現在地

高橋 阿貴(タカハシ アキ; Takahashi, Aki)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • 過剰な攻撃行動の脳内メカニズム:マウスの背側縫線核の役割
    高橋 阿貴
    シンポジウム“攻撃性の脳内基盤:基礎と臨床/2017-04-08
  • Neuromodulatory effect of cytokine in the dorsal raphe nucleus and aggression
    高橋 阿貴
    神戸大学CSMIシンポジウム「Translational researches on mental illnesses」/2017-07-25
  • Neurobiological mechanisms of escalated aggression in mice: GABA receptor modulation of dorsal raphé nucleus
    高橋 阿貴
    大阪大学神経回路機能学セミナー/2011-05-02
  • The role of dorsal raphe nucleus and medial prefrontal cortex on escalated aggression
    高橋 阿貴
    第1回幸福脳研究会/2013-10-18
  • 過剰な攻撃行動に関わる神経メカニズム
    高橋 阿貴
    第5回農医連携セミナー(茨城大学)/2014-06-13
  • 行動の多様性に関わる遺伝的基盤の探索:MSMの性格を生み出す遺伝学
    高橋 阿貴
    第28回モロシヌス研究会(森脇和郎賞受賞講演)/2014-06-27
  • 動物の“怒り”のこころの神経科学
    高橋 阿貴
    JAB & RCAS 合同公開シンポジウム『動物のこころを科学する』/2015-01-30
  • けんかと暴力の脳科学
    高橋 阿貴
    「脳科学の達人 2017」プレゼンプレビューイベント/2017-05-28
  • 攻撃行動の脳科学
    高橋 阿貴
    第40回日本神経科学大会市民公開講座「脳科学の達人2017」/2017-07-23
  • Individual difference of aggression and immune system
    高橋 阿貴
    1974th Biological Symposium (国立遺伝学研究所)/2017-12-20
  • 適応的な攻撃行動の破綻に関わる神経回路としての背側縫線核の役割
    高橋 阿貴
    2018年度情動研究会「情動の神経回路機構とその破綻」/2018-09-18--2018-09-19
  • 攻撃行動の個体差を生み出す神経回路と免疫系の相互作用
    高橋 阿貴
    2018年度遺伝研研究会「遺伝要因と環境要因の相互作用による行動決定のメカニズム」/2018-09-28--2018-09-29
  • Prefrontal and subcortical neural mechanisms regulating escalated aggression in mice
    Takahashi Aki
    30th APS Annual Convention/2018-05-24--2018-05-27
  • The role of central interleukin 1 in aggressive behavior.
    Takahashi Aki; Aleyasin H; Flanigan ME; Brancato A; Menar...
    Neuroscience 2016/2016-11-12--2016-11-16
  • 雄間攻撃行動に関わる背側縫線核の役割
    高橋 阿貴
    第28回日本行動神経内分泌研究会/2017-04-28--2017-04-30
  • マウスの雄間攻撃行動の個体差おける免疫系の関与
    Takahashi A; Aleyasin H; Flanigan ME; Brancato A; Menard ...
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • The role of interleukin 1β in the brain on individual difference of inter-male aggression in the mouse.
    Takahashi Aki; Aleyasin H; Stavarache MA; Flanigan ME; Br...
    第41回日本神経科学学会大会/2018-07-26--2018-07-29
  • Modulation of dorsal raphe neuron activity by interleukin 1 beta and inter-male aggression in male mice
    Takahashi Aki; Aleyasin H; Stavarache MA; Ogawa S; Russo SJ
    第78回日本動物心理学会大会/2018-08-28--2018-08-30
  • マウスモデルから探る過剰な攻撃性に関わる神経メカニズム
    高橋 阿貴
    第161回日本獣医学会学術集会/2018-09-11--2018-09-13
  • 視床下部内側視索前野に局在するエストロゲン受容体発現細胞集団は、 発現するエストロゲン受容体のサブタイプによって異なる遠心性投射パターンを示すのか?
    村川 友哲; 佐越 祥子; 高橋 阿貴; 小川 園子
    第29回日本行動神経内分泌研究会/2018-09-05--2018-09-07
  • Developmental changes and sex differences of ultrasonic vocalization in mice during social interactions
    Sano Kazuhiro; Saito Kento; Takahashi Aki; Ogawa Sonoko
    The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society./2018-07-26--2018-07-29
  • 社会的探索行動場面での雄マウスの内側扁桃体エストロゲン受容体アルファ陽性細胞の神経活動の解析
    宮坂藍; 武縄聡; 西野明日香; 高橋阿貴; 小川 園子
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • 視床下部腹内側核エストロゲン受容体 α 陽性神経細胞への特異的な操作が雌マウスの 自発的活動量に及ぼす効果
    佐越祥子; 武縄聡; 高橋阿貴; 小川 園子
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • Effects of optogenetic manipulation on dorsal raphe serotonergic neuronal activity increases pup-caring behavior in virgin female mice.
    Satoshi Takenawa; Shunichi Nakamura; Aki Takahashi; Kenji...
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • Effects of selective manipulation of estrogen receptorα expressing neuronal activity in the ventromedial nucleus of the hypothalamus on running-wheel activity in female mice. 
    Shoko Sagoshi; Satoshi Takenawa; Aki Takahashi; Ogawa Sonoko
    The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society./2017-07-20--2017-07-23