現在地

井口 研子(イグチ アキコ; Iguchi, Akiko)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • Nipple Sparing Mastectomy(NSM)における自家組織を用いた乳房一次再建
    佐々木正浩; 関堂 充; 相原有希子; 佐々木薫; 渋谷陽一郎; 今...
    第26回日本乳癌学会学術総会/2018-05-16--2018-05-19
  • 小葉癌の病理組織学的subtypeの違いと臨床的背景、予後の検討
    都島由希子; 松尾知平; 佐々木啓太; 橋本幸枝; 田地佳那; 寺...
    第26回日本乳癌学会学術総会/2018-05-16--2018-05-18
  • TrastuzumabとPertuzumabの同時混合点滴の安全性に関する検討(JBCRG-20 sub-study)
    坂東 裕子; 増田慎三; 伊藤良則; 石田和茂; 井口研子; 水谷麻...
    第26回日本乳癌学会学術総会/2018-05-16--2018-05-18
  • 当院で経験した妊娠期乳癌11症例の検討
    河村千登星; 坂東 裕子; 佐々木啓太; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺...
    第26回日本乳癌学会学術総会/2018-05-16--2018-05-18
  • 当院における乳頭乳輪温存乳房切除術の安全性の検討
    橋本幸枝; 坂東 裕子; 佐々木啓太; 松尾知平; 田地佳那; 寺崎...
    第26回日本乳癌学会学術総会/2018-05-16--2018-05-19
  • 治療方針決定におけるOncotype DXの有用性についての検討
    田地佳那; 坂東 裕子; 河村千登星; 佐々木啓太; 松尾知平; 寺...
    第26回日本乳癌学会学術総会/2018-05-16--2018-05-18
  • 当院における遺伝性乳がん診療の現状
    野口 惠美子; 松尾知平; 坂東裕子; 河村千登星; 佐々木啓太; ...
    第26回日本乳がん学会学術総会/2018-05-16--2018-05-18
  • 広範な腸管壊死を契機に発見され、摘出に難渋した重症良性褐色細胞腫の1例
    松尾知平; 寺崎 梓; 高木理央; 星 葵; 橋本幸江; 田地佳那;...
    第243回茨城外科学会/2017-06-24
  • 甲状腺未分化癌に対し集中的治療を行うことができた一例
    飯島麻里絵; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 市岡恵美香; 都...
    第50回日本甲状腺外科学会学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • 気管狭窄を伴った巨大腺腫瘍甲状腺腫の1例
    高野絵美梨; 河村千登星; 松尾知平; 高木理央; 橋本幸枝; 寺...
    第50回日本甲状腺外科学会学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • 橋本病急性憎悪に対して甲状腺全摘術を施行しコントロールを得た一例
    佐々木憲人; 原 尚人; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺...
    第50回日本甲状腺外科学会学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • 当院における頚部術後マニュアルの改訂
    都島由希子; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 田...
    第50回日本甲状腺外科学会学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • 健診発見された甲状腺乳頭癌症例の検討
    池田達彦; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 都島...
    第50回日本甲状腺外科学会学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • 筑波大学附属病院 乳腺甲状腺内分泌外科 指導医の立場から
    Iguchi Akiko; 河村千登星; 松尾知平; 橋本幸枝; 田地佳那; ...
    第50回日本甲状腺外科学会学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • TKI時代における外科的治療の重要性
    松尾知平; 河村千登星; 橋本幸枝; 寺崎 梓; 田地佳那; 市岡...
    第50回日本甲状腺外科学会学術/2017-10-26--2017-10-27
  • 分化癌① 座長
    Iguchi Akiko
    第50回日本甲状腺外科学会学術/2017-10-26--2017-10-27
  • 癌患者血清における可溶型CD155の発現解析
    Iguchi Akiko; 渋谷 彰; 渋谷 和子
    第9回血液疾患免疫療法学会学術集会/2017-09-30
  • 当院における甲状腺髄様癌の症例報告
    Iguchi Akiko; 藤田 ひろみ; 山本 祥之; 関根 郁夫; 原 尚人
    甲状腺疾患治療講演会/2017-07-08
  • Soluble CD155 is involved in the escape from tumor immunity
    井口 研子; 渋谷 彰; 渋谷 和子
    第3回筑波大学・東京理科大学生命医科学研究所合同リトリート/2015-03-20
  • Soluble CD155 is involved in the escape from tumor immunity.
    Iguchi Akiko; Shibuya Akira; Shibuya Kazuko
    第43回日本免疫学会総会・学術集会/2014-12-10--2014-12-12
  • Involvement of soluble CD155 in cancer immune escape
    Iguchi Akiko; Shibuya Akira; Shibuya Kazuko
    第42内日本免疫学会総会・学術集会/2013-12-11--2013-12-13
  • Involvement of soluble CD155 in cancer immune escape
    井口 研子; 小島寛; 吉川裕之; 渋谷彰; 渋谷和子
    第72回日本癌学会学術総会/2013-10-03--2013-10-05
  • 当院における乳癌骨転移に対するデノスマブ使用症例の検討
    池田 達彦; 古屋 舞; 市岡 恵美香; 斉藤 剛; 清松 裕子;...
    第21回日本乳癌学会学術総会/2013-06-27--2013-06-29
  • ナブパクリタキセル投与により出血性膀胱炎を認めた一例
    市岡 恵美香; 井口 研子; 古屋 舞; 斉藤 剛; 清松 裕子; ...
    第46回茨城乳腺疾患研究会/2013-06-01
  • 同時多発乳癌の発見契機に関する検討
    水谷 理沙; 坂東 裕子; 市岡 恵美香; 古屋 舞; 斉藤 剛;...
    第46回茨城乳腺疾患研究会/2013-06-01