現在地

興梠 克久(コウロキ カツヒサ; Kohroki, Katsuhisa)

研究者情報全体を表示

論文
  • 労災保険関連統計にみる林業労働災害の発生傾向と災害防止対策の課題
    川﨑 章惠; 興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/129/p.28, 2018-05
  • 転換期の森林保険
    興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/129/p.732, 2018-05
  • 竹林の荒廃・拡大に対する周辺住民の認識・評価ー茨城県つくば市茎崎地区を事例にー
    相原 隆貴; 立花 敏; 興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/128/p.10, 2017
  • 林業新規就業者の裾野を広げる-福井県の事例-
    興梠 克久
    森林組合/(568)/pp.14-17, 2017-10
  • 森林認証制度と森林保険
    Kohroki Katsuhisa
    森林保険だより/(6)/pp.4-5, 2017-01
  • 川上から川下へ:木材産地における構造変化
    Kohroki Katsuhisa
    日事連/55(4)/pp.4-9, 2017-04
  • 関東地区における原木の安定供給
    Kohroki Katsuhisa
    木材情報/(313)/pp.1-5, 2017-06
  • 自伐林家グループによる地域森林管理-静岡県を事例に-
    興梠 克久; 椙本 杏子
    日本森林学会大会発表データベース/125/p.21, 2014
  • 持続可能な林内放牧の現状と課題?宮崎県諸塚村と山口県防府市の山本牧場を事例に?
    定行 祐李; 興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/126/p.14, 2015
  • 「自伐」的森林管理による地域活性化-鳥取県智頭町葦津財産区を事例に-
    興梠 克久; 田口 新太郎
    日本森林学会大会発表データベース/126/p.4, 2015
  • 「緑の雇用」事業の特徴と課題
    興梠克久; 川﨑章惠
    森林科学/78/pp.5-12, 2016-10
  • 「緑の雇用」による林業新規就業者の育成
    興梠克久
    農業と経済/pp.46-53, 2016-12
  • 林業におけるOJT指導員の養成-熊本県を事例に-
    興梠 克久; 伊藤 孝史郎; 杉山 沙織
    日本森林学会大会発表データベース/127/p.23, 2016
  • 林業事業体の地域別動向-経営及び雇用に関するアンケート分析-
    滝沢 裕子; 伊藤 幸男; 興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/127/p.25, 2016
  • 宮崎県の林業構造の変化と課題
    興梠 克久
    国民と森林/(135)/pp.7-8, 2016-01
  • 現場指導者の育成―スポーツ科学の視点から―
    興梠 克久; 伊藤孝史郎
    森林組合/(550)/pp.10-13, 2016-04
  • 第1報告 林業の主産地形成と原木流通の構造的変化 : 伊万里木材市場を事例に(2000年代以降における林業の主産地形成,2014年度東日本林業経済研究会シンポジウム)
    興梠 克久
    林業經濟/68(5)/pp.12-13, 2015-08
  • 自伐型林業が新しい担い手をつくる
    興梠 克久
    AFCフォーラム/63(11)/pp.7-10, 2016-02
  • 林業の主産地形成と原木市場の商社化
    興梠 克久
    山林/(1577)/pp.19-27, 2015-10
  • 「緑の雇用」の課題
    興梠 克久
    森林組合/(545)/pp.10-15, 2015-11
  • 新規林業就業者教育における現場指導者の要請-熊本県の事例-
    興梠 克久
    森林組合/(547)/pp.15-21, 2016-01
  • 自伐林家による林地残材の資源化~土佐の森方式・木の駅プロジェクトを事例に~
    興梠 克久; 大内 環; 垂水 亜紀; 北原 文章
    日本森林学会大会発表データベース/124/p.108, 2013
  • 2010年農林業センサスからみる林業サービス事業体の動向
    川﨑 章惠; 興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/124/p.123, 2013
  • チェーンソー用防護服の使用と管理の実態
    鹿島 潤; 都築 伸行; 鹿又 秀聡; 興梠 克久
    日本森林学会大会発表データベース/124/p.46, 2013
  • 自伐林家の「責務」と「楽しみ」
    興梠 克久
    国民と森林/pp.2-6, 2015-3