現在地

加藤 克紀(カトウ カツノリ; Kato, Katsunori)

研究者情報全体を表示

論文
  • 情動に関わる脳の機構
    加藤克紀
    心理学ワールド/16/p.13-16, 2002-01
  • 高・低活動系マウスにおける雄間の社会的相互作用
    加藤克紀・牧野順四郎; +加藤 克紀
    動物心理学研究/52(2)/p.142, 2002-01
  • 雄マウスの対侵入者行動に対する雌との同居および隔離飼育の影響
    加藤克紀
    日本心理学会第66回大会発表論文集/p.951, 2002-01
  • 隔離飼育マウスの対他行動に対する環境熟知度の影響
    加藤克紀
    日本心理学会第67回発表論文集/p.1048, 2003-01
  • 高・低活動系マウスにおける雌親行動の系統比較
    昌子浩孝・加藤克紀; +加藤 克紀
    動物心理学研究/53/p.113, 2003-01
  • 高・低活動系マウスの暗条件オープンフィールド行動におけるdiazepamの効果
    高橋阿貴・加藤克紀; +加藤 克紀
    日本神経精神薬理学雑誌/23/p.330, 2003-01
  • Basic technological development for drop-tower experiments on vertebrate.
    Izumi; R.; Oishi; H.; Yoshizaki; R.; Ito; I.; Ishioka; N....
    Proceedings of Drop Tower Days 2002 in Japan/p.247-252, 2003-01
  • Activation of serotonergic neurotransmission during the performance of aggressive behavior in rats.
    Van der Vegt; B.J.; Lieuwes; N.; van de Wall; E.H.E.M.; K...
    Behavioral Neuroscience/117/p.667-674, 2003-01
  • マウスの養育行動に対する初期成育環境における雄親との同居の効果
    昌子浩孝・加藤克紀; +加藤 克紀
    動物心理学研究/53/p.45-55, 2003-01
  • Tsukuba情動系ラットにおける餌運搬行動
    小貫泰広・加藤克紀・牧野順四郎・中津山英子; +加藤 克紀
    動物心理学研究/53/p.71-77, 2003-01
  • 隔離飼育によるマウスの社会行動と脳内モノアミン神経系の変化
    加藤克紀・天野貴史・山田郁子・一谷幸男; +加藤 克紀
    日本神経精神薬理学雑誌/24/p.336, 2004-01
  • 高・低活動系マウスのオープンフィールド活動性に及ぼすドーパミン(DA)神経系作用薬の効果
    加藤克紀・中川直美; +加藤 克紀
    動物心理学研究/54/p.149, 2004-01
  • Effects of rearing conditions on the consequences of social isolation in male mice.
    Kato; K.; Ishihara; E.; and Koyama; T.; +加藤 克紀
    Abstract Book of 28th International Congress of Psychology in Beijing (Aug 8-13)/p.327, 2004-01
  • Influences of food type on food-carrying behavior in rats (Rattus norvegicus).
    Onuki; Y.; Kato; K.; and Makino; J.; +加藤 克紀
    Behavioural Processes/70/p.182-185, 2005-01
  • 敗北後の既知個体との飼育が雄マウスの不安関連行動に及ぼす影響
    中易知大・加藤克紀; +加藤 克紀
    動物心理学研究/59/p.280, 2009-01
  • マウスの移動活動に対する空間構造の影響(3):オープンフィールド内の隔壁の位置の影響
    加藤克紀
    動物心理学研究/59/p.287, 2009-01
  • ラットにおける既知個体との飼育による社会的ストレスの緩衝効果
    中易知大・加藤克紀; +加藤 克紀
    日本心理学会第73回大会発表論文集/p.1041, 2009-01
  • Direct physical interaction is necessary for buffering effects of pair-housing on social stress in rats.
    Nakayasu T.; and Kato; K.; +加藤 克紀
    Abstracts for the 31st International Ethological Conference (Aug 19-24, Rennes, France)/p.347, 2009-01
  • Maternal care affects the development of maternal behavior in inbred mice.
    Shoji; H.; and Kato; K.; +加藤 克紀
    Developmental Psychobiology/51/p.345-357, 2009-01
  • Development of basic technologies for drop-tower experiments on vertebrates.
    Izumi; R.; Oishi; H.; Higashibara; A.; Yoshizaki; R.; Ito...
    Biological Sciences in Space/23/p.85-97, 2009-01
  • 高・低活動系マウスのオープンフィールド活動性に対するセロトニン取込阻害剤の効果
    加藤克紀・中川直美; +加藤 克紀
    動物心理学研究/60/p.215, 2010-01
  • ラットの社会的ストレスの緩和効果における既知個体のニオイの役割
    中易知大・加藤克紀; +加藤 克紀
    日本心理学会第74回大会発表論文集/p.991, 2010-01
  • Is full physical direct interaction necessary for the buffering effects of pair-housing on social stress in rats?
    Nakayasu T.; and Kato; K.; +加藤 克紀
    Abstracts for the 15th Biennial Scientific Meeting of the International Society for Comparative Psychology/p.79, 2010-01
  • Pair-housing prevents the progressive increase in the anxiety-related behavior caused by social defeat in rats.
    Nakayasu T.; and Kato; K.; +加藤 克紀
    Abstracts for the 19th World Meeting of International Society for Research on Aggression/p.111-112, 2010-01
  • マウスの移動活動と空間構造(4):オープンフィールド内隔壁の向きと数の影響
    加藤克紀
    動物心理学研究/61/p.222, 2011-01