現在地

青沼 和隆(アオヌマ カズタカ; Aonuma, Kazutaka)

研究者情報全体を表示

著書
  • 心電図健診による長期にわたる疫学調査:Brugada(ブルガダ)症候群の長期予後調査
    青沼 和隆; 夛田浩; 山岸 良匡; 岡田武夫; 北村明彦; 西連寺...
    2010-05
  • 心房細動の予防と治療-⑤リズムコントロールの薬物選択
    青沼 和隆
    心臓, 日本心臓財団, pp.1270-1273, 2011-09
  • ICD−最近の話題
    青沼 和隆
    心臓, 日本心臓財団, p.595, 2007-07
  • dl-ソタロール, アミオダロンの併用投与がelectrical stormの抑制に有効であったICD症例
    横山泰廣; 青沼 和隆; 磯部光章
    PROGRESS IN MEDICINE, ライフ・サイエンス, pp.616-618, 2005-2
  • ICD誤作動の実例
    横山泰廣; 青沼 和隆
    治療学, ライフサイエンス出版, pp.90(766)-92(768), 2003-7
  • 心房細動に対する治療総論
    金城貴士; 青沼 和隆
    日本臨牀, 日本臨牀社, pp.60-66, 2013-01
  • 再発予防(ステロイドetc)
    青沼 和隆; 成瀬代士久
    心房細動カテーテルアブレーション, メジカルレビュー社, pp.299-303, 2013-04
  • 心房細動のカテーテルアブレーションの新しいエビデンス –適応と成績を中心に-
    五十嵐 都; 青沼 和隆
    Annual Review循環器2013, 中外医学社, pp.145-151, 2013-01
  • カテーテル・アブレーション
    青沼 和隆
    今日の治療指針 -私はこう治療している-, 医学書院, pp.331-332, 2013-01
  • 緊急を要する不整脈の処置
    青沼 和隆; 関口幸夫
    今日の循環器疾患治療指針, 医学書院, pp.85-88, 2013-01
  • 心機能低下例に対するICD治療-不適切作動回避のためのICD設定と薬物療法の実際-
    青沼 和隆; 黒木 健志
    月刊循環器Circulation, 医学出版, pp.35-42, 2013-2
  • 生命予後を改善するCRT-D
    山崎 浩; 青沼 和隆
    最新医学, 最新医学社, pp.70-76, 2012-07
  • 心房細動の起源
    青沼 和隆; 吉田 健太郎
    不整脈学, 南江堂, pp.356-359, 2012-09
  • 不整脈
    青沼 和隆
    診療ガイドライン UP-TO-DATE, メディカルレビュー社, pp.205-216, 2012-05
  • 心室頻拍・心室細動に対するICD植込みにカテーテルアブレーションをルーチンで加えるべきか?
    青沼 和隆
    EBM循環器疾患の治療, 中外医科社, pp.335-338, 2012-02
  • 心電図による心室頻拍の起源診断
    黒木 健志; 青沼 和隆
    月刊循環器Circulation, 医学出版, pp.64-72, 2012-06
  • カテーテルアブレーション
    青沼 和隆
    循環器疾患最新の治療, 南光堂, pp.362-364, 2012-03
  • Comments from the Editor-in-Chief of the Journal of Arrhythmia
    青沼 和隆
    Journal of Arrhythmia, pp.1-2, 2012-2
  • 恒久ペーシングの合併症
    青沼和隆; 谷口興一
    循環器科, 1986-01
  • 心電図の読み方から不整脈診療へ 不整脈診断の実際 危険な不整脈 -Life-threatening arrhythmias
    秋山淳一; 青沼和隆
    Medicina, 1992-01
  • カテーテルアブレーションの実際 心房粗動
    青沼和隆; 廣江道昭
    治療学 ライフサイエンス出版, 1995-01
  • WPW 症候群へのカテーテルアブレーション法の適応と成績
    青沼和隆
    呼吸と循環 医学書院, 1996-01
  • 異所性心房頻拍,異所性心房調律
    青沼和隆; 廣江道昭
    日本臨床 症候群シリーズ, 1996-01
  • 日常臨床に必要な不整脈の最新知識 カテーテルアブレーションの適応と効果
    青沼和隆
    クリニカ, 1997-01
  • カテーテルアブレーションの適応と効果
    青沼和隆
    クリニカ 株式会社トプコ, 1997-01