現在地

渋谷 彰(シブヤ アキラ; Shibuya, Akira)

研究者情報全体を表示

研究課題
lgAおよびlgM免疫グロブリン受容体による粘膜免疫機構の解析2002 -- 2004渋谷 彰日本学術振興会/基盤研究(A)39,920,000円
IgM免疫グロブリンによる病原微生物排除機構の解析2003 -- (現在)渋谷 彰文部科学省/特定領域研究5,200,000円
IgM免疫グロブリンによる病原体排除機構の解析2002 -- (現在)渋谷 彰文部科学省/特定領域研究6,200,000円
新規に同定したIgM受容体の初期免疫機構における役割2002 -- (現在)渋谷 彰文部科学省/特定領域研究5,000,000円
血液腫瘍に発現するCD226と血管内皮細胞に発現するそのリガンドとの相互作用2001 -- (現在)渋谷 彰日本学術振興会/特定領域研究(C)3,800,000円
キラーリンパ球接着分子複合体による免疫制御機構の解析2001 -- (現在)渋谷 彰日本学術振興会/基盤研究(B)9,500,000円
血液系腫瘍に発現するLFA-1/DNAM-1接着分子複合体のシグナル伝達機構2000 -- (現在)渋谷 彰日本学術振興会/特定領域研究(C)3,600,000円
LFA-1/DNAM-1リンパ球接着分子複合体による免疫制御機構の解析2000 -- (現在)渋谷 彰日本学術振興会/特定領域研究(A)3,000,000円
新しい接着分子DNAM-1の遺伝子欠損マウスの作製とその機能の解析1999 -- (現在)渋谷 彰日本学術振興会/基盤研究(C)1,300,000円
血液系腫瘍に発現するβ2インテグリン/DNAM-1複合体のシグナル伝達機構の解析1999 -- (現在)渋谷 彰日本学術振興会/特定領域研究(A)3,200,000円