現在地

木戸 光子(キド ミツコ; Kido, Mitsuko)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 冒頭文と結尾文の文章を統括する機能-頭括型と尾括型の要約文の分析を通して-
    木戸光子
    表現学会大会_表現学会___/2007-06
  • 日本語の意見文における文の配列と文章構造の関係
    木戸光子
    AAS Seminar 2007_The Association of Asian Studies___/2007-03
  • 尾括型の意見文はなぜ存在するのか?-意見文の客観性と主観性について-
    木戸 光子
    第2回談話分析コロキアム/2006-12-23
  • 作文における『客観的表現』とは何か
    木戸光子
    2006年度日本語教育学会春季大会予稿集_日本語教育学会___127-132/2006-05
  • 日本の大学における留学生対象の日本語作文授業の試み
    木戸光子
    ATJ Seminar 2005_The Association of Teachers of Japanese___/2005-03
  • 認知・相互作用・人間関係からみた日本語の会話における話題・エピソード・発話連鎖
    木戸光子他; +木戸 光子
    日本語教育学会秋季大会_日本語教育学会___/2003-10
  • 尾括型の意見文に関する一考察
    木戸光子
    表現学会大会_表現学会___/2003-06
  • 日本語の意見文の文章構造
    木戸光子
    ATJ Seminar 2003_The Association of Teachers of Japanese___/2003-03
  • 日本語教育におけるレポート・プロジェクトの試み
    木戸光子
    日本語教育方法研究会誌_日本語教育方法研究会_9_2_16-17/2002-09
  • 作文教育のための留学生と日本人学生の意見文の比較
    木戸光子
    2001年度日本語教育学会春季大会予稿集_日本語教育学会___97-102/2001-05
  • なぜその構文を使わなければならないのか-構文動機を提示する中上級文法教材の開発
    小林典子・フォード丹羽順子・木戸光子・松本哲洋; +木戸 光子
    日本語教育方法研究会誌_日本語教育方法研究会_6_2_/1999-09
  • 『文への組み立て』-『構文動機』の記述を生かした日本語中上級文法教材
    フォード丹羽順子・小林典子・木戸光子・松本哲洋; +木戸 光子
    第4回日本語教育シンポジウム_ヨーロッパ日本語教育教師会___/1999-09
  • 常体と敬体-新聞の投書の文章をめぐって
    木戸光子
    人文科教育学会例会_人文科教育学会___/1988