現在地

正田 純一(シヨウダ ジユンイチ; Shoda, Junichi)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 体組成異常の変動が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の肝病態に及す影響について
    正田 純一
    第54回肝臓学会総会/2018-6-14--2018-6-15
  • 骨格筋減少と内臓脂肪増加の体組成異常は非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を悪化進展させる
    正田 純一
    第54回肝臓学会総会/2018-6-14--2018-6-15
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患における骨格筋組成の異常
    正田 純一
    第8回肥満と消化器疾患研究会/2018-4-18--2018-4-18
  • 骨格筋減少と内臓脂肪増加による体組成異常は非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を悪化させる
    正田 純一
    第104回消化器病学会総会/2018-4-19--2018-4-21
  • 慢性肝疾患における筋損傷マーカーTitin N-fragmentの尿中測定とその臨床的意義
    鈴木 英雄; 押田夏海; 小峰昇一; 岡田浩介; 正田純一
    第42回日本肝臓学会東部会/2018-12
  • 胃内留置バルーン療法により減量し体重維持が可能であった高度肥満患者の要因と看護の在り方に関する検討
    渡辺 忍; 風間郁子; 正田純一
    第7回日本慢性看護学会/2013-6
  • p62: Nrf2遺伝子二重欠損マウスの非アルコール性脂肪性肝炎発症における腸管由来のエンドトキシンの関与
    秋山 健太郎; 蕨 栄治; 正田 純一
    第44回日本毒性学会学術年会
  • p62: Nrf2遺伝子二重欠損(DKO)マウスのNASH病態の性差と女性ホルモンの関わり
    長岡 亜実; 秋山 健太郎; 蕨 栄治; 正田 純一
    第44回日本毒性学会学術年会
  • スルフォラファンによる転写因子Nrf2の賦活化が運動耐容能に与える影響
    小峰 昇一; 呉 世昶; 蕨 栄治; 正田 純一
    第44回日本毒性学会学術年会
  • 継続的な運動負荷がエンドトキシンのクリアランスと炎症応答に与える影響
    小峰 昇一; 秋山 健太郎; 蕨 栄治; 正田 純一
    44回日本毒性学会学術年会
  • Preclinical study of antitumor activity of trastuzumab emtansine in HER2-positive biliary tract cancer
    Shoda Junichi
    GIASCO 2018/2018-01-18--2018-01-20
  • HER2陽性胆道がん細胞株に対するtrastuzumab emtansineの抗腫瘍効果の検討
    正田 純一
    第55回日本癌治療学会学術集会/2017-10-20--2017-10-21
  • 継続的運動はDHEA産生増加を介して,Kupffer細胞(KC)貪食能の向上によるLPSに対する生体クリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第21回日本肝臓学会大会/2017-10-12--2017-10-13
  • p62:Nrf2遺伝子二重欠損(DKO)♀マウスは♂と比較して非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の肝病変は軽度である
    正田 純一
    第21回日本肝臓学会大会/2017-10-12--2017-10-13
  • NASH自然発症マウスにおける腸内細菌叢と腸管上皮バリア機能の異常
    正田 純一
    第21回日本肝臓学会大会/2017-10-12--2017-10-13
  • p62:Nrf2遺伝子二重欠損(DKO)マウスにおける非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の発症と進展に関する性差について
    正田 純一
    第44回日本毒性学会/2017-07-10--2017-07-12
  • スルフォラファンによる転写因子Nrf2の賦活化は,運動耐容能を向上させる
    正田 純一
    第44回日本毒性学会/2017-07-10--2017-07-12
  • 継続的運動はDHEA産生増加を介して,Kupffer細胞(KC)貪食能の向上によるLPSに対する生体クリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第44回日本毒性学会/2017-07-10--2017-07-12
  • Postgraduate Course Update of Gallstones
    正田 純一
    6th A-PHPBA/2017-06-07--2017-06-10
  • スルフォラファンによる転写因子Nrf2の賦活化は,運動耐容能を向上させる
    正田 純一
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06-28--2017-06-29
  • 継続的運動はDHEA産生によりKupffer細胞(KCs)の貪食能を向上させ,生体のLPSのクリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06-28--2017-06-29
  • 運動は抗酸化ストレス応答を賦活化して脂肪肝の肝病態を改善する
    正田 純一
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06-28--2017-06-29
  • 運動はDHEA産生によりKupffer細胞貪食能を向上させ,生体のLPSのクリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第7回肥満と消化器疾患研究会/2017-04-19--2017-04-19
  • 内臓脂肪増加と骨格筋減少の体組成異常が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の病態に及す影響について
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09
  • 運動療法実施における脂肪肝および肝病態治療効果:肥満とは独立した影響
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09