現在地

熊谷 嘉人(クマガイ ヨシト; Kumagai, Yoshito)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • A paradigm shift to redox signal regulation by reactive sulfur species from metallothionein-3
    Kumagai Yoshito
    Gordon Research Conference/2019-02
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice.
    Akiyama Masahiro; Unoki Takamitsu; Shinkai Yasuhiro; I Is...
    Gordon Research Conference/2019-02
  • Identification and characterization of metallothionein-3 as a pesulfide binding protein.
    Ding Yunjie; Yasuhiro Shinaki; Kumagai Yoshito
    Society of Toxicology 58th Annual Meeting/2019-03
  • 活性イオウ分子によるカドミウムのイオウ付加体の生成を介した毒性防御
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 熊谷 嘉人
    生理学研究所 研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」/2018-04
  • メチル水銀による活性イオウ分子種依存的レドックスシグナルの破綻
    居原 秀; 北村 篤志; 笠松 真吾; 井田 智章; 西田 基宏; 澤 ...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • ポリスルフィドによるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構
    新開 泰弘; 秋山 雅博; 鵜木 隆光; 石井 功; 熊谷 嘉人
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • 親電子解毒代謝系システインパースルフィドの新しい合成酵素の発見
    井田 智章; 赤池 孝章; 守田 匡伸; 西村 明; 松永 哲郎; 居原...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • 活性イオウ分子:親電子ストレスに対する防御的役割とその細胞内過剰蓄積による還元ストレス
    秋山 雅博; 鵜木 隆光; 蕨 栄治; 新開 泰弘; 石井 功; 赤池 ...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • 血管内皮細胞のメタロチオネイン転写誘導機構の解析への有機−無機ハイブリッド分子の活用
    竹中 福太; 吉田 映子; 藤江 智也; 山本 千夏; 藤原 泰之; 熊...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • 活性イオウ分子を基軸とする有害金属研究の新展開
    熊谷 嘉人
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • ケミカルバイオロジーを基盤とした酸化・親電子ストレスを生じる化学物質の毒性学的研究
    熊谷 嘉人
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • メチル水銀を低毒性化する食用植物中生理活性物質としてのper/polysulfides
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
  • 食用植物に含まれる活性イオウ分子種がメチル水銀毒性を低毒性化する
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2018
  • Reactive oxygen species produced from 9,10-phenanthrenequinone activate epidermal growth factor receptor signaling through oxidative modification of protein tyrosine phosphatase 1B
    LUONG Nho Cong; ABIKO Yumi; KUMAGAI Yoshito
    The Japanese Society of Toxicology/2017
  • ポリサルファイドモデル化合物Na2S4は1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化を抑制する
    安孫子 ユミ; 新開 泰弘; 鵜木 隆光; 広瀬 玲子; 上原 孝; 熊...
    日本毒性学会学術年会/2017
  • システイン・活性イオウ分子産生酵素CSEのアセトアミノフェン肝障害における保護的役割
    石井 功; 安孫子 ユミ; 鎌田 祥太郎; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2015
  • Biotin-(PEAC)5-maleimide-ELISAを用いた親電子性キノン化合物によるタンパク質修飾の簡便アッセイの提案
    Abiko Yumi; Nho Cong LUONG; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2015
  • パースルフィド・ポリスルフィドとの反応を介した環境中電子受容体のレドックスサイクルで生じるチイルラジカル
    安孫子 ユミ; 中井 由実; Nho Cong LUONG; Jon M FUKUTO; 熊...
    日本毒性学会学術年会/2018
  • アセトアミノフェンの新規代謝経路:イオウ付加体の同定
    安孫子 ユミ; 石井 功; 鎌田 祥太郎; 土屋 幸弘; 渡邊 泰男; ...
    日本毒性学会学術年会/2016
  • メチル水銀曝露による健康リスクを制御する活性イオウ分子の役割
    秋山 雅博; 外山 喬士; 吉田 映子; 鵜木 隆光; 安孫子 ユミ; ...
    日本毒性学会学術年会/2016
  • An atmospheric electrophile activates heat shock factor 1 through S-arylation of heat shock protein 90
    Hirose R.; Unoki T.; Abiko Y.; Shinkai Y.; Sha R.; Kumaga...
    International Congress on Toxicology/2016
  • Methylmercury activates and disrupts the Akt/CREB/Bcl-2 signal transduction pathway in SH-SY5Y cells
    Kumagai Y.; Unoki T.; Abiko Y.; Toyama T.
    International Congress on Toxicology/2016
  • システイン・活性イオウ分子産生酵素CSEのアセトアミノフェン肝障害における保護的役割
    石井 功; 安孫子 ユミ; 鎌田 祥太郎; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2015
  • Chemical toxicology of reactive species in the atmosphere: two decades of progress in an electron acceptor and an electrophile
    Kumagai Yoshito; Abiko Yumi; Cong Nho Luong
    The Japanese Society of Toxicology/2016
  • ビスメチル水銀スルフィドの生成を介したニンニクのヘキサン抽出成分によるメチル水銀の毒性軽減
    Yunjie DING; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017