現在地

清登 典子(キヨト ノリコ; Kiyoto, Noriko)

研究者情報全体を表示

論文
  • 江戸中期の俳諧史
    清登 典子
    国文学 解釈と鑑賞/63(5)/p.98-103, 1998-01
  • 桃の節句・桃の花
    清登 典子
    近世四季の秀句/p.67-70, 1998-01
  • 紹介・浅見美智子編校『几董発句全集』
    清登 典子
    国語と国文学/75(6)/p.73-75, 1998-01
  • 蕪村の季重なり表現
    清登 典子
    連歌俳諧研究/(93)/p.1-9, 1997-08
  • 蕪村研究史
    清登 典子
    日本古典文学研究史大事典, 1997-01
  • 江戸座と蕪村表現
    清登 典子
    国文学 解釈と教材の研究/41(14)/p.86-90, 1996-01
  • 国語国文学界の展望(II)近世 俳諧III・中興期以後
    清登 典子
    文学・語学/(149)/p.22-23, 1995-12
  • 俳文学大辞典(共著)
    清登 典子
    角川書店, 1995-01
  • 中興期江戸座春帖の様相--祇徳歳旦帖の場合
    清登 典子
    俳文芸/(44)/pp.p50-59, 1994-12
  • 中興期江戸座春帖の様相-祇徳歳旦帖の場合-
    清登 典子
    俳文芸/(44)/p.50-59, 1994-01
  • 松宇文庫俳書目録(共著)
    清登 典子
    青裳堂書店, 1994-01
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-20-
    気多 恵子; 清登 典子
    俳文芸/(42)/pp.p44-56, 1993-12
  • 『万家人名録』人名索引(共著)
    清登 典子
    近世文学論輯 森川昭編,和泉書院/p.317-357, 1993-01
  • 輪講『桃青門弟独吟二十歌仙』
    清登 典子
    俳文芸/(42)/p.48-53, 1993-01
  • 蕪村春帖と江戸春帖-『〔宇都宮歳旦帳〕』の位置-
    清登 典子
    文芸言語研究・文芸篇/(23)/p.164-182, 1993-01
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-17-
    清登 典子
    俳文芸/(39)/pp.p60-69, 1992-06
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-14-補注
    清登 典子
    俳文芸/(39)/p.p49, 1992-06
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-14-
    清登 典子
    俳文芸/(37)/pp.p59-70, 1991-06
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-12-
    清登 典子
    俳文芸/(35)/pp.p33-43, 1990-06
  • 「北寿老仙をいたむ」私論-雉子の役割を中心に-
    清登 典子
    放送大学研究年報/7/p.41-48, 1989-01
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-9-
    清登 典子
    俳文芸/(32)/pp.p26-37, 1988-12
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-8-
    東 聖子; 清登 典子
    俳文芸/(31)/pp.p24-36, 1988-06
  • 蕪村句私解「うめちるや螺鈿こぼる丶卓の上」
    清登 典子
    俳文芸/(30)/pp.p53-55, 1987-12
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-2-
    東 聖子; 清登 典子
    俳文芸/(25)/pp.p57-67, 1985-06
  • 輪講「桃青門弟独吟二十歌仙」-1-
    久富 哲雄; 東 聖子; 清登 典子
    俳文芸/(23)/pp.p42-53, 1984-06