現在地

江面 浩(エヅラ ヒロシ; Ezura, Hiroshi)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • Effects of high ambient temperature on reproductive stage in EMS-mutant heat tolerant tomato
    Pham Dung; Shinozaki Yoshihito; Yano Ryoichi; Hoshikawa K...
    Plant Biology 2019/2019-08-03--2019-08-07
  • トマトの単為結果に関わる鍵遺伝子共発現ネットワーク解析による新規候補遺伝子の探索
    神谷 健; Tuan Vu Nam; 福島 敦史; 羽尾 周平; 篠崎 良仁; 王...
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13--2019-03-15
  • トマトモデル品種‘Micro-Tom Japan’を基盤としたバイオリソース整備
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    園芸学会平成31年度春季大会/2019-03-23--2019-03-24
  • NBRPトマト: 研究リソースの整備状況と利用成果
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    日本育種学会第135回講演会/2019-03-15--2019-03-17
  • 植物におけるタンパク質大量発現「つくばシステム」
    三浦 謙治; 星川 健; 山本剛史; 高岡美予; 江面 浩
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-14
  • The optimization of single base editing technology by Target-AID in tomato
    嘉祥寺谷幸子; 西田敬二; 三浦 謙治; 近藤昭彦; 江面 浩; ...
    The 15th Japan Solanaceae Consortium JSOL2018/2018-10-19
  • Diverse functions of starch decomposition products in developing fruit of tomato
    Matsukura Chiaki; Yu Xiao-Ran; Yin Yong-Gen; Ezura Hiroshi
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13--2019-03-15
  • Tissue-specific transcriptome profiling of pollination- and DELLA-dependent tomato fruit set
    Shinozaki Y; Ozeki-Iida Y; Rose JKC; Ezura H; Ariizumi T
    The XIV Solanaceae and III Cucurbitaceae Genomics Joint Conference/2017-09-03--2017-09-06
  • Isolation of a novel tomato mutant with enhanced fruit set efficiency and candidate gene approaches by Next Generation Sequencing
    H Takei; Y Shinozaki; H Ezura; T Ariizumi
    International symposium on Japanese Solanaceae genomics initiative/2014-10-25--2014-10-26
  • トマトにおいてAGPase とPEPCK の発現抑制は果実糖含量を減少させる
    松倉 千昭; 鈴木春香; 黄永興; 尹永根; Gibon Y; 岩井宏暁; ...
    第36回日本植物細胞分子生物学会大会/2018-8-26--2018-8-28
  • エチレン低感受性ミニトマトの果実肥大に寄与する因子の検討
    藤内 直道; 福田 直也; 江面 浩
    園芸学会平成30年度秋季大会/2018-09-22--2018-09-24
  • National BioResource Project-Tomato: Collection of ‘Micro-Tom’ mutants, genome sequences and full-length cDNAs
    Hoshikawa Ken; T Hirai; T Ariizumi; Y Yamazaki; N Fukuda;...
    Plant and Animal Genome 2013/2013-01-12--2013-01-16
  • Development of Tomato Bioresources in Japan based on cv. “Micro-Tom” as model tomato cultivar
    Hoshikawa Ken; 江面浩
    Plant Biology Europe 2018/2018-06-18--2018-06-21
  • Tomato bioresources in Japan: Mutant collection based on ‘Micro-Tom-Japan’
    Hoshikawa Ken; Naoko ito; T Ariizumi; N Fukuda; Y Kanayam...
    The 10th ANRRC International Meeting/2018-09-05--2018-09-07
  • 転写因子HsfA1は高温ストレス下におけるトマ トの実りを向上させる
    齋藤雄一; 有賀裕剛; Hoshikawa Ken; 江面 浩; 田中啓介; 四...
    第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会/2018-08-26--2018-08-28
  • Phenotypic Characterization of Heat Tolerant Tomato Mutant HT7
    Dung Pham; 藤田覚史; Hoshikawa Ken; 江面 浩
    第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会/2018-08-26--2018-08-28
  • 耐暑性トマト変異体 fapの表現型解析
    藤田覚史; Dung Pham; Hoshikawa Ken; 江面 浩
    第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会/2018-08-26--2018-08-28
  • トマトモデル品種マイクロトムを基盤としたリソース整備
    Hoshikawa Ken; 伊藤直子; 有泉亨; 福田直也; 久保康隆; 金山...
    第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会/2018-08-26--2018-08-28
  • レタス幼植物体に含まれるクロロゲン酸含量は根域環境と光周期によって変動する
    福田 直也; 下村未知瑠; 藤内直道; 吉田英生; 有泉 亨; 江面...
    園芸学会平成29年度秋季大会/2017-09-02--2017-09-04
  • 温室栽培トマトの生育ならびに果実終了に群落内局所的CO2施用が及ぼす影響
    福田 直也; 廣木晃人; 藤内直道; 神野響一; 鈴木 誠; 成末義...
    園芸学会平成29年度秋季大会/2017-09-02--2017-09-04
  • 温室栽培トマトにおける着果部位周辺の局所的な気温制御の期間が果実肥大に及ぼす影響
    福田 直也; 廣木晃人; 神野響一; 鈴木 誠; 成末義哲; 森川博...
    園芸学会平成30年度春季大会/2018-03-24--2018-03-25
  • 赤色光または青色光照射下で栽培したレタス幼植物体中のクロロゲン酸含有量日間変動と代謝物解析
    福田 直也; 下村未知瑠; 草野 都; 藤内直道; 有泉 亨; 江面...
    園芸学会平成30年度春季大会/2018-03-24--2018-03-25
  • トマト雌蕊のオミックス解析を行うための微量サンプル調製法の確立
    森 哲哉; 羽尾 周平; 小林 誠; 西澤 具子; 岡咲 洋三; 小嶋 ...
    第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム/2013-09-10--2013-09-12
  • マイクロトムおけるnor変異体のキャラクタリゼーション
    王 寧; 草野 都; 有泉 亨; 江面 浩
    第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会/2017-8-29--2017-8-31
  • 赤色光ならびに青色光下で栽培したレタス幼植物体中に含まれるクロロゲン酸含有量の日間変動と代謝物解析
    下村 未知瑠; 草野 都; 藤内 直道; 有泉 亨; 江面 浩; 福田 直也
    園芸学会平成30年度春季大会/2018-3-24--2018-3-25