現在地

渡辺 俊(ワタナベ シユン; Watanabe, Shun)

研究者情報全体を表示

研究課題
ポスト定住化社会における時空を超えたアクティビティの流動化実態に関する実証的研究2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
地理情報科学と都市工学を融合した空間解析手法の新展開2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(A)
地理情報科学と都市工学を融合した空間解析手法の新展開2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(A)10,660,000円
高度成長期の首都圏における居住構造変容の日中比較研究-北京と東京を事例として-2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)9,620,000円
高度成長期の首都圏における居住構造変容の日中比較研究-北京と東京を事例として-2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)6,370,000円
地理情報科学の教授法の確立-大学でいかに効果的にGISを教えるか-2005 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(A)49,530,000円
ハギア・ソフィア大聖堂の修復史とその評価、および今後の修復・保存に関する研究2005 -- 2007日本学術振興会/基盤研究(A)34,580,000円
伝統的都市における街区保存手法の日中比較-北京と京都を事例として-2004 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)10,900,000円
「設計と連動する歩行者行動シミュレーションシステムに関する研究」のための企画調査2003 -- 2003日本学術振興会/基盤研究(C)3,400,000円
北京の伝統的空間保全型再開発のための国際リモートコラボレーションシステムの開発2001 -- 2002日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円