Kusano Miyako

Researcher's full information

Conference, etc.
  • カロテノイド由来香気成分の制御機構解明を目指した統合メタボローム解析
    青野 佑亮; Yonathan Asikin; 王 寧; Denise Tieman; Harry Klee; 草...
    第62回日本植物生理学会年会/2021-3-14--2021-3-16
  • Transcriptome characterization of salinity stress response coordinated by histone deacetylase proteins that respond in an antagonistic manner
    Ueda Minoru; Matsui Akihiro; Watanabe Shunsuke; Kobayashi...
    THE 31st INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARABIDOPSIS RESEARCH/2021-6-21--2121-6-25
  • マルチオミクス解析を利用したトマト着果における糖代謝制御を担う遺伝子の同定
    篠崎 良仁; 江面 健太郎; 西田 啓二; 森 一樹; 鈴木 穣; 久原 哲; 榎元 廣文; 草野 都; 福島 敦...
    一般社団法人日本育種学会 第138回講演会/2020-10-10--2020-10-11
  • トマトの単為結果性遺伝⼦pat-kによる高糖度化の機構解明に向けたメタボローム解析
    福留 千映; 滝澤 理仁; 草野 都; 小林 誠; 斎藤 和季; 間合 絵里; 元木 航; 西村 和紗; 山崎 ...
    令和3年度園芸学会春季大会/2021-3-27--2021-3-28
  • DNAメチル化酵素遺伝子欠損変異株のメタボローム解析
    杉 直也; Le Thi Ngoc Quynh; 草野 都; 斎藤 和季; 柴 博史
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 脂溶性色素迅速測定法によるトマト品種の大規模スクリーニング
    青野 佑亮; Yonathan Asikin; 王 寧; Denise Tieman; Harry Klee; 草...
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • RIKEN Plant Metabolome MetaDatabaseの開発
    深井 千隼; 高野 耕司; 小林 誠; 小泉 美紀子; 七夕 高也; 草野 都
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • RIKEN Plant Metabolome MetaDatabaseの開発
    福島 敦史; 高橋 みき子; 櫻井 望; 時松 敏明; 長崎 英樹; 平川 英樹; 荒 武; 小林 誠; 草野 ...
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • トマト単為結果性変異体のオミクス解析による単為結果機構の解明
    神谷 健; 福島 敦史; 有泉 亨; 江面 浩; 草野 都
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • トマト単為結果性変異体のオミクス解析による単為結果機構の解明
    神谷 健; 福島 敦史; 有泉 亨; 江面 浩; 草野 都
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 植物の乾燥耐性化に必須な代謝変換
    金 鍾明; 亀田 麻記子; 福島 敦史; 草野 都
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 浮きイネにおける深水に応答した代謝物変化の包括的解析
    黒羽 剛; 草野 都; 福島 敦史; 永井 啓祐; 服部 洋子; 小林 誠; 及川 彰; 小嶋 美紀子; 榊原 ...
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 雑種強勢形質を特徴付ける代謝物の探索とその制御機構の解析
    杉 直也; 桾澤 都月; レ ティ ノ クイン; 光田 展隆; 藤原 すみれ; 鈴木 穣; 草野 都; 斎藤 和...
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 東南アジア諸国との連携によるキャッサバの分子育種の推進
    内海 好規; 徳永 浩樹; 榊原 均; 草野 都; 福島 敦史; 斉藤 和季; 遠藤 真咲; 土岐 精一; 辻 ...
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 分化多能性獲得時の代謝産物変化とその役割
    岩瀬 哲; 及川 彰; 草野 都; 杉本 慶子
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • メタボローム解析によるゲノム編集高糖度トマトの品質評価
    川口 航平; 星 理絵; 小林 誠; 草野 都; 白武 勝裕
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • Development of hydroponic culture system to screen rice cultivars respond to dynamic changes of nitrogen concentrations
    Fukai Chihaya; Takanari Tanabata; Tomoko Nishizawa; Kusan...
    The 16th International Symposium on Rice Functional Genomics (ISRFG2018)/2018-9-5--2018-9-8
  • A conflict regulation of ethylene biosynthesis by NOR between wounding and ripening
    Ning Wang; Chen Haoting; Nonaka Satoko; Kusano Miyako; Ez...
    The XI International Symposium on the Plant Hormone Ethylene/2018-6-2--2018-6-6
  • Profiling of Volatile Organic Compounds in the Autochthonous Curcuma amada Roxburgh
    Watanabe Kazuo; Chen YN; Asikin Y; Shukurova M; Kusano M...
    第13回メタボロームシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • GC-MS Based Metabolite Profiling of the Indigenous and Under-Utilized Zingiber barbatum from Myanmar
    Watanabe Kazuo; M Shukurova; Y Asikin; YN Chen; M Kusano
    第13回メタボロームシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • 青色LEDによる連続照明と高CO2濃度条件がリーフレタスのフェニルアラニンアンモニアリアーゼ活性ならびにその遺伝子発現を増大させる
    遠藤 実頼; 下村 未知瑠; 草野 都; 藤内 直道; 有泉 亨; 江面 浩; 福田直也
    園芸学会・令和元年度秋季大会/2019-09-15--2019-09-17
  • トマト単為結果性変異体のマルチオミックスデータ解析による単為結果メカニズムの解明
    神谷 健; 福島 敦史; 羽尾 周平; 篠崎 良仁; 森 哲哉; 三谷 由佳; 有泉 亨; 江面 浩; 草野 都
    37回日本植物細胞分子生物学会/2019-09-07--2019-09-08
  • Physico-chemical quality discrimination and volatile flavor profiling of regional non-centrifugal sugar made from sugarcane, palm, and coconut
    Asikin Yonathan; Weerawatanakorn Monthana; Meerod Kanyap...
    The 13th Again Congress of Nutrition 2019 (ACN2019)/2019-08-4--2019-08-7
  • RIKEN Plant Metabolome MetaDatabase: an integrated plant metabolome data repository based on the semantic web
    Kusano Miyako
    The 15th International conference of the Metabolomics Society (Metabolomics 2019)/2019-06-23--2019-06-27
  • Large-scale screening of carotenoid and chlorophyll content in tomato cultivars by using the simple, rapid and quantitative method
    Kusano Miyako
    The 15th International conference of the Metabolomics Society (Metabolomics 2019)/2019-06-23--2019-06-27
  • more...