現在地

正田 純一(シヨウダ ジユンイチ; Shoda, Junichi)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 継続的運動はDHEA産生増加を介して,Kupffer細胞(KC)貪食能の向上によるLPSに対する生体クリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第44回日本毒性学会/2017-07-10--2017-07-12
  • Postgraduate Course Update of Gallstones
    正田 純一
    6th A-PHPBA/2017-06-07--2017-06-10
  • スルフォラファンによる転写因子Nrf2の賦活化は,運動耐容能を向上させる
    正田 純一
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06-28--2017-06-29
  • 継続的運動はDHEA産生によりKupffer細胞(KCs)の貪食能を向上させ,生体のLPSのクリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06-28--2017-06-29
  • 運動は抗酸化ストレス応答を賦活化して脂肪肝の肝病態を改善する
    正田 純一
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06-28--2017-06-29
  • 運動はDHEA産生によりKupffer細胞貪食能を向上させ,生体のLPSのクリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第7回肥満と消化器疾患研究会/2017-04-19--2017-04-19
  • 内臓脂肪増加と骨格筋減少の体組成異常が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の病態に及す影響について
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09
  • 運動療法実施における脂肪肝および肝病態治療効果:肥満とは独立した影響
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09
  • p62:Nrf2遺伝子二重欠損(DKO)マウスにおける非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の発症と進展に関する性差について
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09
  • 運動はDHEA産生を介して,Kupffer細胞貪食能の向上によるLPSのクリアランス増大,また,炎症応答の低下を誘導する
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09
  • p62:Nrf2遺伝子二重欠損マウスの非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)発症機序における腸管と肝の臓器連関,両遺伝子の果たす生体防御の役割
    正田 純一
    第53回日本肝臓病学会総会/2017-06-08--2017-06-09
  • 体組成異常が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の肝病態に及す影響
    正田 純一
    第103回日本消化器病学会総会/2017-04-20--2017-04-22
  • 肥満と肝疾患
    Shoda Junichi
    第41回日本肝臓学会東部会/2016-12-8--2016-12-9
  • 胆道認定医養成講座 胆石の自然史
    Shoda Junichi
    第52回日本胆道学会学術集会/2016-9-29--2016-9-30
  • ポシトグラデュエートコース 胆石症
    Shoda Junichi
    第102回日本消化器病学会総会/2016-4-21--2016-4-23
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患の肝病態改善における運動療法の治療効果:食事療法との比較
    Shoda Junichi
    第41回日本肝臓学会東部会/2016-12-8--2016-12-9
  • p62:Nrf2遺伝子二重欠損マウスの肝蔵,内臓脂肪,腸内環境の解析よりみた NASH発症機序の解明
    Shoda Junichi
    第41回日本肝臓学会東部会/2016-12-8--2016-12-9
  • 継続的な運動はKupffer細胞の異物貪食能の増大により,菌体内毒素(LPS)のクリアランスを増大させ,LPS刺激による炎症応答を低下させる
    Shoda Junichi
    第41回日本肝臓学会東部会/2016-12-8--2016-12-9
  • スポーツ医学より診たNAFLD肥満者における運動療法の有用性
    Shoda Junichi
    第24回 日本消化器関連学会週間/2016-11-3--2016-11-6
  • Moderate to vigorous physical activity volume is an important factor for managing nonalcoholic fatty liver disease: a retrospective study
    Shoda Junichi
    2016 International Congress on Obesity and Metabolic Syndrome in conjunction with the 45th Annual Scientific Meeting of KSSO/2016-9-28--2016-9-28
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における体組成異常と病態の関連性
    Shoda Junichi
    第71回日本体力医学会大会/2016-9-23--2016-9-25
  • 長期間にわたる3次元加速度訓練(AT)の実施が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に与える改善効果
    Shoda Junichi
    第71回日本体力医学会大会/2016-9-23--2016-9-25
  • 継続的な運動負荷は菌体内毒素(LPS)クリアランスを増大させ,LPS刺激による炎症応答を低下させる
    Shoda Junichi
    第71回日本体力医学会大会/2016-9-23--2016-9-25
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の肝病態改善における運動の効果
    Shoda Junichi
    第71回日本体力医学会大会/2016-9-23--2016-9-25
  • NAFLDにおけるCEUSを用いたKupffer細胞機能評価
    Shoda Junichi
    日本超音波検査学会関東甲信越第33回地方会学術集会/2016-9-18--2016-9-18