現在地

柳 久子(ヤナギ ヒサコ; Yanagi, Hisako)

研究者情報全体を表示

論文
  • 介護老人保健施設におけるリハビリテーションの利用者満足度に関連する要因の検討
    坂本晴美; 高田祐; 稲田 晴彦; 奥野純子; 柳久子
    日本プライマリ・ケア連合学会誌/37(4)/pp.324-332, 2014-12
  • 地域在住高齢者における多重課題条件下での歩行能力と転倒リスク調査との関連性
    高田祐; 藤田好彦; 久保田智洋; 稲田 晴彦; 奥野純子; 柳久子
    理学療法科学/29(2)/pp.201-205, 2014-04
  • 健常成人における歩行様式の違いによる脳内血液酸素動態の検討
    内藤 幾愛; 斉藤 秀之; 柳 久子; 矢野 博明; 長澤 俊郎; 小関 迪
    理学療法科学/28(4)/pp.435-440, 2013-08
  • Improvement of gait ability with a short-term intensive gait rehabilitation program using body weight support treadmill training in community dwelling chronic poststroke survivors
    Takao Toshifumi; Tanaka Naoki; Iizuka Noboru; Saitou Hide...
    Journal of Physical Therapy Science/27(1)/pp.159-163, 2015-01
  • 要介護認定高齢者における呼吸機能の特徴と呼吸リハビリテーションの現状
    柳 久子; 巻 直樹、高橋大知
    日本高齢者ケアリング学研究会誌/5(1)/pp.11-23, 2014-10
  • 要介護高齢者における呼吸機能とADL・QOLとの関連
    巻 直樹; 髙橋 大知; 高田 祐; 柳 久子
    日本プライマリ・ケア連合学会誌/38(1)/pp.23-30, 2015-3
  • 廃用症候群入院患者におけるADL能力の向上に影響する要因の検討
    後藤 亮平; 田中 直樹; 渡邉 大貴; 金森 毅繁; 柳 久子
    理学療法科学/29(5)/pp.751-758, 2014
  • Locomotion Improvement Using a Hybrid Assistive Limb in Recovery Phase Stroke Patients.- A Randomized Controlled Pilot Study -
    Watanabe Hiroki; Tanaka Naoki; Inuta Tomonari; Saitou Hid...
    Archives of Physical Medicine and Rehabilitation/95(11)/pp.2006-2012, 2014-11
  • 生活活動度計(A-MES)を用いた地域在住虚弱高齢者の生活活動度の検討
    藤田 好彦; 高田 祐; 久保田 智洋; 堀田 和司; 中村 茂美; 奥...
    日本プライマリ・ケア連合学会誌/37(3)/pp.212-218, 2014-09
  • 老老介護世帯における主介護者の生活の質に関連する要因−中国東北部吉林省(朝鮮民族・漢民族)の実態調査から−
    裴 麗瑩; 奥野 純子; 堀田 和司; 深作 貴子; 権 海善; 柳 久子
    日本プライマリ・ケア連合学会誌/37(3)/pp.225-232, 2014-09
  • リハビリテーション強化型病院の入院部門における理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるインシデントの分析
    柳 久子
    医療の質・安全学会誌/9(2)/pp.124-131, 2014-04
  • 二次予防事業対象者の認知機能とビタミンD
    奥野 純子; 深作 貴子; 堀田 和司; 藪下 典子; Pei Liying; ...
    日本老年医学会雑誌/50(4)/pp.515-521, 2013-7
  • ロボットスーツ HAL(Hybrid Assistive Limbs)福祉用の臨床応用にむけた症例研究
    渡邉 大貴; 田中 直樹; 金森 毅繁; 斉藤 秀之; 長澤 俊郎; 小...
    理学療法科学/27(6)/pp.723-729, 2012-12
  • 起立時の血圧変動に着目した自発的かけ声効果
    柳 久子
    日本生理人類学会誌/3(特別号 1)/pp.196-197, 2013-06
  • 脳卒中片麻痺患者に対するCI療法(constraint-induced movement therapy)の現状と課題
    山口 普己、柳 久子
    高齢者ケアリング学研究会誌/3(2)/pp.1-14, 2013-3
  • 廃用症候群についての文献的考察 ー包括的評価指標作成に向けてー
    後藤 亮平; 田中 直樹; 内藤幾愛; 斉藤 秀之; 柳 久子
    高齢者ケアリング学研究会誌/3(1)/p.16-28, 2012-10
  • Improvement of muscle strengths and gait ability among chronic post-stroke patients by gait training with a foot-pad type locomotion interface.
    Naoki Tanaka; Takeshige Kanamori; Hideyuki Saitou; Hiroak...
    J Nov Physiother/S1002(doi: 10, 4172/)/p.2165-7025, 2012-10
  • Relationship Between Serum 25-hydroxyvitamin D3 Concentration and Walking Ability, Leg Strength, or Balance in Community-Dwelling Japanese Frail Elderlies
    J. Okuno; S. Tomura; H. Yanagi; N. Yabushita; T. Okura; K...
    Journal of Bone and Mineral Research/22(Suppl)/pp.462-462, 2007-09
  • 維持期脳卒中患者に対する歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニング効果の持続性
    田中 直樹; 斉藤 秀之; 飯塚 陽; 矢野 博明; 奥野 純子; 柳 久子
    理学療法科学/27(2)/pp.123-128, 2012-04
  • 老人保健施設における行動分析学の枠組みを用いた介助技術指導に関する研究-トランスファー介助における効果に関する検討-
    小林 和彦; 園山 繁樹; 戸村 成男; 柳 久子
    行動療法研究/29/pp.93-104, 2003-01
  • High degree of genetic polymorphism in apolipoprotein(a) associated with plasma lipoprotein(a) levels in Japanese and Chinese populations.
    Kikuchi S; Nakagawa A; Kobayashi K; Li L; Yanagi H; Arina...
    Hum Genet./92(6)/pp.537-544, 1993-01
  • Association of the apolipoprotein E4 allele with hypercholesterolemia in apparently healthy male adults in Tokyo
    柳 久子
    Japanese Journal of Human Genetics/32/p.283-289, 1987-01
  • Taq I polymorphism in the LDL receptor gehe and a Tag I 1.5-kb band associated with familial hypercholesterolemia
    Kumiko Yamakawa; Takaaki Okafuji; Yukio Iwamura; Kenji Yu...
    Human Genetics/80(1)/pp.1-5, 1988-01
  • Three novel partial deletions of the low density lipoprotein (LDL) receptor gene in familial hypercholesterolemia.
    Kimiko Yamakawa; Kohki Takada; Hisako Yanagi; Shigeru Tsu...
    Human Genetics/82(4)/pp.317-321, 1989-01
  • An ultrasonographic method for detection of Achilles tendon xanthomas in familial hypercholesterolemia.
    Kenji Yuzawa; Kimiko Yamakawa; Eiko Tohno; Seki M; Masahi...
    Atherosclerosis/75(2-3)/pp.211-218, 1989-01