現在地

田中 健太(タナカ ケンタ; Tanaka, Kenta)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 低密度ニホンジカCervus nipponにおける餌植物嗜好性と、その季節・年変動
    河合 純; 井上 太貴; 關 岳陽; 山本 裕加; 宮本 和; 田中 健太
    山岳科学学位プログラム第4回学術集会/2018-12-15
  • ドローンによる草原生植物の花の検出
    山本 裕加; 徳永 幸彦; 田中 健太
    山岳科学学位プログラム第4回学術集会/2018-12-15
  • 不完全と化した個体識別データからの生残率・繁殖数・成長の推定法:ポアソン過程の応用
    島谷健一郎; 田中 健太
    科学研究費・基盤研究Sシンポジウム「広汎な観測に対する因果性の導入とその最適統計推測論の革新」/2018-10-25
  • 個体群動態の推移行列モデルと欠損データからの成分推定
    島谷健一郎; 田中 健太
    統計数理研究所共同研究集会「環境・生態データと統計解析」/2018-10
  • Plant's life schedule and mountains: Life-history adaptation in Arabidopsis kamchatica along a 0–3000 m elevational gradient
    Kenta Tanaka; Onda Yoshihiko; Shimatani Kenichiro
    ILTER (International Long-Term Ecological Research) EAP (East Asia and Pacific) scientific conference/2018-10
  • 進入初期ニホンジカの採食生態:餌植物嗜好性と生息密度影響
    田中 健太
    山岳科学学位プログラム第3回学術集会/2017-12-16
  • 草原の時間的連続性が植物と蝶類の種組成に与える影響
    井上太貴; 田中 健太
    山岳科学学位プログラム第3回学術集会/2017-12-16
  • オープントップチャンバーを用いた西駒ステーションの森林限界における温暖化実験
    広井岳馬; 田中 健太
    山岳科学学位プログラム第3回学術集会/2017-12-16
  • Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響
    鈴木智之; 井田秀行; 小林元; 高橋耕一; Nam-Jin Noh; 村岡裕...
    第62回日本生態学会/2015
  • 植生履歴が植物相形成に与える影響
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会/2017-3-15
  • Parallel diversifying selection on trichome trait and GL1 gene between high- and low-altitude populations of allopolyploid Arabidopsis kamchatica in three watersheds
    Tanaka Kenta
    64th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, Oral presentation T13-5/2017-3-18
  • 歴史と固有性の価値:生物多様性からの視点
    Tanaka Kenta
    総研大萌芽研究会「日本人が抱える英語の諸問題」/2017-2-23
  • 半自然草原の植物多様性の保全: 耕起・刈取りの有効性検証
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会/2017-3-16
  • 半自然草原の耕起と刈取りが植物の多様性に与える効果
    Tanaka Kenta
    山岳科学学位プログラム第2回学術集会/2016-12-6
  • 耕起による半自然草原の保全:植物のガンマ多様性への効果
    小黒和也; 田中健太
    第63 回日本生態学会/2016-03-22--2016-03-22
  • 斜面土砂移動地の未知なる地中生節足動物相:多様性と生息地特異性
    小粥隆弘; 長澤亮; 田中健太
    第63 回日本生態学会/2016-03-24--2016-03-24
  • 信州大学西駒演習林におけるササラダニ類の垂直分布と温暖化実験の影響
    福山研二・中村寛志・小林元・大石義隆; 田中 健太
    第61回日本生態学会/2014-03-16
  • Vegetation affect ground dwelling animal diversity differently depending on spatial and taxonomic scales.
    Takahiro Ogai; 田中 健太
    61th Annual Meeting of Ecological Society of Japan/2014-03-16
  • Cline in germination traits along 30-3000m altitude in Arabidopsis kamchatica
    Tanaka Kenta; Yoshihiko Onda
    61th Annual Meeting of Ecological Society of Japan/2014-03-15
  • Characteristics of nitrogen mineralization rates and controlling factors in forest soils in Japanese archipelago
    Rieko Urakawa Nobuhito Ohte Hideaki Shibata Kazuo Isobe T...
    2013 AGU Fall Meeting/2013-12-09--2013-12-13
  • 標高傾度に沿ったミヤマハタザオの適応機構:生態から遺伝子へのアプローチ
    平尾章; 恩田義彦 清水(稲継)理恵 瀬々潤 清水健太郎; 田...
    日本進化学会第15回大会/2013-08-30
  • 日本の森林土壌の窒素無機化速度―土壌の化学的特性―
    浦川梨恵子 大手信人 柴田英昭 渡辺恒大 福澤加里部 舘野隆...
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-23
  • 異なる標高帯に生息するクロナガオサムシ亜属2種の遺伝的分化に山岳地形が与える影響
    小粥隆弘; 田中 健太
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
  • 標高万能植物ミヤマハタザオのトライコームおよび光受容体の適応分化
    平尾章; 恩田義彦 清水(稲継)理恵 瀬々潤 清水健太郎; 田...
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
  • 標高万能植物ミヤマハタザオにおけるトライコームおよび光受容体遺伝子の集団間分化
    平尾 章; 恩田義彦; 清水(稲継)理恵; 瀬々 潤; 清水健太郎...
    第60 回日本生態学会/2013-03--2013-03