現在地

関根 久雄(セキネ ヒサオ; Sekine, Hisao)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 人類学的評価という協働-ある「支援」の試み-
    関根 久雄
    日本文化人類学会第46回研究大会分科会「グローバル支援の人類学-支援研究から人類学的支援へ-」/2012-6-23
  • ソロモン諸島社会と開発
    関根 久雄
    第20回日本オセアニア学会関東地区例会/1990-12-08
  • 開発の人類学-ソロモン諸島サンタイサベル島における大規模開発を例に
    関根 久雄
    第17回『開発援助と人類学』研究会/1995-09-29
  • ソロモン諸島における大規模開発と政治的リーダーシップ
    関根 久雄
    第49回日本人類学会・日本民族学会連合大会/1995-10-15
  • イサベル島におけるキリスト教とパラマウントチーフ
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会/1996-01-20
  • ソロモン諸島の土地と開発
    関根 久雄
    国立民族学博物館シンポジウム『土地所有の政治史』/1996-10-28
  • 開発のゆくえ-ソロモン諸島における<開発参加>と土地紛争」
    関根 久雄
    国立民族学博物館地域研究企画交流センター共同研究会/1996-12-14
  • 趣旨説明-オセアニア島嶼にとっての開発とは何か
    関根 久雄
    第15回日本オセアニア学会研究大会シンポジウム『オセアニア島嶼の開発』/1998-03-21
  • ジョージ・ブラウン・コレクションの中のソロモン諸島
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会/1998-11-28
  • メラネシアの政治的リーダーシップと開発
    関根 久雄
    第133回中部人類学談話会(日本民族学会中部地区例会)/1999-07-03
  • ソロモン諸島と「持続可能な開発」
    関根 久雄
    日本島嶼学会1999年次研究大会/1999-08-21
  • オセアニア・オプティミズム-『弱く』『小さな』島じまと現代世界
    関根 久雄
    日本オセアニア学会関西地区例会/1999-10-09
  • エコツーリズムにおける自律可能性:ソロモン諸島の事例から
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会『自律的観光の総合的研究』/1999-11-06
  • ソロモン諸島における開発と都市空間
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会『メラネシアの都市と都市文化に関する文化人類学的研究』/2000-02-12
  • 「カスタム」としての熱帯林:メラネシア島嶼国における開発と熱帯林の「管理」
    関根 久雄
    林業経済学会春期大会/2000-04-02
  • 「参加型開発」の人類学的再検討:南太平洋島嶼国におけるエコツーリズムの事例から
    関根 久雄
    国際協力事業団(JICA)客員研究員成果報告会/2000-07-06
  • メラネシアの「民族紛争」:イサタンブの島にて
    関根 久雄
    国立民族学博物館地域研共同研究会「オセアニアの国家統合と国民文化」/2000-07-15
  • ガダルカナル紛争にみる「階級対立」
    関根 久雄
    アジア経済研究所共同研究会『オセアニアの階層分化』/2000-10-21
  • 「あなたの知らない世界がそこにある」:住民参加型開発としてのエコツーリズムとマロヴォ・ラグーン
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会/2000-12-09
  • 「文化」への技術協力:ソロモン諸島テモツ州における実践例から
    関根 久雄
    国際開発学会「技術協力の人類学」研究部会/2001-04-04
  • ブラックバーディングは終わらない:フィジーにおけるソロモン諸島系住民の階級性とその表象
    関根 久雄
    アジア経済研究所共同研究会『オセアニアの階層分化』/2001-10-27
  • 「辺境」の抵抗:ソロモン諸島における民族紛争の意味するもの
    関根 久雄
    国際開発学会「開発と文化」分科会/2002-06-21
  • 技術協力とリーダーシップ:ソロモン諸島における伝統芸能保存プロジェクトの事例から
    関根 久雄
    第13回国際開発学会全国大会/2002-12-01
  • World Natural Heritage and Participatory Development: Case of Ecotourism in the Solomon Islands
    関根 久雄
    International Symposium of University of Tsukuba. World Heritage: stepping toward the future Protection of the World Heritage and the University Education/2003-10-27
  • 「開発とリーダーシップ」研究から実践の人類学へ
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会『開発援助の人類学的評価法』/2004-10-17