現在地

中田 由夫(ナカタ ヨシオ; Nakata, Yoshio)

研究者情報全体を表示

論文
  • 質問紙法による定量的評価
    中田 由夫; 笹井 浩行
    体育の科学/66(4)/pp.397-401, 2016-06
  • 未来のためにできること②運動編
    Nakata Yoshio
    糖尿病ケア/13(11)/pp.27-29, 2016-11
  • 信頼できる健康情報の見分け方・発信の仕方
    中田 由夫
    中京大学体育研究所紀要/31/pp.59-64, 2017-03
  • 水戸協同病院における臨床研究支援活動の特徴と課題
    青砥 早苗; 藤江 敬子; 中田 由夫; 小林 裕幸; 渡辺 重...
    日本農村医学会雑誌./65(6)/pp.1177-1187, 2017-03
  • 肥満者への集団型減量支援プログラム“SMART Diet”:日本運動疫学会プロジェクト研究“介入研究によるエビデンス提供”.
    中田 由夫; 笹井 浩行
    運動疫学研究/18(1)/pp.30-35, 2016-03
  • 脳卒中患者1例に対するロボットスーツHALを用いた歩行プログラム前後の歩容評価
    上野 有希子; 江口 清; 門根 秀樹; 有安 諒平; 久保田 茂希; ...
    理学療法学Supplement/2013/p.330, 2014
  • Criterion-related validity of the six-minute walk test for patients with lumbar spinal stenosis
    Imoo Yoshiyuki; Mamizuka Naotaka; Kubota Yuji; Suzuki His...
    理学療法学Supplement/2014/p.25, 2015
  • 表面加工玄米の食べやすさに関する探索的ランダム化クロスオーバー試験
    荒木 理沙; 松浦 文奈; 藤江 敬子; 中田 由夫; 鈴木 浩明; 橋...
    日本栄養・食糧学会誌/69(5)/pp.249-255, 2016
  • 現場の知見から公共の知識への昇華 ~ScienceでありArtでもある体力科学~
    中田 由夫; 門間 陽樹
    体力科学/66(1)/pp.42-42, 2017
  • 肥満症の治療に役立つ運動の種類と時間はどのくらいですか?
    中田 由夫; 笹井浩行
    Modern Physician/35(2)/pp.155-157, 2015-02
  • 疫学的研究手法とは:体育科学における全体像
    中田 由夫
    体育の科学/65(6)/pp.441-444, 2015-06
  • 介入研究のピットフォール:ランダム化比較試験
    中田 由夫
    体育の科学/65(10)/pp.747-751, 2015-10
  • 減量プログラムの地域展開
    中田 由夫; 笹井浩行
    体育の科学/64(12)/pp.858-862, 2014-12
  • 身体活動量を測る:活動量計
    中田 由夫; 笹井浩行
    体育の科学/66(4)/pp.262-265, 2016-04
  • Weight change after 20 years of age and the incidence of dyslipidemia: A cohort study of Japanese male workers.
    Sogabe N; Sawada SS; Lee I-M; Kawakami R; Ishikawa-Takata...
    Journal of Public Health (Oxf)./38(2)/pp.E77-E83, 2016-06
  • 腰部脊柱管狭窄症患者の性別年代別6分間歩行負荷試験
    久保田友二; 馬見塚尚孝; 芋生祥之; 平野篤; 藤江敬子; 橋本...
    日本臨床スポーツ医学会誌/23(3)/pp.560-564, 2015-08
  • 運動疫学研究に活用可能な新しい解析アプローチ~Isotemporal Substitution Model~.
    笹井浩行; 中田 由夫
    運動疫学研究/17(2)/pp.104-112, 2015-10
  • 介入研究によるエビデンスの「つくる・伝える・使う」の促進に向けた基盤整備への呼びかけ~日本運動疫学会プロジェクト研究~
    中田 由夫; 笹井浩行; 北畠義典; 種田行男
    運動疫学研究/17(2)/pp.113-117, 2015-10
  • Accuracy of wearable devices for estimating total energy expenditure: Comparison with metabolic chamber and doubly labeled water method.
    Murakami H; Kawakami R; Nakae S; Nakata Yoshio; Ishikawa-...
    JAMA Internal Medicine./176(5)/pp.702-703, 2016
  • プロジェクト研究の概要とGPAQ日本語版の作成
    井上 茂; 中田 由夫; 大河原 一憲; 岡 浩一朗; 小熊 祐子; 高...
    体力科学/65(1)/pp.155-155, 2016
  • 質問紙で評価した身体活動ガイドライン達成者の活動レベル
    中田 由夫; 井上 茂; 大河原 一憲; 岡 浩一朗; 小熊 祐子; 高...
    体力科学/65(1)/pp.156-156, 2016
  • ランダム化比較試験と運動疫学
    中田 由夫
    体力科学/65(1)/pp.49-49, 2016
  • CDH13 Polymorphisms are Associated with Adiponectin Levels and Metabolic Syndrome Traits Independently of Visceral Fat Mass
    Kitamoto Aya; Kitamoto Takuya; Nakamura Takahiro; Matsuo ...
    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis/23(3)/pp.309-319, 2016-03
  • Current review of intervention studies on obesity and the role of physical activity in weight control
    Nakata Yoshio; Sasai Hiroyuki
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine/4(4)/pp.321-329, 2015
  • バドミントン競技者における肩関節痛に関する記述疫学的研究
    藁科 侑希; 笹井 浩行; 中田 由夫; 白木 仁
    運動疫学研究/17(1)/pp.29-36, 2015-03