現在地

松本 功(マツモト イサオ; Matsumoto, Isao)

研究者情報全体を表示

著書
  • 関節リウマチ診療update IL-17阻害は有効か?  
    松本 功
    内科, p.659-663, 2012-04
  • 関節リウマチにおけるTh17細胞と抗IL-17, 23抗体療法 
    松本 功
    最新医学, p.275-280, 2012-04
  • 解糖系酵素に対する自己抗体とRA
    松本 功
    免疫2004 中外医学社, 2004-01
  • 自己抗体が何故関節炎を誘導するのか
    松本 功
    内科, 2004-01
  • 自己抗体により誘導される関節炎の発症機序
    松本 功
    臨床免疫, 2004-01
  • 関節リウマチにおける新しい病因的自己抗体
    松本 功; 住田孝之
    臨床検査, 2004-01
  • シェーグレン症候群とM3ムスカリン性アセチルコリン受容体
    内藤裕介; 松本功; 住田孝之
    シェグレン症候群へのstrategy, 2004-01
  • GPIに対する免疫応答と関節炎
    松本 功
    分子リウマチ, 2004-01
  • K/BxNマウス
    松本 功
    日本臨床, 2005-01
  • 抗GPI抗体と関節炎
    松本 功 住田孝之
    炎症と免疫, 2005-01
  • 関節リウマチにおける自己抗体の産生機序と病因性
    松本 功
    臨床免疫学会雑誌, 2005-01
  • 自己抗体誘導性関節炎モデル
    松本 功
    内科, 2006-01
  • 関節リウマチにおける抗glucose-6-phosphate isomerase抗体
    松本 功
    分子リウマチ, 2006-01
  • 関節炎における自己抗体と炎症性サイトカインの関係
    松本 功
    臨床免疫, 2006-01
  • シェーグレン症候群
    岩波慶一; 松本功; 住田孝之
    メディカルプラクティス, 2006-01
  • 抗glucose-6-phosphate isomerase抗体の病原性
    松本 功
    2006-01
  • 抗GPI(glucose-6-phosphate isomerase)抗体
    松本 功; 住田孝之
    リウマチ科, 2006-01
  • 核抗原に対する自己免疫の発現とToll様レセプター
    松本功
    臨床免疫・アレルギー科, 2006-01
  • シェーグレン症候群におけるステロイド治療
    林太智; 松本功; 住田孝之
    ステロイドの使い方 コツと落とし穴, 2006-01
  • 抗ガラクトース欠損IgG抗体
    松本 功
    検査値の見方, 2006-01
  • 自己抗体と自己免疫疾患
    松本 功
    EXPERT 膠原病リウマチ改訂第2版, 2006-01
  • 再発性多発軟骨炎
    松本 功
    GUIDELINE 膠原病リウマチ, 2006-01
  • Sjӧgren症候群に対するステロイド療法の妥当性は?-積極的な立場から
    岩波慶一; 松本功; 住田孝之
    内科, 2007-01
  • ついに登場!次世代の診断ツール:コンパクトMRI
    住田孝之; 伊藤聡; 半田晋也; 鈴木豪; 杉原誠人; 坪井洋人; ...
    分子リウマチ治療, 2008-01
  • 新規関節リウマチ治療薬開発における動物モデルの有用性
    松本 功
    リウマチ科, 2009-01