現在地

北原 格(キタハラ イタル; Kitahara, Itaru)

研究者情報全体を表示

一般講演
  • ATRの最近の研究動向と自由視点サッカースタジアムの紹介
    新津靖(株式会社ネプラス; 東京電機大学); 松浦重明(日商...
    3Dコンソーシアム勉強会(技術部会・サービス/コンテンツ部会共催)/2004-05-28
  • 自由視点3次元映像スタジアムの構築
    北原 格(筑波大); 名手久貴(TAO); 関口修利(プラスビジ...
    日本視覚学会 2003年度冬季大会 シンポジウム:表示システムの最前線:技術開発と視覚研究の接点/2003-01-22
  • 3D映像スタジアム
    中澤篤志(東大); 北原格(筑波大); 苗村健(東大); 稲見...
    第2回複合現実感セミナー パネル討論「複合現実がもたらす新しい表現技術」/2002-10-31
  • AR/MRデモンストレーショの再現性を保証するソフトウェア環境の構築-Casper Cartridge プロジェクト-
    林 将之; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    VR学会SIG-MR研究会/2012-10-13
  • A Study of Camera Tracking Evaluation on TrakMark Data-Set
    Masayuki Hayashi; Itaru Kitahara; Yoshinari Kameda; Yuich...
    The 2nd International Workshop on AR/MR Registration, Tracking and Benchmarking(TrakMark2011)/2011-10-26
  • A ready-to-use USB memory stick for TRAKMARK evaluation and AR learning
    Masayuki Hayashi; Itaru Kitahara; Yoshinari Kameda; Yuich...
    The 10th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2011),Demonstration Session/2011-10-27
  • 3D Free-Viewpoint Soccer Stadium Project in University of Tsukuba
    Itaru Kitahara
    BIWI Seminar - Knowledge-Based Image Interpretation/2011-10-31
  • 仮想化現実技術を用いた拡張現実感の新展開
    北原 格
    大阪電気通信大学 情報学研究施設 視覚情報学講演会/2011-12-02
  • フリーハンド映像から抽出した壁領域における複合現実型壁紙シミュレーション
    上田将司・北原 格・大田友一; +北原 格
    VR学会SIG-MR研究会/2012-01-20
  • A Pose Estimation Method of a Mobile Camera by Using an Environmental Stereo Camera
    Hiroyoshi Tsuru; Itaru Kitahara; Yuichi Ohta
    Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2012)/2012-02-03
  • パーティクルフィルタとカルマンフィルタを補完的に利用したバドミントン映像からのシャトル軌道推定
    宍戸 英彦; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2012)/2012-03-08
  • 入口での多方向撮影を利用した駐車場における車両追跡
    田邊 健; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    電子情報通信学会 2012年総合大会/2012-03-20
  • 屋外におけるジオラマ型インタフェースを用いたパン・チルトカメラの可視化
    林 将之; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    電子情報通信学会 2012年総合大会/2012-03-20
  • 遠方の景観を昼間の映像で表現した複合現実型夜間映像提示
    清水 諒; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    電子情報通信学会 2012年総合大会/2012-03-20
  • ユーザの身体動作を用いた自由視点映像閲覧インタフェースの検討
    山桐 靖史; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    電子情報通信学会 2012年総合大会/2012-03-20