現在地

谷川 聡(タニガワ サトル; Tanigawa, Satoru)

研究者情報全体を表示

論文
  • コンプレックス・トレーニングが大学男子バレーボール選手の跳躍力および筋力,パワーに及ぼす影響
    岡野 憲一; 谷川聡
    バレーボール研究/pp.12-18, 2015
  • 天皇杯全日本バレーボール選手権大会優勝チーム選手における形態,柔軟性及び跳躍能力の特徴
    岡野 憲一; 内藤景; 谷川聡
    コーチング学研究/28(2)/pp.141-150, 2015
  • 国内トップリーグ男子バレーボール選手における一側性トレーニングが両側性筋力および跳躍能力に及ぼす影響
    岡野 憲一; 谷川聡
    東京体育学研究/17/pp.25-30, 2016
  • エリート男子バレーボール選手における身長と跳躍能力に関する研究
    岡野 憲一; 山中浩敬; 内藤景; 谷川聡
    コーチング学研究/29(2)/pp.149-159, 2016
  • 準備期におけるウエイトトレーニングと自転車トレーニングがエリートバレーボール選手の形態及び身体能力に及ぼす影響
    岡野 憲一; 谷川聡
    トレーニング科学/27(3)/pp.55-66, 2016
  • 男子100m走における記録・身長・風速別の標準通過時間および標準区間時間
    宮代 賢治; 山元 康平; 内藤 景; 谷川 聡; 西嶋 尚彦
    スポーツパフォーマンス研究/7/pp.356-369, 2015
  • Sprint step-type specific characteristics of anthropometric and kinematic variables in sprinting acceleration
    Naito Hikari; Kariyama Yasushi; Yamamoto Kohei; Tanigawa ...
    Proceedings of the 33rd Congress of the International Society of Biomechanics in Sports/pp.338-341, 2015-06
  • 陸上競技男子400m走におけるレースパターンとパフォーマンスとの関係
    山元 康平; 宮代 賢治; 内藤 景; 木越 清信; 谷川 聡; 大山卞...
    体育学研究/59(1)/pp.159-173, 2014
  • スプリント・ハードルトレーニングのためのバイオメカニクス知見の活かし方
    谷川 聡; 内藤 景
    バイオメカニクス研究, 2014-10
  • トップアスリートの走運動感覚とパフォーマンスの変容(09 体育方法,一般研究発表抄録)
    谷川 聡; 内藤 景; 佐野 布由実
    日本体育学会大会予稿集/(64)/p.294, 2013-08
  • 専門的準備期から試合期への疾走能力と走動作の縦断的変化(09 体育方法,一般研究発表抄録)
    内藤 景; 苅山 靖; 谷川 聡
    日本体育学会大会予稿集/(65)/pp.273-274, 2014-08
  • 専門的準備期から試合期への加速局面におけるスプリント走パフォーマンスの縦断的変化
    内藤 景; 山元 康平; 苅山 靖; 谷川 聡
    陸上競技研究/98(3)/pp.24-33, 2014-09
  • 主観的鉛直に対する視覚情報の影響はハードラーとスプリンターで異なるか?
    板谷 厚; 伊藤 森太郎; 吉田 雄大; 谷川 聡; 木塚 朝博
    日本体育学会大会予稿集/(63)/p.150, 2012-08
  • 100m走パフォーマンスと加速局面のピッチ・ストライド動態の関係 : 個人内レースの比較に着目して
    内藤 景; 苅山 靖; 宮代 賢治; 谷川 聡
    日本体育学会大会予稿集/(63)/p.234, 2012-08
  • ハイハードル2選手のキネマティクな変化に関する縦断的研究
    宮下憲; 谷川聡; 高松潤二; 金子公宏; 安井年文
    スプリント研究/7/p.23-28, 1999-01
  • ハイハードル走のインターバルランニングに関する研究
    谷川聡; 宮下憲; 高松潤二; 安井年文; 金子公宏
    スプリント研究/12/p.43-53, 2002-01
  • 下肢筋活動から見たハードル走の踏み切り動作に関する研究
    金子公宏; 宮下憲; 大山圭悟; 谷川聡; 鋤柄純忠; 大山康彦
    スプリント研究/10/p.13-23, 2002-01
  • 110mハードル選手の競技力向上に関する事例的研究
    一川大輔; 宮下憲; 谷川聡; 横沢俊治; 金子公宏
    陸上競技研究/48/p.26-33, 2002-01
  • 女子100mハードル走のモデルタッチダウンに関する研究
    川上小百合; 宮下憲; 志賀充; 谷川聡
    陸上競技紀要, 2004-01
  • 一般大学生の体力・運動能力テストと運動経験および運動頻度に関する一考察
    谷川聡; 末松大喜
    筑波大学体育研究/28/p.43-53, 2006-01
  • スプリント&スプリント走ハードルパフォーマンスの向上のためのトレーニングの研究と実践
    谷川聡
    陸上競技学会誌, 2006-01
  • 世界トップレベルの男子110mの特性
    谷川聡
    バイオメカニクス研究/6/p.46-54, 2008-01
  • 第12回世界選手権ベルリン大会の分析
    谷川聡
    陸上競技研究/78/p.52-58, 2009-01
  • 男子大学生の移動運動トレーニングがスプリントパフォーマンスにおよぼす影響
    谷川聡; 末松大喜; 尾縣貢
    陸上競技研究/82/p.34-45, 2010-01
  • 試合期におけるサッカー競技者のスプリント技術トレーニングがスプリントおよびジャンプパフォーマンスにおよぼす影響
    谷川聡; 島田一志; 一川大輔; 吉岡宏; 尾縣貢
    コーチング学研究/24, 2010-01