Matsumoto Isao

Researcher's full information

Conference, etc.
  • Updated mechanisms in regulation og autoimmune arthritis via TNF inhibitors.
    松本 功
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-10
  • Mechanistic insight of impaired function og PD-1+ follicular regulatory T cells in systemic lupus erythematosus.
    松本 功
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-10
  • Autoimmunity and human Immunology
    松本 功
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-10
  • Dysregulation of acquired immunity in organ specific autoimmune disease. -Pathogenic roles and therapeutic potential of autoantibodies and autoantigens specific T cells in Sjögren’s syndrome-
    Tsuboi Hiroto; Abe Saori; Toko Hirofumi; Honda Fumika; Ko...
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-09
  • Increased Th10 like cells in lupus model mice induced by topical treatment with Toll-like receptor 7 agonist imiquimod.
    Tanimura Reona; Kondo Yuya; Furuyama Kotona; Shimizu Mas...
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-09
  • T-bet represses collagen-induced arthritis by suppressing Th17 lineage commitment through inhibition of RORgt expression and function.
    Shimizu Masaru; Kondo Yuya; Tanimura Reona; Furuyama Kot...
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-09
  • RORγt+Foxp3+regulatory T cells in the regulation of autoimmune arthritis.
    Furuyama Kotona; Kondo Yuya; Shimizu Masaru; Tanimura Re...
    第50回日本免疫学会学術集会/2021-12-08
  • RORγt+Foxp3+制御性T細胞(Tr17)による自己免疫性関節炎の抑制
    古山 琴菜; 近藤 裕也; 清水 優; 谷村 玲央菜; 坪井 洋人; 松本 功; 住田孝之
    第49回日本臨床免疫学会総会/2021-10-28--2021-10-30
  • CD4陽性T細胞中のT-bet発現はRORγtの発現と機能,及びIL-17A産生を直接抑制し自己免疫性関節炎を抑制する
    清水 優; 近藤 裕也; 谷村 玲央菜; 古山 琴菜; 坪井 洋人; 松本 功; 住田孝之
    第49回日本臨床免疫学会総会/2021-10-28--2021-10-30
  • IgG4関連疾患モデルマウス(LATマウス)におけるCCL8-CCR8経路の病態形成での役割と治療標的の可能性
    本田 文香; 坪井 洋人; 東光 裕史; 安部 沙織; 高橋 広行; 伊藤 清亮; 山田 和徳; 川野 充弘; 浅...
    第49回日本臨床免疫学会総会/2021-10-29
  • 関節リウマチにおけるIL-6阻害のトピックス
    松本 功
    第49回日本臨床免疫学会総会/2021-10-29
  • 免疫疾患の新たな治療戦略 -全身性エリテマトーデスを中心に-
    松本 功
    第49回日本臨床免疫学会総会/2021-10-28
  • 関節炎モデルにおける好中球及びその細胞外トラップの機能と局在の解析
    大山 綾子; 長田 侑; 川口 星美; 岩井 圭巳; 西山 泰平; 近藤 裕也; 坪井洋人; 松本 功
    第49回日本臨床免疫学会総会/2021-10-28
  • IgG4関連疾患モデルマウス(LATマウス)におけるCCL8-CCR8経路の病態形成での役割と治療標的の可能性
    本田 文香; 坪井 洋人; 東光 裕史; 安部 沙織; 高橋 広行; 伊藤 清亮; 山田 和徳; 川野 充弘; 浅...
    第29回日本シェーグレン症候群学会学術集会/2021-9-25
  • シェーグレン症候群における獲得免疫異常 ~自己抗体と抗原特異的T細胞の病態形成における役割と治療標的の可能性~
    坪井 洋人; 安部 沙織; 本田 文香; 東光 裕史; 近藤 裕也; 住田 孝之; 松本 功
    第29回日本シェーグレン症候群学会学術集会/2021-9-24
  • 一次性シェーグレン症候群患者の末梢血中ヘルパーT細胞サブセットと臨床像との関連
    安部 沙織; 坪井 洋人; 東光 裕史; 本田 文香; 近藤 裕也; 松本 功
    第29回日本シェーグレン症候群学会学術集会/2021-9-24
  • Recent topics of pathogenesis and therapy in rheumatoid arthritis
    松本 功
    23rd APLAR 2021/2021-08-29--2021-08-29
  • TNF阻害療法とJAK阻害療法はなぜ効くのか リウマチ膠原病領域 オーラル
    松本 功
    日本臨床免疫学会 免疫疾患横断セミナーシリーズ/2021-05-29--2021-05-29
  • ワルファリン服用患者の血液凝固能に及ぼすメチルプレドニゾロンの影響(第2報)
    大西 由莉; 土岐 浩介; 安部 沙織; 臼井 丈一; 齋藤 知栄; 辻 浩史; 森島 祐子; 山崎 浩; 松本 ...
    第31回日本医療薬学会年会/2021-10-09--2021-10-10
  • 関節リウマチにおける特異的バイオマーカー
    松本 功
    日本臨床免疫学会 AER2021 モーニングセミナー/2021-03-07
  • Reconsidering IL-6 receptor inhibitinon in autoimmune and inflammatory conditions
    Matsumoto Isao
    第49回日本免疫学会学術集会 Clinical Seminar 7/2020-12-08
  • Withコロナにおける関節リウマチ治療ー病態と最新治療ー
    松本 功
    第49回日本免疫学会学術集会 Clinical Seminar 7/2020-12-08
  • M3 muscarinic acetylcholine receptor reactive Th17 cells in primary Sjogren’s syndrome
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Honda Fumika; Takahashi Hiroyu...
    Asia Pacific League of Associations for Rheumatology/2020-10-27--2020-10-27
  • シェーグレン症候群における獲得免疫異常 〜自己抗体と抗原特異的T細胞の病態形成における役割〜
    坪井洋人; 本田文香; 安部沙織; 髙橋広行; 近藤裕也; 松本 功; 住田孝之
    第48回日本臨床免疫学会総会/2020-10-15--2020-10-17
  • 抗セントロメア抗体、抗Ku抗体、抗Miー2抗体が共陽性であった全身性強皮症・皮膚筋炎重複症候群の一例
    森中哲; 江辺広志; 坪井洋人; 杉田稔貴; 田渕大貴; 西山泰平; 岡本翔太; 寺崎俊彦; 柳下瑞希; 髙橋広行; 萩原晋也; 近藤裕...
    第48回日本臨床免疫学会総会/2020-10-15--2020-10-17
  • more...