現在地

久賀 圭祐(クガ ケイスケ; Kuga, Keisuke)

研究者情報全体を表示

著書
  • かぜと、従来型ヒト・高病原性鳥および新型インフルエンザについて
    久賀圭祐
    つくばスチューデンツ, 筑波大学学生生活課, pp.18-18, 2008-06
  • 健康あっての学生生活 Ⅰ
    久賀圭祐
    セーフティーライフ, 筑波大学, pp.7-9, 2008-04
  • 不整脈 
    久賀圭祐; 山崎 浩; 青沼和隆
    病気と薬 パーフェクトBOOK2008, 南山堂, pp.164-173, 2008-03
  • 大学を襲った「麻疹」騒動
    久賀圭祐
    つくばスチューデンツ, 筑波大学学生担当教官室, pp.7-7, 2007-10
  • アミオダロンによる不整脈治療の実際
    久賀圭祐; 山口 巖
    不整脈にアミオダロンをどう使うか(改訂版), ライフメディコム, pp.85-107, 2007-03
  •  「メタボリック症候群」とは?
    久賀圭祐
    つくばスチューデンツ, 筑波大学学生担当教官室, pp.6-6, 2006-12
  • 系統的な心電図の読み方
    久賀圭祐
    成人病と生活習慣病, 東京医学社, pp.1268-1277, 2006-11
  • PQが短い、長い
    久賀圭祐
    心電図の読み方 パーフェクトマニュアル , 羊土社, pp.80-91, 2006-03
  • 頻脈(幅の広いQRSで規則的なもの)
    久賀圭祐
    心電図の読み方 パーフェクトマニュアル , 羊土社, pp.316-331, 2006-03
  • 頻脈(幅の狭いQRSで規則的なもの)
    久賀 圭祐
    心電図の読み方 パーフェクトマニュアル, 羊土社, pp.294-315, 2006-03
  • 【心臓電気生理検査を解く】 電気生理検査の実際 洞不全症候群
    久賀圭祐; 山口 巖
    Heart View, メジカルビュー社, pp.75-82, 2005-11
  • 夏休みを楽しく過ごすために
    久賀圭祐
    つくばスチューデンツ, 筑波大学学生担当教官室, pp.6-6, 2005-06
  • 洞不全症候群(sick sinus syndrome; SSS)
    久賀圭祐; 山口 巖
    心臓ペースメーカ・植込み型除細動器, メジカルビュー社, pp.74-83, 2005-03
  • 古くて新しい病気「感染症」
    久賀圭祐
    つくばスチューデンツ, 筑波大学学生担当教官室, pp.6-6, 2004-06
  • ペースメーカ治療の合併症-術後遠隔期
    久賀圭祐; 山口 巖
    ペースメーカ治療, メジカルビュー社, pp.190-193, 2004-05
  • 徐脈(洞不全症候群)
    久賀圭祐
    心電図を読む , メジカルビュー社, pp.36-37, 2004-03
  • 学生定期健康診断:心電図の結果
    久賀 圭祐
    平成14年度保健管理センター業務報告書, 筑波大学, pp.22-22, 2004-01
  • ペースメーカーのしくみ
    久賀圭祐
    ハートナーシング, メディカ出版, pp.984-990, 2003-10
  • 抗不整脈薬の禁忌と副作用:使用における注意点
    久賀圭祐; 山口 巖
    不整脈診療ガイダンス, メディカルビュー社, pp.98-100, 2003-05
  • 脈の触れ方・数え方のコツ
    吉田健太郎 ; 久賀圭祐 ;
    不整脈診療ガイダンス, メディカルビュー社, pp.156-158, 2003-05
  • 内科の活動
    久賀圭祐
    平成14年度筑波大学スポーツクリニック業務・研究報告, 筑波大学, pp.12-13, 2003-05
  • 重症急性呼吸器症候群(SARS:Severe Acute Respiratory Syndrome)について
    久賀圭祐
    つくばスチューデンツ, 筑波大学学生担当教官室, pp.8-8, 2003-05
  • 植込み型除細動器の適応症例と抗不整脈薬併用による治療戦略
    久賀圭祐; 山口 巖
    抗不整脈薬のすべて(第2版), 先端医学社, pp.355-362, 2003-03
  • 不整脈の重症度評価のしかた
    久賀圭祐; 山口 巖
    Medical Practice, 文光堂, pp.1954-1965, 2002-12
  • 不整脈患者の生活指導
    久賀圭祐; 温 璟
    Medicina, 医学書院, pp.1202-1205, 2002-07