現在地

福澤 利江子(フクザワ リエコ; Fukuzawa, Rieko)

研究者情報全体を表示

論文
  • Japanese women’s experiences from pregnancy through early postpartum period.
    Rieko Kishi; McElmurry B. Vonderheid S. Altfeld S. McFar...
    Health Care for Women International./32(1)/pp.57-71, 2010
  • アメリカのドゥーラに10の質問.
    福澤 利江子; Salik S.
    チャイルド・リサーチ・ネット, 2010
  • 母乳育児支援:日本の過渡期に直面して
    岸 利江子
    チャイルド・リサーチ・ネット, 2010
  • 日本版「Listening to Mothers」調査の準備研究―日本の周産期ケアを見直してみませんか?
    岸 利江子
    チャイルド・リサーチ・ネット, 2010
  • 臨床と研究との「Share」をめざす:留学生活の終わりに振り返って
    岸 利江子
    看護教育/50(7), 2009
  • 留学生活11の質問 なぜ,どうしてアメリカ暮らし?
    岸 利江子; 新福 洋子
    看護教育/50(5), 2009
  • 留学生推薦状「評価」の違い 助手勤務から気づく看護学の国際性
    岸 利江子
    看護教育/50(3), 2009
  • Listening to women's childbirth experiences
    Rieko Kishi
    Child Research Net, 2009
  • DV家族へのコミュニテイベース・ドゥーラによる周産期支援.
    岸 利江子; 長江美代子・友田尋子・堤順子・水谷典子
    チャイルド・リサーチ・ネット., 2009
  • 母乳育児におけるドゥーラの役割.
    岸 利江子; 小林登
    周産期医学/38(10)/pp.1267-1273, 2009
  • アメリカの看護学を日本に取り入れるということ
    岸 利江子
    看護教育/49(6), 2008
  • グループ型妊婦健診「センタリング・プレグナンシー®」-良質な妊婦健診をもっと身近に-
    岸 利江子; Vonderheid V. Klima S. and Norr K.F.
    チャイルド・リサーチ・ネット, 2008
  • 学問上の「不正行為」の定義について
    岸 利江子
    看護教育/49(10), 2008
  • アメリカ看護教育の現在がわかる『JNE 』
    岸 利江子
    看護教育/49(8), 2008
  • 看護教員と学生の人間関係
    岸 利江子
    看護教育/49(4), 2008
  • An innovative model for prenatal care: CenteringPregnancy
    Vonderheid S.; Rieko Kishi
    Child Research Net, 2008
  • Doula movement in Japan
    Rieko Kishi
    Child Research Net, 2008
  • シンポジウム第5回:アンケートのまとめ.
    友田尋子・長江美代子; 岸 利江子
    チャイルド・リサーチ・ネット, 2008
  • Interview: Breastfeeding and doula support.
    Rieko Kishi; Raphael D.
    Child Research Net, 2007-11
  • 米国で活躍した日本人ナースの記録
    岸 利江子
    看護教育/48(3), 2007
  • ドゥーラサポートについて考える ―日本の助産師がドゥーラについて学ぶ意義.
    岸 利江子
    助産雑誌./61(2)/pp.148-153, 2007
  • 修士課程から始める看護のプログラム
    岸 利江子
    看護教育/48(11), 2007
  • Thinking about Yutori education: Japan, Taiwan, and the U.S. (1) – (4)
    Rieko Kishi
    Child Research Net, 2007
  • ゆとり教育世代へのエール
    岸 利江子
    看護教育/48(9), 2007
  • ICNとINDENの国際会議で感じたアメリカのリーダーシップ
    岸 利江子
    看護教育/48(7), 2007