現在地

工藤 博幸(クドウ ヒロユキ; Kudo, Hiroyuki)

研究者情報全体を表示

受賞
2015-05山嵜深君平成26年度電子情報通信学会医用画像研究会研究奨励賞(研究室学生の受賞)
2014-09電子情報通信学会フェロー称号授与業績『医用計算機トモグラフィにおける断層像再構成法の先駆的研究』により
2014-02日本コンピュータ外科学会2013年講演論文賞
2014-01国際雑誌『Inverse Problems』創刊30周年記念調査において全論文中被引用回数Top 30(第26位)に選定論文『Truncated Hilbert transform and image reconstruction from limited tomographic data』の被引用回数が同雑誌に過去に掲載された全論文中で第26位だった
2013-10田山貴大君平成25年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2013-01SATテクノロジー・ショーケース2013においてベスト産業実用化賞受賞(参画しているリサーチユニットの受賞)
2012-10イサムラシド君平成24年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室ポスドクの受賞)
2012-08高橋和晃君平成23年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2012-08王朕君平成23年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2010-04筑波大学大学院システム情報工学研究科教育貢献表彰『情報メディア創成学類の教育に貢献』
2009-102009 IEEE Medical Imaging Conferenceにおけるポスター発表『Enabling photon counting clinical x-ray CT』がPremium Posterに選定
2009-08平成20年度日本医用画像工学会論文賞
2009-06論文『Solving the interior problem of computed tomography using a priori knowledge』が国際雑誌『Inverse Problems』の2008 High Lights受賞
2009-03論文『Tiny a priori knowledge solves the interior problem in computed tomography』が国際雑誌『Physics in Medicine and Biology』の2008 High Lights受賞
2008-122008年出版の論文『Solving the interior problem of computed tomography using a priori knowledge』が国際雑誌『Inverse Problems』のFeatured article(high-interest article)に選定
2008-08小林哲哉君平成20年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2008-08イサムラシド君平成19年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2008-08森基成君平成19年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2008-08山守恭平君平成19年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2008-052008年出版の論文『Tiny a priori knowledge solves the interior problem in computed tomography』が国際雑誌『Physics in Medicine and Biology』のFeatured article(high-interest article)に選定
2007-07平成18年度日本医用画像工学会論文賞
2007-03論文『Truncated Hilbert transform and image reconstruction from limited tomographic data』が国際雑誌『Inverse Problems』の2006 High Lights受賞
2006-032006年出版の論文『Truncated Hilbert transform and image reconstruction from limited tomographic data』が国際雑誌『Inverse Problems』のFeatured article(high-interest article)に選定
2005-07豆生田友里さん平成17年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)
2002-07李美花さん平成14年度日本医用画像工学会奨励賞(研究室学生の受賞)