現在地

原田 悦子(ハラダ エツコ; Harada, Etsuko)

研究者情報全体を表示

論文
  • On-time measurement of subjective anxiety of a passenger in an autonomous vehicle: Gradually changing sounds decreases anxiety of passenger
    Akitoshi Tomita; Harada Etsuko; Satoshi Ando; Kozue Miyas...
    Engineering Psychology and Cognitive Ergonomics: Performance, Emotion and Situation Awareness/pp.209-219, 2017-07
  • 高齢者が人工物利用時に示す「怖がり」:実験室およびコミュニティ活動場面における 人-人工物間相互作用分析(原著)
    田中 伸之輔; Harada Etsuko
    ヒューマンインタフェース学会論文誌/19(1)/pp.1-12, 2017-01
  • 歩行の安心感・安定感に電動アシスト付き歩行車が及ぼす影響:坂道における検討
    Harada Etsuko; 栗延孟; 大門貴之; 須藤智; 富田瑛智
    交通科学/47(1)/pp.18-26, 2016-10
  • 人工物利用に対する「怖がり」特性
    栗延 孟; 藤原 健志; 田中 伸之輔; 須藤 智; 原田 悦子
    日本認知心理学会発表論文集/2014/p.124, 2014
  • 力動性を伴うタスクマネジメント課題:
    原田 悦子; 大川 貴巨
    日本認知心理学会発表論文集/2014/p.22, 2014
  • 単語の意味と合成音声の声質の印象一致による効果
    宮代 こずゑ; 平山 咲月; 原田 悦子
    日本認知心理学会発表論文集/2014/p.4, 2014
  • 系列的問題解決によって形成される概形記憶
    大門 貴之; 原田 悦子; 須藤 智
    日本認知心理学会発表論文集/2014/p.138, 2014
  • 外的リスクが人工物利用の怖がりに及ぼす影響:高齢-若年者比較
    田中 伸之輔; 長谷川 莉子; 原田 悦子
    日本認知心理学会発表論文集/2014/p.61, 2014
  • 高度運転支援システムの利用学習
    大塚 翔; 安藤 達志; 星野 航; 原田 悦子
    日本認知心理学会発表論文集/2015/pp.1-1, 2015
  • ガイドの利用は経路探索の学習を変容させるか
    大門 貴之; 原田 悦子; 須藤 智
    日本認知心理学会発表論文集/2015/pp.2-2, 2015
  • Harmonization effects between a word's semantics and handwritten letters
    Miyashiro Kozue; Nakamura Misaki; Okabe Satomi; Harada Et...
    日本認知心理学会発表論文集/2015/pp.151-151, 2015
  • 制御適合と認知的課題遂行
    田中 伸之輔; 小山 明莉; 原田 悦子
    日本認知心理学会発表論文集/2015/pp.137-137, 2015
  • エージェント利用システムに対する生物らしさ知覚の検討
    長谷川 莉子; 原田 悦子; 栢野 航; 大澤 博隆
    日本認知心理学会発表論文集/2015/pp.5-5, 2015
  • 語義と視覚表現の意味の一致が単語処理に及ぼす影響:プライミング効果による検討
    宮代 こずゑ; 原田 悦子
    認知科学/23(2)/pp.118-134, 2016
  • 異なる目標を持つ二者による協同問題解決
    池永 将和; 原田 悦子
    日本認知心理学会発表論文集/2016/p.133, 2016
  • 高齢者の力を借りる:「みんラボ」(みんなの使いやすさラボ)の試み報告
    原田 悦子
    福祉介護テクノプラス, 2014-07
  • Animacy Perception of agents: Their effects on users behavior and their variability between age groups
    大澤 博隆; Riko hasegawa; Etsuko Harada
    IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, 2015-09
  • 語義とタイポグラフィの意味不一致効果 ~ 視覚世界パラダイムを用いた検討 ~
    宮代こずゑ; 小杉慎一郎; 原田 悦子
    信学技報(テクニカルレポート)/115(441)/pp.19-24, 2016-01
  • Modeling how to understand a target system: bridging the gap between software engineers and usability experts.
    Harada Etsuko
    Human-Computer Interaction 2016 Proceeding., 2016-07
  • 語義と聴覚表現の意味の印象一致が語の処理に及ぼす影響:声質・サイン音を用いた場合
    宮代こずゑ; 原田 悦子
    筑波大学心理学研究/50/pp.31-37, 2015-02
  • 意味一致効果の生起に関する検討:手書き文字を用いた場合
    宮代こずゑ; 原田 悦子
    筑波大学心理学研究/51, 2015-06
  • これからのヒューマン・インターフェースを考える:認知工学の視点から
    原田 悦子
    OKI テクニカルレビュー/83(1)/pp.4-9, 2016-05
  • 単語の意味と,視覚的文字形状の印象一致度に関する検討:表記による変動を中心として
    宮代こずゑ; 原田 悦子
    認知科学/23(2)/pp.118-134, 2016-06
  • 擬人化した機器機能説明のためのロボット腕先端形状の検討(オープンリソースによるイノベーション,及び一般)
    栢野 航; 大澤 博隆; 長谷川 莉子; 原田 悦子
    電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット/114(227)/pp.11-14, 2014-09
  • Animacy Perception of agents: Their effects on users behavior and their variability between age groups
    Riko Hasegawa; Etsuko T. Harada; Wataru Kayano; Hirotaka ...
    IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication/pp.106-111, 2015-08