現在地

石田 健一郎(イシダ ケンイチロウ; ISHIDA, Ken-ichiro)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 真核生物進化の空白を埋める!分子系統解析が解き明かすプロティストの系統関係
    矢崎 裕規; 白鳥 峻志; 久米 慶太郎; 石田 健一郎; 橋本 哲男...
    日本進化学会第18回大会/2016-08-25--2016-08-28
  • Characterization of strain SRT308; a new heterotrophic flagellate basal to Euglenozoa.
    Takashi Shiratori; Euki Yazaki; Inagaki Yuji; Tetsuo Hash...
    Protis-2016 Moscow Forum/2016-06-06--2016-06-19
  • 非光合成性珪藻類葉緑体における機能
    神川龍馬; Stefan Zauner; Uwe Maier; Daniel Moog; John M A...
    日本藻類学会第40回大会/2016-03-19--2016-03-20
  • フォルニカータ生物群の基部から分岐する新奇嫌気性生物PAP020株のミトコンドリア様オルガネラの代謝機能の推測
    矢崎裕規; 白鳥峻志; 久米慶太郎; 橋本哲男; 石田健一郎; 稲...
    第85回日本寄生虫学会/2016-03-19--2016-03-20
  • Strain PAP020, a novel anaerobic microeukaryote branching at the base of Fornicata.
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Keitaro Kume; Sohta A Ish...
    VII ECOP-ISOP Joint Meeting 2015/2015-09-05--2015-09-10
  • トランスクリプトームデータを基盤とした大規模分子系統解析による新奇嫌気性真核微生物PAP020株の系統的位置の解明
    矢崎裕規; 白鳥隆志; 久米慶太郎; 橋本哲男; 石田健一郎; 稲...
    日本進化学会第17回大会/2015-08-20--2015-08-21
  • ヌクレオモルフをもつ2種の未記載渦鞭毛藻:「真核-真核型」細胞内共生を介した葉緑体成立過程を解き明かす新たなモデルとして
    皿井千裕; 谷藤吾朗; 中山卓郎; 神川龍馬; 高橋和也; 石田健...
    日本進化学会第17回大会/2015-08-20--2015-08-21
  • Is a microaerophilic flagellate strain PAP020 is the most basal member of the Fornicata?
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Keitaro Kume; Sohta A Ish...
    Annual Meeting of Canadian Institute for Advanced Research, Integrated Microbial Biodiversity Program/2015-05-27--2015-05-29
  • 山形県鶴岡産緑色渦鞭毛藻TRD132株の細胞内微細構造
    皿井千裕; 高橋和也; 谷藤吾朗; 中山卓郎; 神川龍馬; 稲垣 祐...
    日本藻類学会第39回大会/2015-03-20--2015-03-22
  • 有殻アメーバPaulinella chromatophoraのゲノム解析
    松尾充啓; 潟端篤; 鈴木穣; 水口洋平; 野口英樹; 豊田敦; 藤...
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25--2014-11-27
  • 有殻アメーバPaulinella chromatophoraのトランスクリプトーム解析
    潟端篤; 松尾充啓; 鈴木穣; 水口洋平; 野口英樹; 豊田敦; 藤...
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25--2014-11-27
  • 新奇緑色渦鞭毛藻共生体の微細構造観察:とくに共生体核に注目して
    皿井千裕; 谷藤吾朗; 森田幸之介; 中山卓郎; 高橋和也; 岩滝...
    日本植物学会第78回大会/2014-09-12--2014-09-14
  • 新奇緑色渦鞭毛藻共生体の微細構造観察:とくに共生体核に注目して
    皿井千裕; 谷藤吾朗; 森田幸之介; 中山卓郎; 高橋和也; 岩滝...
    日本植物学会第78回大会/2014-09-12--2014-09-14
  • "Green genes" in novel green colored dinoflagellates: signs of the nucleomorph genomes.
    Takuro Nakayama; Goro Tanifuji; Ryoma Kamikawa; Eriko Mat...
    Protist2014/2014-08-03--2014-08-08
  • Paulinella chromatophora retains two evolutionarily distinct pathways for tetraphyrrole biosynthesis
    Inagaki Yuji; Yuki Nishimura; Mami Nomura; Takuro Nakayam...
    Protist2014/2014-08-03--2014-08-08
  • Phylogenemic placement of the orphaned amorphean protists; ancyromonads, mantamonads, collodictyonids, and rigifilids
    Mattew W Brown; Aaron A Heiss; Ryoma Kamikawa; Akinori Ya...
    Protist2014/2014-08-03--2014-08-08
  • Variations in compositions of long chain alkenones reflect phylogenetic relationship
    Araie Hiroya; Hideto Nakamura; Takashi Shiratori; Ken-ich...
    The 10th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference/2014-05-04--2014-05-08
  • 山形県鶴岡産緑色渦鞭毛藻TRD132株の細胞内微細構造
    皿井千裕; 高橋和也; 谷藤吾朗; 中山卓郎; 神川龍馬; 稲垣 祐...
    日本藻類学会第39回大会/2014-03-20--2014-03-22
  • 独自の光合成シアノバクテリア共生体を持つ有殻アメーバPaulinella chromatophoraにおけるテトラピロール合成系の進化
    西村祐貴; 野村真未; 石田健一郎; 小保方潤一; 橋本哲男; 稲...
    日本植物学会第77回大会/2013-09-12--2013-09-15
  • 独自の光合成シアノバクテリア共生体を持つ有殻アメーバPaulinella chromatophoraにおけるテトラピロール合成系の進化
    西村祐貴; 野村真未; 中山卓郎; 石田健一郎; 小保方潤一; 橋...
    第15回日本進化学会/2013-08-28--2013-08-30
  • 光合成能進化研究のモデルとしての無色珪藻類Nitzschia spp.
    神川龍馬; 吉田昌樹; 平美砂歌; 石田健一郎; 橋本哲男; 稲垣祐司
    日本藻類学会第36回大会/2012-07-13--2012-07-15
  • アクチン遺伝子をマーカーとした二次共生生物ク リプト藻におけるsymbiotic replacementの解析
    谷藤 吾朗; 恵良田 眞由美; 石田健一郎; 原 慶明
    日本進化学会/2009-08-01--2009-08-01
  • Protein targeting into the chlorarachniophyte plastids.
    Hirakawa Y.; Nagamune K.; Ishida K.
    International Symposium on Protistology: Evolution and Diversity/2008-11-01
  • Dynamic diversity of actin coding genes in cryptomonads of the secondary symbiotic organisms
    Tanifuji Goro; Onodera N; Erata M; Ishida K; Hara Y
    Fourth Asian Pacific Phycological Forum/2005-10-30--2005-11-4
  • Genome size diversity in cryptomonad nucleomorphs.
    Onodera N; Tanifuji Goro; Erata M; Ishida K; Hara Y
    Fourth Asian Pacific Phycological Forum/2005-10-30--2005-11-4