現在地

相川 充(アイカワ アツシ; Aikawa, Atsushi)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 感謝感情と負債感情の喚起と共感性の関係の検討
    吉野 優香; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会/2016-10-08--2016-10-10
  • 感謝感情喚起手法としての「感謝の手紙」の内容分析
    吉野 優香; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会/2016-09-17--2016-09-18
  • The integrated model of Japanese emotional gratitude and emotional indebtedness in the receiving help scene
    Yoshino Yuka; Aikawa Atsushi
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-24--2016-07-29
  • Investigation the effects of the emotional states of gratitude and indebtedness on the prosocial behaviors
    Yoshino Yuka; Aikawa Atsushi
    The 8th European Conference on Positive Psychology/2016-06-28--2016-07-02
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(7) ― 時間差を考慮した三水準モデルの検証―
    増南 太志; 藤枝 静暁; 相川 充
    日本教育心理学会 第58回総会/2016-10-08--2016-10-10
  • 感謝状況の筆記による正負感情への影響 ―児童を対象として―
    藤原健志; 村上 達也; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会/2016-10-08--2016-10-10
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(6) ―感情スキル教育の効果の検討―
    藤枝 静暁; 増南 太志; 相川 充
    日本教育心理学会 第58回総会/2016-10-08--2016-10-10
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(4)-H26年度1学期に実施したSSEの効果の縦断的検討-
    藤枝 静暁; 相川 充
    日本発達心理学会第27回大会/2016-04-29--2016-05-01
  • 小学生における対人的感謝と共感性が生活満足感に及ぼす影響―交差遅延効果モデルを用いて―
    村上 達也; 藤原 健志; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会/2016-09-14--2016-09-15
  • シャイネスの発達的変化の検討
    澤海 崇文; 藤井 勉; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会/2016-09-17--2016-09-18
  • 新たな潜在的自尊心の測定方法の検討――名前への選好を指標として――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会/2016-09-17--2016-09-18
  • 社会的望ましさ反応尺度への回答の発達的変化――Web 調査を用いて――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会/2016-09-14--2016-09-15
  • Validity of the Single-Target Implicit Association Test (ST-IAT) for measuring shyness
    Sawaumi Takafumi; Fujii Tsutomu; Aikawa Atsushi
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-24--2016-07-29
  • The effects of explicit-implicit discrepancy of shyness on other personality traits: Analyses with the size and direction of the discrepancy
    Sawaumi Takafumi; Fujii Tsutomu; Aikawa Atsushi
    the 17th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology/2016-01-28--2016-01-30
  • Preference for "one's own name" as an implicit measure of global self-esteem among Japanese people
    Fujii Tsutomu; Sawaumi Takafumi; Aikawa Atsushi
    the 17th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology/2016-01-28--2016-01-30
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(3)
    藤枝 静暁; 相川 充
    日本学校心理士会2015年度大会/2015-08-08--2015-08-09
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とし た心理教育の縦断実践研究(2) ―時間差を考慮した三水準モデルの検証―
    増南 太志; 藤枝 静暁; 相川 充
    日本教育心理学会 第57回総会大会/2015-08-26--2015-08-28
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(1) : 児童用感情スキル尺度の開発
    藤枝 静暁; 増南 太志; 相川 充
    日本教育心理学会 第57回総会大会/2015-08-26--2015-08-28
  • 小学生における共感性,対人的感謝,向社会的行動の関連
    村上 達也; 藤原 健志; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第24回大会/2015-08-21--2015-08-22
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?
    外山 美樹; 三和 秀平; 湯 立; 長峯 聖人; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第24回大会/2015-08-21--2015-08-22
  • 学業領域における制御焦点尺度の作成
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • 潜在的シャイネスを測定するSingle Target IATの作成 (1)
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本社会心理学会第56回大会/2015-10-31--2015-11-01
  • 潜在的・顕在的シャイネスは変容するか?――評価条件づけによる検討――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充; 中野 友香子
    日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会/2015-10-11--2015-10-12
  • 感謝体験の非肯定的感情が感謝介入の効果を妨げる現象の検討
    相川 充
    日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会/2015-10-11--2015-11-12
  • 感謝感情と心理的負債に及ぼす「利益の評価」と「知覚された応答性」の影響
    吉野 優香; 相川 充
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24