現在地

嚴 錫仁(オム ソギン; Eom, Seogin)

研究者情報全体を表示

論文
  • 朱子思想の性格-朱子以後の東アジア儒学思想史の理解の前提として
    嚴 錫仁
    八洲学大学紀要/(4)/pp.11-28, 2008-03
  • 일본에서의 이탁오 사상 영향과 그에 대한 연구 현황(日本における李卓吾思想の影響と研究動向)
    Eom Seogin
    오늘의 동양사상(今日の東洋思想)/(16)/pp.149-165, 2007-04
  • 儒教のなかの親と子のあり方
    嚴 錫仁
    八洲学大学紀要/(2)/pp.31-44, 2006-03
  • 日本朱子學의 一特徵―사토나오카타의 사상영위(日本朱子学の一特徴―佐藤直方の思想営為)
    Eom Seogin
    日本学研究/(12)/pp.187-214, 2003-04
  • 일본근세유학의 전개와 그 특징(日本近世儒学の展開とその特徴)
    Eom Seogin
    日本思想/(4)/pp.171-203, 2002-07
  • 現代日本における『論語』研究・注釈書の傾向-武内義雄と宮崎市定の場合
    Eom Seogin
    儒教文化研究/(3)/pp.157-174, 2002-02
  • 야마자키 안사이의 경의 언설-이퇴계와의 비교를 통하여(山崎闇斎の敬の言説―李退渓との比較を通じて)
    Eom Seogin
    季刊日本思想史/(3)/pp.7-27, 2001-07
  • 朱子後継者としての山崎闇斎の思想営為-理気論を中心として
    嚴 錫仁
    日本研究/(8)/pp.193-210, 2000-09
  • 理気論にみえる崎門学派の思想史的位置―崎門学派と李退渓・薛敬軒・羅整菴
    嚴 錫仁
    季刊日本思想史/(56)/pp.83-109, 2000-09
  • 朱子学派における羅整菴の位置
    嚴 錫仁
    哲学・思想論叢/(18)/pp.23-34, 2000-01
  • 佐藤直方の理気論―朱・陸の太極論争との関連において
    嚴 錫仁
    倫理学、1997年12月、61~74頁/(14 )/pp.61 -74, 1997-12
  • 山崎闇斎와 李退渓의 理気論(山崎闇斎と李退渓の理気論)
    Eom Seogin
    韓国의 哲学/(23)/pp.83-99, 1995-12
  • 林羅山の理気論
    嚴 錫仁
    倫理学/(12)/pp.57-67, 1995-12
  • 藤原惺窩の朱子学受容―理気論を中心として
    嚴 錫仁
    倫理学/(11)/pp.19-37, 1993-09
  • 朝鮮半島における性理学の受容と展開
    嚴 錫仁
    学習院大学東洋文化研究所調査研究報告/(39)/pp.19-37, 1993-09