現在地

菅野 智明(カンノ チアキ; Kanno, Chiaki)

研究者情報全体を表示

論文
  • 近代碑学の展開における「玉梅花盦論篆」の位置
    菅野 智明
    集刊東洋学/(74)/p.125-137, 1995-12
  • 李瑞清の墨縁
    菅野 智明
    書学書道史研究/(6)/p.87-106, 1996-09
  • 『寐叟題跋』の書法
    菅野 智明
    福島大学教育学部論集・人文科学部門/(61)/p.15-32, 1996-12
  • 『寐叟題跋』の款印
    菅野 智明
    福島大学教育学部論集・人文科学部門/(62)/p.19-35, 1997-06
  • 「玉梅花盦論篆」における金文書派の体系
    菅野 智明
    書学書道史研究/(7)/p.61-83, 1997-09
  • 羅振玉旧蔵『沈乙盦尚書手簡』初探
    菅野 智明
    福島大学教育学部論集・人文科学部門/(63)/p.49-68, 1997-12
  • 沈曾植論書研究引述
    菅野 智明
    言文/(45)/p.1-15, 1997-12
  • 呉隠在西泠印社創立前活動之考察
    菅野 智明
    西泠印社国際印学研討会論文集/p.408-415, 1998-09
  • 北京図書館蔵『稷山論書詩』尋釈
    菅野 智明
    福島大学教育学部論集・人文科学部門/(65,66)/p.29-47,30-46, 1998-12
  • 『清道人遺集』論書試析
    菅野 智明
    中国近現代文化研究/(1)/p.31-49, 1998-12
  • 沈曾植の北碑論
    菅野 智明
    中国文化/(57)/p.40-52, 1999-06
  • 沈曾植旧蔵『蘭亭集珍七種』管見
    菅野 智明
    墨/(138)/p.76-79, 1999-06
  • 『稷山論書詩』の北碑論
    菅野 智明
    中国近現代文化研究/(2)/p.9-31, 1999-12
  • 陶濬宣『稷山論書詩』をめぐって
    菅野 智明
    日中人文社会科学交流協会創立二十周年記念日中学術シンポジウム論文集/p.156-165, 2000-03
  • 劉師培論書私考―「書法分方円二派考」を中心として―
    菅野 智明
    国際書学/2000/p.95-105, 2000-09
  • 沈曾植的北碑論
    菅野 智明
    中国書法史学国際学術論文集/p.346-354, 2000-12
  • 北碑の貶斥―近代論書から―
    菅野 智明
    中国近現代文化研究/(3,4)/p.4-14,7-30, 2000-12
  • 近代における南北書派説の展開
    菅野 智明
    青山杉雨記念賞第3回学術奨励論文選/p.9-35, 2000-12
  • 顧燮光「書学源流論」浅説―上海美専における幻の金石書学講義録―
    菅野 智明
    言文/(48)/p.1-15, 2001-01
  • 羅振玉が顧燮光に与えた尺牘
    菅野 智明
    書論/(32)/p.147-172, 2001-03
  • 書論史研究の方法に関する一考察―教学的視点から―
    菅野 智明
    佐藤宣男教授退官記念論文集/p.58-78, 2002-02
  • 『清稗類鈔』鑑賞類・法書関連条の典拠について―有正書局印行物との比較対照を中心に―
    菅野 智明
    言文/(49)/p.9-29, 2002-03
  • 有正書局の法書出版について
    菅野 智明
    中国近現代文化研究/(5)/p.21-52, 2002-12
  • 法書出版研究序説
    菅野 智明
    言文/(50)/p.1-10, 2003-03
  • 呉隠の西泠印社創立前夜―法帖制作を介した交流―
    菅野 智明
    新書鑑/(338-343)/p.4-6,6-8,20-21,14-15,22-2, 2003-09