Takekoshi Kazuhiro

Researcher's full information

Conference, etc.
  • 運動及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸とブラックジンジャー投与がサルコペニアに与える影響
    青木海; 今野雅生; 城本淳; 時野谷勝幸; 本多克成; 竹越一博; 大森 肇
    日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会/2018-03-15--2018-03-19
  • Hereditary Paraganglioma-Pheochromocytoma Syndromes in Japan.
    Takekoshi Kazuhiro
    The Korean Adrenal Gland and Endocrine Hypertension Study Group (KAES)/2017-7-19--2017-7-19
  • 遺伝子を正しく知ろう
    竹越 一博
    竹園東中学講演会/2010-02-12
  • 遺伝を正しく知ろう
    竹越一博
    土浦日大 大学学部学科説明会 医学系統の部(中3、高1、高2)/2012-11-15
  •  Kappa-Opioid agonist (U-69593)のカテコ-ルアミン合成におよぼす効果
    竹越一博; 石井清朗; 川上 康; 磯部和正; 中井利昭.
    ____/2000
  • MENⅠ型患者における MEN1 遺伝子変異の検索.
    竹越一博; 八代享; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭.
    ____/2000
  • レプチンの副腎髄質における直接効果の機序.
    竹越一博; 石井清朗; 磯部和正; 南木融; 野村文夫; 中井利昭
    ____/2000
  • 2 型AngⅡ受容体 (AT2-R)のカテコールアミン分泌・合成におよぼす効果.
    竹越一博; 石井清朗; 磯部和正; 南木融; 野村文夫; 中井利昭.
    ____/2000
  • AT1(1 型AngⅡ受容体)およびAT2(2 型AngⅡ受容体)のカテコールアミン合成におよぼす効果. 第74回内分泌学会学術総会
    竹越一博; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭.
    ____/2001
  • レプチンは、PKC依存性にカテコ-ルアミン合成を刺激する
    竹越一博; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭
    ____/2001
  • レプチンは、PKC依存性にカテコ-ルアミン合成を刺激する
    竹越一博; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭
    ____/2001
  • AT1(1 型AngⅡ受容体)およびAT2(2 型AngⅡ受容体)の情報伝達系におよぼす効果
    竹越一博; 渋谷俊介; 磯部和正; 川上 康; 中井利昭
    ____/2002
  • Angiotensin (AngII) subtype-2 receptor (AT2) counter-regulates AngII subtype-1 receptor (AT1) in catecholamine synthesis in cultured porcine adrenal medullary chromaffin cells.
    Takekoshi K; Kawakami Y; Nakai T.
    ____/2002
  • Endothelin-1は、PKC依存性にカテコールアミン合成を刺激する
    竹越一博; 磯部和正; 渋谷俊介; 川上康; 中井利昭
    ____/2003
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン分泌を刺激する.
    竹越一博; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 川上康.
    ____/2003
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン分泌を刺激する
    竹越一博 南木融、磯部和正、渋谷俊介、川上康、中井利昭.
    ____/2003
  • Urocortinは、PC12細胞でPKA依存性にカテコールアミン合成を刺激する
    竹越一博; 福田敏之; 南木融; 福原美智子; 磯部和正; 川上康
    ____/2004
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン合成も刺激する
    竹越一博; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 福田敏之; 福原美智子; 川上康
    ____/2004
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン合成も刺激する
    竹越一博; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 福田敏之; 福原美智子; 川上康
    ____/2004
  • クロモグラニンA(CGA)を用いた交感神経活性の簡便な定量化への試み(第1報)
    竹越一博; 石島道邦; 磯部和正; 川上康; 大塚定徳.
    ____/2005
  • クロモグラニンA(CGA)を用いた交感神経活性の簡便な定量化への試み(第1報).
    竹越一博; 石島道邦; 磯部和正; 川上康; 大塚定徳
    ____/2005
  • RhoA/Rho-kinase系の抑制は、カテコールアミン合成を低下させる
    竹越一博; 福田敏之; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 川上康
    ____/2005
  • 褐色細胞腫におけるVEGFおよびVEGF受容体(flt. flk)mRNA levelの検討
    竹越一博; 八代享; 原尚人; 磯部和正; 川上康
    ____/2005
  • 慢性運動の脂肪および肝AMP-activated protein kinase (AMPK)活性に対する影響
    竹越一博; 磯部和正; 川上康; 大森肇.
    ____/2006
  • AMPK活性化は副腎髄質においてカテコールアミン合成および分泌を刺激する.
    竹越一博; 福田敏行; 磯部和正; 川上康.
    ____/2006
  • more...