現在地

池端 慶(イケハタ ケイ; Ikehata, Kei)

研究者情報全体を表示

論文
  • 硫黄島地熱発電所跡で2014年12月16日に放出された噴出物の構成物について
    池端 慶
    火山噴火予知連絡会会報/(120)/pp.144-147, 2016-03
  • Absence of Elovl6 attenuates steatohepatitis but promotes gallstone formation in a lithogenic diet-fed Ldlr-I- mouse model
    Kuba Motoko; Matsuzaka Takashi; Matsumori Rie; Saito Ryo;...
    Scientific Reports/5/p.17604, 2015-12
  • Potential for biogeochemical cycling of sulfur, iron and carbon within massive sulfide deposits below the seafloor
    Kato Shingo; Ikehata Kei; Shibuya Takazo; Urabe Tetsuro; ...
    ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY/17(5)/pp.1817-1835, 2015-05
  • Copper isotope systematics of chalcopyrites in ancient and modern seafloor hydrothermal deposits, measured by a femtosecond LA-MC-ICP-MS
    Ikehata Kei; Ishibashi J.; Hirata T.
    Society of Economic Geologists, SEG 2015, Proceedings, 2015
  • 海底熱水性硫化鉱物の銅同位体比の特徴
    池端 慶; 石橋 純一郎; 平田 岳史
    日本地球化学会年会要旨集/62/p.10, 2015
  • 硫黄島地熱発電所跡で2014年12月16日に放出された噴出物の構成物について
    池端 慶
    第131回火山噴火予知連絡会資料/pp.148-150, 2015-02
  • Dating of hydrothermal mineralizatoin in active hydrothermal fields in the Southern Mariana Trough
    Jun-ichiro Ishibashi; Kazuhiko Shimada; Fumihiro Sato; Ai...
    Subseafloor biosphere linked to global hydrothermal systems: TAIGA concept/pp.289-300, 2015-01
  • Mineralogical and geochemical characteristics of hydrothermal minerals collected from hydrothermal vent fields in the Southern Mariana spreading center
    Ikehata Kei; Ryohei Suzuki; Kazuhiko Shimada; Jun-ichiro ...
    Subseafloor biosphere linked to global hydrothermal systems: TAIGA concept/pp.275-287, 2015-01
  • 高原火山,富士山におけるマグマ混合機構 : 苦鉄質包有物による検討
    田島 義之; 荒川 洋二; 池端 慶; 金井 啓通
    火山/59(2)/pp.91-97, 2014-06
  • 硫黄島旧噴火口(ミリオンダラーホール)で2013年2月17日-2月18日、2013年4月11日に発生した噴火に伴い放出された泥の構成物について
    池端 慶; 田村知也
    火山噴火予知連絡会会報/115/pp.96-99, 2014-03
  • 硫黄島旧噴火口(ミリオンダラーホール)の現地調査結果(2012年3月7日~9日)
    池端 慶; 滝沢 茂; 気象庁
    火山噴火予知連絡会会報/112/pp.84-87, 2014-01
  • Evaluation of UV-fs-LA-MC-ICP-MS for Precise in situ Copper Isotopic Microanalysis of Cubanite
    Ikehata Kei; Takafumi Hirata
    ANALYTICAL SCIENCES/29(12)/pp.1213-1217, 2013-12
  • メルト包有物の化学組成分析に基づく新島向山886年火山噴出物と神津島天上山838年火山噴出物の識別
    池端 慶
    筑波大学研究基盤総合センター分析部門報告 2012 /2012/pp.23-26, 2013-11
  • 小笠原・硫黄島の旧噴火口で2012年-2013年に発生した爆発現象に伴い放出された噴出物の特徴
    池端 慶; 田村 知也
    日本鉱物科学会年会講演要旨集/2013/p.173, 2013-09
  • Petorological and petrochemical investigations of Iwanoyama-Iyuzan volcanic chain in Higashi-Izu-monogenetic volcano group, Izu-Bonin volcanic arc, central Japan.
    Kanai Hiromichi; Arakawa Yoji; Tajima Yoshiyuki; Ikehata Kei
    International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior (Kagoshima, Japan)/p.4W_1B-P11, 2013-07
  • Magma mixing mechanism of Fujiyama lava dome in Takahara volcano, northeastern Japan.
    Tajima Yoshiyuki; Arakawa Yoji; Kanai Hiromichi; Ikehata Kei
    International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior (IAVCEI) Conference (Kagoshima, Japan)/p.4W_1B-P14, 2013-07
  • 硫黄島旧噴火口(ミリオンダラーホール)で2013年2月17日-18日、4月11日に発生した爆発現象に伴い放出された泥の構成物について
    池端 慶; 田村知也
    第126回火山噴火予知連絡会資料/pp.116-118, 2013-06
  • 長崎県島原半島、小浜温泉の温泉沈殿物の鉱物学的・地球化学的特徴
    池端 慶
    日本地球化学会年会要旨集/60/p.121, 2013
  • 高原火山、富士山溶岩ドームにおける苦鉄質包有物から推定されたマグマ混合機構
    田島 義之; 荒川 洋二; 池端 慶; 金井 啓通
    日本地球化学会年会要旨集/60/p.122, 2013
  • 東伊豆単成火山群岩ノ山ー伊雄山火山列の岩石学的研究
    金井 啓通; 荒川 洋二; 池端 慶; 田島 義之
    日本地球化学会年会要旨集/60/p.123, 2013
  • COPPER ISOTOPE CHARACTERISTICS OF COPPER-RICH MINERALS FROM THE HOROMAN PERIDOTITE COMPLEX, HOKKAIDO, NORTHERN JAPAN
    Ikehata Kei; Hirata Takafumi
    ECONOMIC GEOLOGY/107(7)/pp.1489-1497, 2012-11
  • 栃木県北部, 高原火山における単成火山群の岩石学的研究
    田島 義之; 荒川 洋二; 池端 慶; 金井 啓通
    日本鉱物科学会年会講演要旨集/2012/p.196, 2012-09
  • 草津白根火山最初期噴出物(松尾沢溶岩)の岩石学的研究
    金井 啓通; 荒川 洋二; 池端 慶; 田島 義之
    日本鉱物科学会年会講演要旨集/2012/p.195, 2012-09
  • 伊豆・小笠原諸島 硫黄島. 硫黄島旧噴火口ミリオンダラーホール現地調査結果(2012年3月7~9日)
    池端 慶; 滝沢 茂; 気象庁
    第123回火山噴火予知連絡会資料/pp.25-28, 2012-06
  • Copper isotopic characteristics of copper-rich minerals from the Horoman peridotite complex, Hokkaido, northern Japan
    Kei Ikehata; Takafumi Hirata
    Economic Geology/107/pp.1489-1497, 2012-01