現在地

坂東 裕子(バンドウ ヒロコ; Bando, Hiroko)

研究者情報全体を表示

論文
  • Encapsulated papillary carcinomaの2例
    橋本 幸枝; 井口研子; 高木理央; 星 葵; 澤 文; 寺崎 梓;...
    第13回日本乳癌学会関東地方会プログラム・抄録集, 2016-11
  • Effect of dose timing on the blood concentration of lapatinib in patients with breast cancer
    Ohgami M; Bando H; Ishiguro H; Tsuda M; Toriguchi N; Aogi...
    Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology/28(11)/pp.2888-2889, 2017-06
  • A Simple High-Performance Liquid Chromatography for Determining Lapatinib and Erlotinib in Human Plasma
    Ohgami Masahiro; Homma Masato; Suzuki Yoshiharu; Naito Ka...
    THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 2016
  • A Simple High-Performance Liquid Chromatography for Determining Lapatinib and Erlotinib in Human Plasma
    Ohgami Masahiro; Homma Masato; Suzuki Yoshiharu; Naito Ka...
    THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 2016
  • A case of hemorrhagic cystitis caused by nab-paclitaxel
    Ichioka Emika; Iguchi-Manaka Akiko; Oikawa Takehiro; Sawa...
    International cancer conference journal/5(4)/pp.187-191, 2016-07
  • 乳癌手術症例におけるセンチネルリンパ節転移陽性の危険因子の検討
    寺崎 梓; 井口 研子; 高木 理央; 星 葵; 橋本 幸枝; 田地 佳...
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • 当院における乳癌術式の最近の傾向
    橋本 幸枝; 高木 理央; 星 葵; 寺崎 梓; 田地 佳那; 市岡 恵...
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • 高齢者乳癌患者に対する外科的治療の検討
    松尾 知平; 北原 美由紀; 穂積 康夫; Bando Hiroko; 原 尚人
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • 当院における乳頭乳輪温存乳房切除術の安全性についての検討
    藤原 彩織; Bando Hiroko; 高木 理央; 星 葵; 橋本 幸枝; 寺...
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • 副甲状腺機能亢進症に対する術中迅速PTH測定の精度管理
    田地 佳那; 井口 研子; 星 葵; 橋本 幸枝; 寺崎 梓; 市岡無恵...
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • 当院における甲状腺乳頭癌gray zone症例に対する治験および予後の検討
    星 葵; 橋本 幸枝; 寺崎 梓; 田地 佳那; 市岡 恵美香; 都島 ...
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • 閉経後ホルモン受容体陽性乳癌患者におけるレトロゾールを用いた術前内分泌療法の有用性
    高木 理央; 池田 達彦; 佐々木 啓太; 星 葵; 松尾 知平; 橋本...
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響(会議録)
    大神 正宏; 坂東 裕子; 石黒 洋; 鳥口 尚子; 津田 萌; ...
    TDM研究/33(2)/p.192, 2016-05
  • ラパチニブの血中濃度に及ぼす服用タイミングとタモキシフェン併用の影響(第2報)(会議録)
    大神 正宏; 坂東 裕子; 石黒 洋; 鳥口 尚子; 津田 萌; ...
    臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS/47/p.S251, 2016-10
  • 巨体な甲状腺未文化癌にレンバチニブを投与し、QOLの改善が得られた1例
    都島 由希子; 高木 理央; 橋本 幸枝; 澤 文; 寺崎 梓; 市岡 ...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(増刊), 2017-04
  • 小児Plummer病の1例
    橋本 幸枝; 太 拓也; 高木 理央; 澤 文; 寺崎 梓; 市岡 恵...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(増刊), 2017-04
  • 広範な腸管壊死を契機に発見され、摘出に難渋した重症褐色細胞腫の1例
    寺崎 梓; 田地 佳那; 星 葵; 高木 理央; 橋本 幸枝; 松尾 知...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/34(増刊), 2017-04
  • 副甲状腺機能亢進症手術における術中迅速PTH測定の精度管理
    田地 佳那; 井口 研子; 星 葵; 橋本 幸枝; 寺崎 梓; 市岡恵美...
    日本内分泌外科・甲状腺外科学会雑誌/34(増刊), 2017-04
  • Duration of fasting before taking lapatinib is associated with skin toxicity in neoadjuvant treatment of HER2 positive breast cancer: A cohort study from JBCRG-16/Neo-LaTH
    Tsuda M.; Ishiguro H.; Toriguchi N.; Masuda N.; Bando H.;...
    CANCER RESEARCH/77(4), 2017-02
  • The ectopic FOXA1 expression correlates to the luminal breast cancer stem cells
    Tachi K.; Shiraishi A.; Bando H.; Yamashita T.; Tsuboi I....
    CANCER RESEARCH/77(4)/pp.281-289, 2017-02
  • Hypoxia promotes the phenotypic change of aldehyde dehydrogenase activity of breast cancer stem cells.
    Shiraishi Akira; Kana Tachi; Nesrine Essid; Ikki Tsuboi; ...
    Cancer Sci/108(3)/pp.362-372, 2016-12
  • 甲状腺内視鏡手術・今後の展望における問題点と課題
    原 尚人; 松尾 知平; 高木 理央; 星 葵; 佐々木 啓太; 橋本 ...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/33(4)/pp.205-209, 2016-12
  • 当院における甲状腺細胞診結果の評価と取り組み
    都島由希子; 星 葵; 橋本 幸枝; 田地 佳那; 寺崎 梓; 市岡恵...
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌/33(135), 2016-09
  • 甲状腺MALTリンパ腫治療後DLBCLに転化し、甲状腺全摘を施行した1例
    池田 達彦; 星 葵; 古田 幸枝; 田地 佳那; 寺崎 梓; 市岡 恵...
    日本超音波医学会 第28回関東甲信越地方会学術集会 抄録集, 2016-10
  • Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients
    Iguchi-Manaka A; Okumura G; Kojima H; Cho Y; Hirochika R;...
    PLoS One/11(4)/p.e0152982, 2016