現在地

雨宮 護(アメミヤ マモル; Amemiya, Mamoru)

研究者情報全体を表示

その他の論文・記事
  • Designing an Open Space for Social Inclusion: An Intercultural Garden Project at the University of Tsukuba
    Shimpo Naomi; Amemiya Mamoru
    Proceedings of 2017 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies/pp.201-204, 2017-08
  • 地理的犯罪予測の手法間比較:日本における適用可能性について
    大山 智也; 雨宮 護
    犯罪心理学研究/55/pp.68-69, 2017
  • 地理的犯罪予測と人の流れデータ―犯罪抑止要因としての「人の目」とRisk Terrain Modeling―
    大山 智也; 雨宮 護
    Research Abstracts on Spatial Information Science CSIS DAYS 2017/p.21, 2017
  • 総合リユース店舗における万引き被害の空間的特徴
    藤本 典志; 雨宮 護; 大山 智也
    Research Abstracts on Spatial Information Science CSIS DAYS 2017,/p.46, 2017
  • 集合住宅における侵入窃盗の時空間的近接:福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー制度に基づく分析
    樋野 公宏; 雨宮 護
    都市計画報告集/(16)/pp.24-27, 2017
  • 前兆事案の発生と都市空間特性の関係性に関する基礎的検討
    山村 俊貴; 樋野 公宏; 上杉 昌也; 雨宮 護
    都市計画報告集/(16)/pp.200-203, 2017
  • 秩序違反測定のための住環境評価尺度の改訂
    島田 貴仁; 米今 絢一郎; 大山 智也; 雨宮 護; 本山 友衣; 羽...
    環境心理学研究/5(1)/pp.28-28, 2017
  • 空き家に対する自治体の認定と住民の認知との間の相違とその要因
    米今 絢一郎; 雨宮 護; 島田 貴仁
    環境心理学研究/5(1)/p.29, 2017
  • 繁華街に設置された街頭防犯カメラの効果検証:福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー制度に基づく分析
    雨宮 護; 樋野 公宏; 柴田 久
    都市計画報告集/(16)/pp.18-23, 2017
  • 「新たな農」が惹きつける都市住民の特性:民間企業が提供する体験農園サービスの利用者アンケート調査報告
    雨宮 護; 寺田 徹; 渡辺 貴史; 西辻 一真; 横張 真
    都市計画報告集/(16)/pp.36-41, 2017
  • 暴露人口を考慮した性犯罪被害リスクの算出・可視化の試み:人の流れデータを活用して
    雨宮 護; 大山 智也
    GIS理論と応用/25(2)/p.123, 2017
  • 総合リユース店舗における万引きに関連する諸要因の検討
    藤本 典志; 雨宮 護; 大山 智也
    地理情報システム学会講演論文集/(25), 2016
  • 地理的犯罪予測手法の日本への適用と検証
    大山 智也; 雨宮 護
    地理情報システム学会講演論文集, 2016
  • 郵送調査における予告はがきおよびノベルティの種類が回収率に与える影響
    島田 貴仁; 大山 智也; 雨宮 護
    日本行動計量学会第44回大会抄録集, 2016
  • EDRA2016参加記
    雨宮 護
    MERA Journal/18(2)/pp.49-50, 2016
  • 不登校・引きこもり児童の居場所づくりを行うフリースクールの「自然・農業体験」活動の成立プロセスと活動場所の特徴
    高橋 麻理; 雨宮 護
    平成28年度日本造園学会関東支部大会梗概集, 2016
  • 都市郊外部における制度に基づく空閑地の暫定利用の成立プロセス:千葉県柏市カシニワ制度を対象として
    遠藤 茉弥; 雨宮 護
    都市計画報告集, 2016
  • EDRA46参加記(EDRA46 Los Angelesレポート)
    雨宮 護
    MERA Journal=人間・環境学会誌/18(2)/pp.49-50, 2016-03
  • 会員サービス検討のためのアンケート調査:御礼と結果報告
    久保田 尚; 樋野 公宏; 雨宮 護
    都市計画/64(5)/pp.82-85, 2015
  • 郊外住宅地の不確実性への適応策としての土地の暫定利用の可能性
    雨宮 護
    日本建築学会大会都市計画部門研究協議会資料「時空間的不確実性を包含する都市のプランニング」/pp.43-44, 2015
  • 空閑地を活用した住環境の価値向上のための制度とプログラム-「カシニワ」と「ちょい農」-
    雨宮 護
    土地総合研究/23(2)/pp.37-40, 2015
  • 大災害後に発生する空閑地の把握と地域資源としての活用─竜巻被災地・つくば市北条地区での実践─
    山本 幸子; 雨宮 護; 田野井雄吾; プーア・イーエマル; 石村...
    農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集/pp.34-35, 2015-04
  • 犯罪減少期における犯罪の地理的分布の年次変動:2002~2014年における東京都の14罪種手口の分析
    雨宮 護
    Research Abstracts on Spatial Information Science CSIS DAYS 2015/p.39, 2015
  • 犯罪者の環境認知と犯罪行動
    岩倉 希; 雨宮 護; 羽生 和紀
    環境心理学研究/3(1)/pp.24-24, 2015
  • 住宅侵入盗被害率と被害宅の未施錠率に基づく地区分類―茨城県下5市の市街地を対象として
    土方孝将; 雨宮 護; 梅本通孝; 糸井川栄一; 太田尚孝
    Research Abstracts on Spatial Information Science CSIS DAYS 2014, 2014-11