現在地

鍋倉 宰(ナベクラ ツカサ; Nabekura, Tsukasa)

研究者情報全体を表示

研究課題
急性肝障害におけるグループ1自然リンパ球が発現するDNAM-1の役割2018-04 -- 2021-03鍋倉宰公益財団法人内藤記念科学振興財団/次世代育成支援研究助成金6,000,000円
急性肝障害におけるDNAM-1の役割2018-04 -- 2020-03鍋倉宰公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団/第29回メディカルサイエンス分野助成2,000,000円
急性肝障害におけるDNAM-1の役割2018-04 -- 2019-03鍋倉宰公益財団法人ライフサイエンス振興財団/研究助成1,000,000円
急性肝障害におけるDNAM-1 の役割2018-04 -- 2019-03鍋倉宰公益財団法人上原記念生命科学財団/研究奨励金2,000,000円
急性肝障害におけるグループ1自然リンパ球が発現するDNAM-1の役割2018-04 -- 2019-03鍋倉宰公益財団法人かなえ医薬振興財団/第46回研究助成金1,000,000円
記憶ナチュラルキラー細胞分化におけるマスター制御因子の同定2017-04 -- 2020-03鍋倉 宰日本学術振興会/若手研究(A)24,310,000円
慢性骨髄性白血病の再発に対する同種MHC反応性記憶ナチュラルキラー細胞を用いた新規ドナー養子免疫療法の開発2015-04 -- 2016-03鍋倉宰公益財団法人中島記念国際交流財団/日本人若手研究者研究助成金4,000,000円
慢性骨髄性白血病再発に対するアロ反応性記憶ナチュラルキラー細胞を用いた免疫療法の開発2014-04 -- 2015-03鍋倉宰特定非営利活動法人白血病研究基金を育てる会/若手一般研究賞500,000円
移植片対宿主病におけるDNAM-1の関与2009-04 -- 2011-03鍋倉宰独立行政法人日本学術振興会/研究活動スタート支援2,600,000円
レトロウイルスベクターにより遺伝子改変された樹状細胞を用いた がん免疫療法の確立2007-04 -- 2009-03鍋倉宰独立行政法人日本学術振興会/特別研究員奨励費1,800,000円