現在地

谷口 孝介(タニグチ コウスケ; Taniguchi, Kousuke)

研究者情報全体を表示

論文
  • 日本漢文の風景
    谷口 孝介
    国語教室/(65)/p.46, 1998-01
  • 情報流通のための漢字用語定義集試案:改訂増補版(共著)
    谷口 孝介
    シンポジウムコンピュータ国文学講演集/(3)/p.69, 1998-01
  • 宇多天皇 ‐道具を登用‐
    谷口 孝介
    国文学解釈と鑑賞/(67巻4号)/p.PP. 30-35, 2002-01
  • 宇治橋の表象
    谷口 孝介
    源氏物語の鑑賞と基礎知識/(25巻)/p.PP120-121, 2002-01
  • 作文会
    谷口 孝介
    源氏物語の鑑賞と基礎知識/(25巻)/p.PP124-125, 2002-01
  • 筑波大学開学30周年記念附属図書館貴重書特別展図録(共著)
    谷口 孝介
    筑波大学附属図書館, 2003-01
  • 詩序の拓くもの
    谷口 孝介
    同志社国文学/(60)/p.11-21, 2004-03
  • 『菅家後集』と『白氏文集』と
    谷口 孝介
    同志社国文学/(61)/p.71-84, 2004-11
  • 宮廷文学と制度・歴史―折口信夫『死者の書』を視座として―
    谷口孝介
    平安朝文学と隣接諸学 5 王朝文学と東アジアの宮廷文学/p.509-529, 2008-05
  • 遠藤慶太著『平安勅撰史書研究』
    谷口孝介
    和漢比較文学/(41)/p.62-68, 2008-08
  • 「和習」の淵源-『新撰万葉集』巻上の漢詩を中心として-
    谷口孝介
    日本語と日本文学/(49)/p.1-6, 2009-08
  • 菅原道真の官職表現
    谷口孝介
    2010和漢比較文学検討会論文集/p.59-65, 2010-09
  • 詩人の感興--菅原道真「讃州客中之詩」啓進の意図
    谷口 孝介
    文藝言語研究, 文藝篇/(46)/pp.90-63, 2004-01
  • 『三代実録』の注釈形式--助字「先是」を中心として
    谷口 孝介
    文芸言語研究, 文芸篇/(45)/pp.48-29, 2004-01
  • 北野天満宮と菅原道真
    谷口 孝介
    日本文化研究/(15)/pp.1-21, 2004-01
  • 菅原道真と「逍遥遊」
    谷口 孝介
    日本語と日本文学/(39)/pp.1-12, 2004-08
  • 菅原道真享受史としての『源氏物語』 (シンポジウム「源氏物語における菅家と白氏」報告)
    谷口 孝介
    古代学研究所紀要/(5)/pp.91-100, 2007-01
  • 「和習」の淵源--『新撰万葉集』巻上の漢詩を中心として
    谷口 孝介
    日本語と日本文学/(49)/pp.1-6, 2009-08