現在地

柳川 徹(ヤナガワ トオル; Yanagawa, Toru)

研究者情報全体を表示

研究課題
A170遺伝子ノックアウトマウスをもちいた頭蓋顎顔面骨病変の解析 2004 -- 2006柳川 徹日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
生活習慣病に係わる環境化学物質に対する新しい細胞障害評価システム2003 -- 2005石井哲郎日本学術振興会/基盤研究(B)15,600,000円
スタチンの骨修復薬としての可能性の検討2003 -- 2004日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
ペルオキシレドキシンIノックアウトマウスによる口腔癌リンパ節転移の解析2002 -- 2004日本学術振興会/基盤研究(B)13,600,000円
酸化ストレスタンパク質を用いた口腔腫瘍マーカーの開発2001 -- 2003日本学術振興会/基盤研究(B)13,700,000円
Nrf2遺伝子ノックアウトマウスを用いた口腔病変のストレス応答の解析2002 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,300,000円
A170遺伝子ノックアウトマウスをもちいた口腔癌に対するストレス防御系の解析1999 -- 2001日本学術振興会/基盤研究(B)14,000,000円
酸化ストレスタンパク質の研究 -- (現在)/
遺伝子ノックアウトマウスを用いた口腔疾患の解析 -- (現在)/
口腔癌の臨床マーカーの開発 -- (現在)/