the “Feed in Tariff Law” in Japan: Evidence from the GEPON Survey"
2019-07日本選挙学会 優秀ポスター賞日本の障害者と政治参加の格差構造:選挙権、投票手続き、投票への参加
Articles
  • 選挙や議会に障害者の視点を:多様な議会を実現するために
    大倉 沙江
    地方議会人/pp.64-65, 2023-12
  • Female Assembly Members and the Adoption of Women-Friendly Policies in Japanese Local Municipalities
    山本英弘; Okura Sae
    ASIAN SURVEY/63(3)/pp.355-380, 2023-03
  • 女性地方議員の意思決定からの排除とその打開の方向
    大倉 沙江; 江藤俊昭
    TRENDS IN THE SCIENCES/28(2)/pp.22-26, 2023-02
  • 障害がある地方議員の増加と多様化:キャリア・パスの分析を中心として
    大倉 沙江
    都市問題/114(1)/pp.22-29, 2023-01
  • 何が障害のある議員の議会・議員活動を妨げるのか?:地方議員へのアンケート調査に基づく探索的分析
    大倉 沙江
    We Learn/2022(6)/pp.4-7, 2022-06
  • 誰が候補者になるのか? ジェンダー平等や多様な社会の実現に関わる政策の前進に向けて
    大倉 沙江
    DIO 連合総研レポート/2022(2)/pp.22-25, 2022-02
  • 議会ハラスメントの現在 ~対策は議会改革とともに~
    三浦まり; 大倉 沙江; 江藤俊昭
    地方議会人/52(9)/pp.34-36, 2022-02
  • Representing Women's Interests in Japan's Civil Society
    Okura Sae
    SOCIETIES/11(3), 2021-09
  • The political underrepresentation of people with disabilities in the Japanese diet
    Okura Sae
    Social Science Japan Journal/24(2)/pp.369-396, 2021-07
  • Voter’s attitudes towards politicians with disabilities in Japan
    大倉 沙江
    生活経済政策/(293)/pp.27-31, 2021-06
  • 書評 辻村みよ子・三浦まり・糠塚康江編著『女性の参画が政治を変える―候補者均等法の活かし方』
    大倉 沙江
    Japanese Journal of Electoral Studies/36(2)/pp.200-200, 2020-12
  • 女性研究者の学会参画に関する検討ワーキンググループ最終報告書
    大倉 沙江; 飯田健; 鈴木絢女; 三浦まり
    日本政治学会ホームページ/pp.1-59, 2020-09
  • 労働組合活動への参加におけるジェンダー・ギャップとその変化 ―2016年と2019年の比較を中心とした分析―
    大倉 沙江
    International Economy & Work Research Institute/pp.1-7, 2020-7
  • Game Accessibility and Advocacy for Participation of the Japanese Disability Community
    Kaigo Muneo; Okura Sae
    Information/11(3), 2020-03
  • Japan's Diet Members' Support for Women's Policies
    大倉沙江; 岩本 美砂子
    三重大学法経論叢 = The journal of law and eonomics/37(2), 2020-3
  • How Japanese voters with disabilities participate in general elections
    大倉沙江
    Japanese Journal of Electoral Studies/35(2)/pp.54-71, 2019-12
  • 書評 中條美和『知事が政治家になるとき』木鐸社、2017年。
    大倉沙江
    選挙研究/35(1)/pp.138-138, 2019-07
  • 女性は労働組合に何を思う:意識調査から見る労働組合への評価
    大倉沙江
    情報労連リポート/36(8)/pp.16-17, 2019-06
  • 労働組合活動への参加におけるジェンダー・ギャップ (特集 労働組合における女性)
    岩本 美砂子; 大倉沙江
    Int'lecowk : 国際経済労働研究/74(3)/pp.5-14, 2019-03
  • 労働組合員における「女性の参画拡大」に対する支持とその背景 : 意識調査を用いた分析 (特集 労働組合における女性)
    大倉沙江; 源島 穣
    Int'lecowk : 国際経済労働研究/74(3)/pp.15-21, 2019-03
  • The last suffrage movement in Japan: Voting rights for persons under guardianship
    Sae Okura
    Contemporary Japan/30(2)/pp.189-203, 2018-09
  • Access of disabled voters to political and election information in Japan
    大倉沙江
    Journal of Information and Communication Research/36(1)/pp.23-30, 2018-06
  • Challenges in SNS Usage by Japanese Local Governments: Evidence from the Tsukuba Civic Activities Cyber-Square
    Kaigo Muneo; 大倉沙江
    Journal of International and Advanced Japanese Studies/(9)/pp.31-42, 2017-03
  • "An Analysis of Japanese Local Government Facebook Profiles: Fans and Engagement by Policy Areas"
    Kaigo Muneo; Okura Sae
    CeDEM Asia 2016: Proceedings of the International Conference for E-Democracy and Open Government./pp.67-80, 2016-12
  • Who Leads Advocacy through Social Media in Japan? Evidence from the "Tsukuba Civic Activities Cyber-Square" Facebook Page
    Okura Sae; Kaigo Muneo
    INFORMATION/7(4), 2016-12
  • more...
Books
  • 地方議会における女性議員へのハラスメントとその打開の方策
    大倉 沙江; 江藤俊昭
    学術会議叢書31/日本学術協力財団, 2024-03
  • 女性議員を増やす・支える・拡げる:議会におけるいじめ・ハラスメント調査報告書
    大倉 沙江
    全国フェミニスト議員連盟, 2022-06
  • 女性議員に対するいじめ・ハラスメント:女性地方議員に対するアンケート調査の結果から
    大倉 沙江
    女性議員を増やす・支える・拡げる:議会におけるいじめ・ハラスメント調査報告書/全国フェミニスト議員連盟/pp.9-23, 2022-5
  • ジェンダー平等:右傾化か,経済か,フェミニズムの定着か
    大倉 沙江
    現代日本のエリートの平等観――社会的格差と政治権力/明石書店/pp.85-100, 2021-12
  • Nuclear Damage Compensation: Mechanisms for Dispute Resolution
    Sae Okura Yoshiaki Kubo
    Aftermath: Fukushima and the 3.11 Earthquake/Trans Pacific Press, Kyoto University Press, 2018-01
  • Nuclear Damage Compensation: Mechanisms for Dispute Resolution
    大倉沙江; 久保慶明
    村松岐夫・恒川恵市監修、辻中豊編 大震災に学ぶ社会科学第1巻 政治過程と政策/Toyo Keizai/pp.77-98, 2016-05
  • Social Media and Civil Society in Japan
    Kaigo Muneo; 大倉 沙江
    Palgrave Macmillan, 2017-09
  • 国際社会と草の根NGO
    趙秀梅; 大倉 沙江
    辻中豊・李景鵬・小嶋華津子編 現代中国の市民社会・利益団体:比較のなかの中国:北京市,浙江省,黒竜江省調査(2001-2011)に基づく実証分析/木鐸社, 2014-07
  • 東日本大震災後の原発賠償に関する調査: 結果報告
    大倉沙江
    辻中豊編 ICR Research Report 2015: 東日本大震災への政治学的アプローチ/筑波大学, 2015-03
  • 福祉団体の存立・行動様式とその変化: 3時点の時系列比較を通じて
    大倉沙江
    辻中豊編 第三次団体の基礎構造に関する調査(日本・社会団体調査)報告書/筑波大学, 2015-03
  • 研究に必要な情報収集・管理を目的としたシステム構築:社会福祉政策研究を事例として
    大倉沙江
    人文社会科学のための情報コミュニケーション論平成24年度報告書/筑波大学, 2013-02
  • 福祉団体の存立・行動様式
    大倉沙江
    辻中豊編 第四次団体に関する調査報告書/筑波大学, 2014-03
  • Research Results Compilation: Comparative Energy Policy and Discourse in Japan and Germany, October 2014 - March 2018
    Tkach Kawasaki Leslie; 大倉 沙江
    Research Results Compilation: Comparative Energy Policy and Discourse in Japan and Germany, October 2014 - March 2018/University of Tsukuba, 2018-01
Conference, etc.
  • 日本の女性団体調査の分析
    大倉 沙江; 金美珍; 小谷幸; 三浦まり
    Japan Political Science Association/2023-09-16--2023-09-17
  • Women’s organizations in Japan during COVID-19
    Okura Sae; 金美珍; 小谷幸; 三浦まり
    ISA World Congress of Sociology/2023-06-25--2023-07-01
  • 日本の市民社会における女性団体の現状と課題:女性団体包括的実態調査の結果から
    大倉 沙江; 三浦まり; 小谷幸; 金美珍
    日本NPO学会第25回研究大会/2023-06-11--2023-06-11
  • ジェンダーに配慮した議会と女性地方議員に対するハラスメント
    大倉 沙江
    TRiSTAR D&I講座 ダイバーシティ時代の研究活動を考える/2023-04-28--2023-04-28
  • Japanese Women's Movements in Digital Era
    Okura Sae
    2022 Critical Sociological Association of Korea Autumn International Conference/2022-11-05--2022-11-05
  • COVID-19 に日本看護協会はどのように対応したのか?
    大倉 沙江
    2022 年度 日本政治学会総会・研究大会/2022-10-02--2022-10-02
  • 女性議員は女性政策を促進するのか? :市区町村における女性政策の分析
    山本 英弘; 大倉沙江
    第73回数理社会学会大会/2022-08-27--2022-08-28
  • コロナ禍における看護師の政治権力とその変化
    大倉 沙江
    2022年度 日本比較政治学会(第25回大会)/2022-06-25--2022-06-25
  • 地方議会におけるハラスメント防止に向けて
    大倉 沙江; 江藤俊昭
    日本学術会議公開シンポジウム 女性の政治参画をどう進めるか?/2022-03-13--2022-03-13
  • 戦後日本の国政選挙における非主流派のリクルートメントに関する研究:障害者を事例として
    大倉 沙江
    2021年度 日本政治学会総会・研究大会/2021-09-25--2021-09-26
  • Rethinking Gender Politics in Japan: Elites’ and Citizens’ Support for Gender Equality
    Okura Sae
    16th International Conference of the European Association for Japanese Studies/2021-08-28--2021-08-28
  • Exploratory analysis using survey data for elites and citizens in Japan: The rise of feminism or the era of backlash?
    Okura Sae
    The 26th IPSA World Congress of Political Science/2021-07-12--2021-07-12
  • 地方自治体における女性政策の導入と市民社会組織の役割:女性団体を中心とした実証分析
    大倉 沙江; 山本英弘
    日本NPO学会第23回研究大会/2021-06-19--2021-06-19
  • 地方自治体における女性政策の導入状況:質問紙調査における検討
    山本英弘; 大倉 沙江
    Public Policy Studies Association JAPAN/2021-06-06--2021-06-06
  • Elite attitudes toward foreigners
    大倉 沙江; 山本英弘; 竹中佳彦
    Japanese association of electoral studies/2021-05-09--2021-05-09
  • Changes in the representation of people with disabilities in the Japanese Diet: Democracy with(out) people with disabilities
    Okura Sae
    Tsukuba Global Science Week 2020 Digital Poster Session/2020-09-18--2020-10-18
  • 日本の政治エリートと有権者のジェンダー平等観
    大倉 沙江
    2020年度 日本比較政治学会(第23回大会)/2020-6-27--2020-6-28
  • エリートのジェンダー平等観とその変化
    大倉沙江
    日本政治学会 2019年度総会・研究大会/2019-10-06
  • 現代日本の市民社会におけるジェンダー・バイアス:女性をリーダーとする団体を中心とした探索的分析
    大倉沙江
    中部政治学会研究会/2019-07-20
  • 日本の市民社会と女性:JIGS調査を用いた探索的分析
    大倉沙江
    日本NPO学会第21回年次大会/2019-06-01
  • Japanese Gaming Companies and the Disability Community: Challenges for those with Disabilities in Japan
    Muneo Kaigo Sae Okura
    the 69th Annual International Communication Association (ICA) Conference/2019-05-01
  • Japan’s voters’ support for electoral quotas for women:An exploratory analysis using a Web survey of voters
    Okura Sae
    2018 APSA Annual Meeting (Japan America Women Political Scientists Symposium)/2018-08-29
  • Japan’s labor union members’ support for the conservative government’s public policies for women: Exploratory analysis using a consciousness survey
    Okura Sae
    The 25th IPSA World Congress of Political Science/2018-07-25
  • 日本の障害者の参加格差の構造:投票所の環境との関係を中心に
    大倉沙江
    Japanese Association of Electoral Studies/2018-05-13
  • 労働者たちはなぜ保守政権による女性政策を支持するのか :労働組合員に対する意識調査を用いた探索的分析
    大倉沙江
    第5回ジェンダーと政治研究会/2018-03-24
  • more...
Teaching
2023-10 -- 2023-12Political ParticipationUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-06International Public PolicyUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar on Public Policy BUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-07Public Management BUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12International Studies IUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-06The Theory of International Public PolicyUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12Seminar on Public Policy AUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-07Public Management AUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-06First Year SeminarUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-03Tutorial for International Studies IUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2022-12 -- 2024-04選挙ボートマッチ(共同通信社「選挙、どうする?あなたに近い政党を見つけよう」)への作成協力共同通信社
2023-08 -- 2023-08全国高校探究キャンプ
2021-11 -- 2021-11出前講義竹園高校
2020-11 -- 2020-11School VisitTochigi Prefectural Utsunomiya Joshi High School
Talks
  • Women in Politics in Japan
    Okura Sae
    Tsukuba Conference 2023/2023-09-27--2023-09-27
  • Gender Inequality and Discrimination against Minorities in Higher Education in Japan
    Okura Sae
    IAU Webinar Series on the Future of Higher Education/2023-03-07--2023-03-07
  • 調査結果を受けて
    大倉 沙江
    全国フェミニスト議員連盟 設立30周年記念シンポジウム 女性議員を増やす、支える、拡げる ー議員いじめ調査最終報告/2022-05-29--2022-05-29
  • 地方議会におけるハラスメント防止に向けて
    大倉 沙江
    日本学術会議公開シンポジウム 女性の政治参画をどう進めるか?/2022-03-13--2022-03-13
  • 女性地方議員に対するいじめ・ハラスメントに関する調査:結果の報告
    大倉 沙江
    国立女性教育会館、令和3年度「男女共同参画推進フォーラム」/2021-12-11--2021-12-11
  • 女性を代表する政治:女性議員が増えると何が変わるのか?
    山本 英弘; 大倉 沙江
    筑波大学人文社会系SDGsマイスター講座/2021-11-05--2021-11-05
Professional activities
2025-04 -- 2026-03Japanese Political Science Association書評委員会/委員
2022-10 -- (current)ARNOVA Asia ConferenceLocal Host Committee
2022-04 -- 2023-03JAPANSE ASSOCIATION OF ELECTION STUDIES編集委員(2022年度)
2021-08 -- (current)Quality & Quantity: International Journal of MethodologyAssociate Editor
2020-04 -- 2020-09Japanese Political Science Association委員
2018-01 -- 2020-03InformationSpecial Issue Editors (Special Issue "Digital Citizenship and Participation 2018")
2020-01 -- 2020-03志摩市志摩市総合計画審議会委員
2019-04 -- 2020-03JAPANSE ASSOCIATION OF ELECTION STUDIES編集委員(2020年度)
University Management
2023-04 -- (current)ホームカミングデー委員会委員
2023-04 -- (current)国際総合学類 広報委員会委員長
2021-04 -- 2023-03全学 学生担当教員
2021-04 -- 2023-03全学 学生生活支援室員委員
2021-04 -- 2023-03国際総合学類 学生委員会委員
2020-10 -- (current)国際公共政策学位プログラム 入試委員会委員
2020-04 -- (current)国際公共政策専攻 紀要委員会委員
2020-04 -- 2021-03国際総合学類 アドミッションセンター(AC)専門委員会委員
2020-04 -- 2021-09Orientation Committee委員
2020-04 -- 2021-03教育実践演習担当委員
more...
Other activities
2023-07 -- 2023-07「障害者議員『甘くない世界』」『朝日新聞』2023年7月29日。
2023-05 -- 2023-05「LGBTQ法案を国会提出へ、G7前に欧米が圧力ー自民が修正案」『Bloomberg』2023年5月16日。
2023-02 -- 2023-02「女性の政治参画をすすめるために」『男女共同参画センター ほっと越谷』2023年2月号。
2022-01 -- 2022-01「『閉経してる?じゃあもう女じゃないね』と笑われる。女性議員が直面するハラスメントの実態を国が調査」『BuzzFeed Japan』2022年1月16日。
2021-10 -- 2021-10「衆院選 茨城・つくば市 生徒会選挙で活用 ネット投票導入期待」『茨城新聞』2021年10月29日。
2021-08 -- 2021-08「憂楽帳 14人の国会議員」『毎日新聞』2021年8月24日(東京、夕刊)。
2019-10 -- 2019-10「優しい街を目指して 車いす県議安楽英美さん 無念の1人別行動」『南日本新聞』2019年10月26日。
2019-09 -- 2019-09「障害者と政治 れいわ議員誕生から(下)」『朝日新聞』2019年9月5日。
2019-07 -- 2019-07「障害者施策 自らが決める れいわの船後氏・木村氏 参院へ」『中国新聞』2019年7月27日。
2019-07 -- 2019-07「障害者施策 当事者の声で:国会活動保障の対応急務」『河北新報』2019年7月25日。
more...

(Last updated: 2024-05-08)