現在地

井口 研子(イグチ アキコ; Iguchi, Akiko)

研究者情報全体を表示

論文
  • 当院における甲状腺全摘術後の副甲状腺機能低下をきたした症例の検討
    竹内 直人; 井口 研子; 安藤 有佳里; 佐々木 啓太; 松尾 知平...
    日本内分泌外科・甲状腺外科学会雑誌/35(147), 2018-10
  • 原発性副甲状腺機能亢進症症例における腎機能の関与について
    星 葵; 竹内 直人; 安藤 有佳里; 佐々木 啓太; 松尾 知平; 澤...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/35(147), 2018-10
  • 当科におけるバセドウ病に合併した甲状腺癌の検討
    澤 文; 竹内 直人; 安藤 有佳里; 佐々木 啓太; 松尾 知平; ...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/35(147), 2018-10
  • Preoperative diagnosis of a giant cell tumor of soft tissue arising from the breast by ultrasound-guided core needle biopsy.
    Sawa Aya; Ikeda Tatsuhiko; Ichioka Emika; Tsushima Yukiko...
    Journal of Medical Ultrasonics/46(2)/pp.257-261, 2018-07
  • 頚部アプローチで摘出し得た縦隔内甲状腺腫瘍の3例
    蒲原玲南; 田地佳那; 佐々木啓太; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 ...
    日本内分泌外科・甲状腺外科学会雑誌/35(増刊), 2018-05
  • sub clinical Cushing症候群と原発性アルドステロン症を合併した両側副腎腫瘍に対し片側副腎摘除術を行った一例
    林 優花; 原 尚人; 河村千登星; 佐々木啓太; 松尾知平; 橋本...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/35(増刊), 2018-05
  • 当院で経験した甲状腺癌患者に対するソラフェニブ及びレンバチニブの有効性と安全性
    松尾知平; 佐々木啓太; 橋本幸枝; 田地佳那; 寺崎 梓; 市岡恵...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/35(増刊), 2018-05
  • 当院における原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下片側副腎全摘の治療成績
    都島由希子; 佐々木啓太; 松尾知平; 橋本幸枝; 田地佳那; 寺...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/35(増刊), 2018-05
  • 甲状腺未分化癌に対し集中的治療を行うことができた一例
    飯島麻里絵; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 市岡恵美香; 都...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S279-S279, 2017-09
  • 気管狭窄を伴った巨大腺腫瘍甲状腺腫の1例
    高野絵美梨; 河村千登星; 松尾知平; 高木理央; 橋本幸枝; 寺...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S277-S277, 2017-09
  • 橋本病急性憎悪に対して甲状腺全摘術を施行しコントロールを得た一例
    佐々木憲人; 原 尚人; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S275-S275, 2017-09
  • 当院における頚部術後マニュアルの改訂
    都島由希子; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 田...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S264-S264, 2017-09
  • 健診発見された甲状腺乳頭癌症例の検討
    池田達彦; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 都島...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S262-S262, 2017-09
  • 筑波大学附属病院 乳腺甲状腺内分泌外科 指導医の立場から
    Iguchi Akiko; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 田地佳那; ...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S235-S235, 2017-09
  • TKI時代における外科的治療の重要性
    松尾知平; 河村千登星; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 田地佳那; 市岡...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(141)/pp.S217-S217, 2017-09
  • 癌患者血清における可溶型CD155の発現解析
    Iguchi Akiko; 渋谷 彰; 渋谷 和子
    第9回血液疾患免疫療法学会学術集会プログラム・抄録集, 2017-09
  • Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients
    Iguchi-Manaka A; Okumura G; Kojima H; Cho Y; Hirochika R;...
    PLoS One/11(4)/p.e0152982, 2016-04
  • Soluble CD155 is involved in the escape from tumor immunity.
    Iguchi Akiko; Shibuya Akira; Shibuya Kazuko
    日本免疫学会総会・学術集会記録 第43巻/43/p.162, 2014-12
  • 当院における乳癌骨転移に対するデノスマブ使用症例の検討
    池田 達彦; 古屋 舞; 市岡 恵美香; 斉藤 剛; 清松 裕子;...
    第21回日本乳癌学会学術集会総会プログラム抄録集, 2013-06
  • Involvement of soluble CD155 in cancer immune escape
    Iguchi Akiko; Shibuya Akira; Shibuya Kazuko
    日本免疫学会総会・学術総会記録第42巻/42, 2013-12
  • Involvement of soluble CD155 in cancer immune escape
    井口 研子; 小島寛; 吉川裕之; 渋谷彰; 渋谷和子
    第72回日本癌学会学術総会, 2013-10
  • 家族歴による遺伝子検査の結果、早期の外科的加療が可能であったMEN2A甲状腺髄様癌の一例
    田地 佳那; 水谷 理沙; 古屋 舞; 市岡 恵美香; 斉藤 剛;...
    第45回日本甲状腺外科学会学術集会抄録集, 2012-10
  • Horner症候群を来した左頚部巨大腫瘤の一例
    島 正太郎; 水谷 理沙; 市岡 恵美香; 田地 佳那; 斉藤 ...
    第45回日本甲状腺外科学会学術集会抄録集, 2012-10
  • Malignant Lymphoma of the breast in a male patient: ultrasound imaging features
    Ikeda Tatsuhiko; Bando Hiroko; Iguchi Akiko; Tanaka Yuko;...
    Breast Cancer/22(2)/pp.201-205, 2015-03
  • SY-12-7 当科における進行甲状腺癌への治療方針(SY-12 シンポジウム(12)進行甲状腺癌に対する集学的アプローチ,第112回日本外科学会定期学術集会)
    原 尚人; 島 正太郎; 古屋 舞; 田地 佳那; 床嶋 恵美香; 斎藤...
    日本外科学会雑誌/113(臨時増刊号_2)/p.157, 2012-03