現在地

松山 茂(マツヤマ シゲル; Matsuyama, Shigeru)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 社会性アブラムシの母性効果を介したカースト制御と季節的多型-密度・日長・温度変化を合図に防衛から繁殖モードにシフトする?!-
    松山 茂; 柴尾 晴信
    第62回日本応用動物昆虫学会/2018-03-25--2018-03-28
  • ミツバチヘギイタダニ最前線
    松山 茂
    ミツバチサミット/2017-11-11--2017-11-12
  • Combined effect of pear leaf volatiles as a host finding cue for parasitoid Lytopylus rufipes
    LIU Chia-Ming; MATSUYAMA Shigeru; KAINOH Yooichi
    第62回日本応用動物昆虫学会/2018-03-25--2018-03-27
  • Host-infested cucumber volatiles as a cue for Apanteles taragamae to locate their host
    Nurkomar Ihsan; Buchori Damayanti; MATSUYAMA Shigeru; KAI...
    第61回日本応用動物昆虫学会/2017-03-27--2017-03-29
  • 寄生蜂の選択的探索行動を解発する宿主由来のカイロモン -ハチが学習するのは単一成分か、ブレンドか?-
    柴尾 晴信; 笹川 幸治; 石井 弓美子; 松山 茂; 嶋田 正和
    第61回日本応用動物昆虫学会/2017-03-27--2017-03-29
  • ゾウムシコガネコバチの寄主切り替えによる選好性スイッチングの検証
    古瀬 郁子; 柴尾 晴信; 松山 茂; 嶋田 正和
    第61回日本応用動物昆虫学会/2017-03-27--2017-03-29
  • なぜアブラナ科植物を食べたアワヨトウは寄生蜂に強いのか -原因植物成分の探索-
    藏滿 司夢; 松山 茂; 戒能 洋一
    第61回日本応用動物昆虫学会/2017-03-27--2017-03-29
  • Analogues of sex pheromone component in the pheromone gland of Bombyx mori
    Takeshi Fujii; Hidefumi Mitsuno; Shigeru Matsuyama; Takuy...
    2016 XXV International Congress of Entomology/2016-09-25--2016-09-30
  • Apples infested with the oriental fruit moth are a source of HIPVs for host-habitat location of the larval parasitoid Lytopylus rufipes
    Chia-Ming Liu; Shigeru Matsuyama; Masatake SASAKI; Akihir...
    2016 XXV International Congress of Entomology/2016-09-25--2016-09-30
  • Rearing method and the behavioral responses to pest-infested plants in Lytopylus rufipes
    Shigeru MATSUYAMA; Chia-Ming LIU; Masatake SASAKI; Akihir...
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会/2016-03-26--2016-03-29
  • 賢い天敵は足跡で獲物を見分ける?!‐寄生蜂の産卵学習カイロモン‐
    柴尾 晴信; 笹川 幸治; 石井 弓美子; 松山 茂; 嶋田 正和
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会/2016-03-26--2016-03-29
  • クロコガネの性フェロモンとオスの定位行動
    大池 昌裕; 金山 祥子; 若村 定男; 松山 茂
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会/2016-03-26--2016-03-29
  • ガ類性フェロモン腺中にみられるフェロモン類似化合物について
    藤井 毅; 光野 秀文; 松山 茂; 韮澤 拓也; Rong Yu; 神...
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会/2016-03-26--2016-03-29
  • コヒメハナカメムシ成熟メスの足跡に含まれる性フェロモン様物質の同定
    前田 太郎; 辻井(藤原)直; 安居 拓恵; 松山 茂
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会/2016-03-26--2016-03-29
  • ヤマトシジミ(Zizeeria maha)の摂食刺激物質について
    山口 芽衣; 松山 茂; 山路 恵子
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会/2016-03-26--2016-03-29
  • アリのニーマン-ピック2型タンパク質はワーカーの化学交信を仲介する
    石田 裕幸; 土屋 渉; 藤井 毅; 藤本 瑞; 宮澤 光博; 石...
    平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会/2015-09-26--2015-09-27
  • Oxalic acid as a feeding stimulant for the Pale Grass Blue butterfly, Zizeeria maha
    Mei Yamaguchi; Shigeru Matsuyama; Keiko Yamaji
    8th Asia-Pacific Chemical Ecology Conference/2015-09-23--2015-09-26
  • ヤマトシジミの摂食刺激物質について
    山口 芽衣; 松山茂; 山路 恵子
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • コウチスズメ(Smerinthus tokyonis)の性フェロモンの探索
    古崎敦也; 上原拓也; 中 秀司; 松山茂; 安藤哲; 本田洋
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • ホシヒメホウジャクの性フェロモンの同定と種特異性
    上原拓也; 中 秀司; 松山茂; 安藤哲; 本田洋
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • 不嗜好植物クリンソウの化学的防衛に対する地域および器官変異
    前迫ゆり; 鈴木 亮; 松山 茂
    日本生態学会第62回全国大会/2015-03-18--2015-03-22
  • サザナミスズメの奇数炭素性フェロモンは偶数炭素脂肪酸から合成される
    上原拓也; 松山茂; 安藤哲; 本田洋
    第58回日本応用動物昆虫学会大会/2014-03-26--2014-03-28
  • アリ類頭部由来の芳香成分について(その2)
    松山茂; 秋野順治
    第52回日本蟻類研究会/2009-08-29
  • アリ類頭部由来の芳香成分について
    松山 茂; 秋野順治
    第51回日本蟻類研究会/2008-08-01
  • Chemical ecology of several honeybees in Asia.
    S. Matsuyama; T. Suzuki; H. Sasagawa
    1998 annual meeting of Entomological Society of America (ESA)/1998-11-01